*

北中米旅行記④ 11月8日 ケイマンからキューバ入国

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 海外旅行感想, 海外観光

◎ブルーマウンティン
 キングストンからハバナ行のカリブ航空の航空運賃は183ドル。これに税金負荷を加算すると293ドルになる。スタンプ税、旅行税、サービスセキュリティ料。旅客施設料、空港改良料、官制料、ターミナル保安料、ターミナル料、旅客施設料などが書かれていた。ケイマンの分もあるからだ。関西空港も高額の着陸料が批判されたが、ここも似たようなものである。
 Kingstonを早朝出発。カリブ航空のカウンターに向かう。まさか欠航していないだろうと心配。昨夜遅かったので周りがわからなかったが、空港は沖合の島に設置され、道路でつないである。対岸がキングストンの街なのだ。観光地でないことはすぐにわかるが、ブルーマウンテンの山が見える。シドニーにもあるから、日本でいえば平凡な青山だ。

◎ケイマン諸島
%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%80%81%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ba%e8%88%b9%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b
 無事ケイマン諸島のグランドケイマンに到着。機内からcruise船が見えた。カリブ海では五本の指に入る。トランジットなのだが、入国審査を受ける。訪問国を増やすのが目的だから。スタンプを押してもらう。アリバイ証明のためちょっとだけ外に出た。これで86か国・地域。ケイマンのカウントし方次第であるが。昔沖縄離島で、石垣から宮古に帰るときに多良間に降りたことがある。一つあとのフライトに乗り継ぐ予定にしていたが、降り立ってみたら空港の周りは何もなく、慌てて乗ってきた便の予約を入れてそのまま宮古に行ったことを思い出した。今回はダイヤ通りでも2時間の余裕があるのだが。

%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%80%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%84%e3%81%86%e9%a2%a8%e3%81%ab%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%a0
%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5
チェックインはキングストンで終了しているので、13時発だが早めに出国手続きをする。簡単である。出国しなおして、ロビーでネットが使えるようになると、メールが飛び込んできた。ケイマン航空からだ。飛行機の出発が14時15分に伸びたという連絡。ハバナの到着は14時15分とあるからおかしいが時差があるのだろうと思った。さっそくキューバの宿にメールを入れる。便名KX832も入れておいたから、間違いはわかるであろう。夏時間が終了したことによる混乱がケイマン航空の職員に起きたのだろう。通産省が導入を検討したことがあったが、やめた方がいい。万歩計も時差と夏時間には対応していないことが今回の旅で気が付いた。万歩計は二つインストールしているが、両者にも違いが出ている。

◎キューバ入国

 キューバ行の機内はガラガラだ。飛行機からキューバを見る。まだまだ開発されていないことがわかる。キューバの人口は1千万人。面積は北朝鮮とほぼ同じ、ジャマイカの十倍の規模である。経済規模は不明。観光客はカナダ人が最もおおい。
img_7164

 空路では思ったほどまだブームになっていない。空港についても、混雑感が全くない。入管は帰りの航空券を見せろとも言わないし、旅行保険の証明書も聞かれなかった。この時はなんとなく北朝鮮の雰囲気に似ているような気がした。とりあえず、50ドル両替をしたら5ドル手数料にとられた。それよりも両替所のカウンターは一つでしかも閑散としているのには驚いた。
 なお、アメリカン航空はハバナとはまだ直行便ができていない。機内誌の説明をみつけたので掲載しておく。

img_8055

img_7197
 空港でまずクラシックカーのオンパレード。これからの大事な観光資源である。しかし排気ガスが多く、いずれ問題になるであろう。宿が手配してくれた迎えの車はタクシーには見えない。白タクなのだろう。宿につき、1ドルチップを渡すと自分に25キューバドル払えという。キングストンの宿は運転手に直接渡すなといっていたが、こちらはまだ運転手からはねることは考えていないのであろう。
 民宿の宿は、三階だが、階段としては四階分あるのは、一階が二階分になっているから。11USドルを前金でHOMESTAY.COMにカードで払っており、残りの支払いは60€現金を希望ということだったが、うっかりしてユーロは持ってこなかった。80USドルにしてもらった。壁に女性の写真。娘さんだという。モデルみたいだが、帰りにあいさつされ、割と小柄でモデルではなかった。
img_7251
img_7250img_7264
 現金が足りないので銀行の場所を聞くと地図をくれた。さっそく追加の両替にいった。銀行はすぐにわかったが、帰り道を頭に叩き込んだ。
銀行では順番待ちの紙をくれる。処理に時間がかかる。アメリカと経済が再開すれば、仕組みも変わるかもしれない。両替レートは問題ないが、ここでも1割の税金がドルに対してだけはかかるという表示が出ていた。アメリカの経済封鎖が原因かもしれない。交流が再開すればなくなるだろう。北朝鮮と同じだった。ドルとカードが使えないことが観光人流には最大のネックである。日本も少額でもカードが利用できるのはコンビニが普及したおかげである。
夕食に出かける。地球の歩き方に出ているありふれた名前のレストラン・カバーニャに行く。暗くなっているせいもあるが、宿でもらった地図がわかりづらく、何度もうろうろする。道を尋ねること二回。ようやくたどり着いた。GPSは使えるのだが地図をまだインストールしていないから使い物にならない。
 ガイドブックにでていたチキン料理を頼む。飲み物は地元産のビール。おいしかったが、おなかが減っていたせいもある。食事中、店で演奏していた楽団員がかごを持って近づいてきたので、小銭を放り込むと、かごの中にCDが。CDを売りに来たのだが、次の演奏が始まったので楽団員は小銭ごとすぐに自分のパートに戻っていった。ビール二本でトータル12キューバドル。そんなものだろう。
img_7272

img_7279

関連記事

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

北中米旅行記➀ 2016年11月5日~6日 アンティグア・バーブーダ

◎ JFK空港   チームネクストの調査を終え、一足先にJFK空港まで地下鉄で向かった。駅で切符を

記事を読む

no image

170-2 Belém ベレン 

https://photos.google.com/photo/AF1QipNLldgVNWY8

記事を読む

1⃣ 5 2018.8.6 ➀  ガンジー島(121カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipM1XCFt9PA

記事を読む

no image

183-1 カナリー諸島自治州 LPA

Canary Islands sandstorm: Flights disrupted

記事を読む

no image

杭州 人口918.8万人一人あたりGDP 約170万円

抗州東から地下鉄4号線で。ブランドショップが立ち並ぶ四角から、西湖が見える。人工湖だという

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

中国とロシア  たった二週間のモンゴル旅行でも、ソ連と中国の影響をいたるところで感じた。大学時代第

記事を読む

5月17日 青蔵鉄道乗車

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。 https://photos.go

記事を読む

 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記9 エチオピア・アジスアベバ

2月16日~18日エチオピア・アジスアベバ   いよいよ最後の旅行である。ジュピターホテルは無料

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑