*

シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記 北中米旅行記③ 2016年11月7日 ジャマイカ(国連加盟国81か国目)・キングストン クルーズ発祥の国

公開日: : 最終更新日:2023/05/19 シニアバックパッカーの旅

◎11月7日午後 Kingston到着

カリブ海でジャマイカは大国のはずだが、治安が悪く、所得も低い。cruiseはモンテゴベイから始まったほどであるくらい、観光では歴史もあるのだが。
Jamaicaの税関は簡単だったが、入管で時間がかかる。帰りのチケットが調べられる。事前に聞いていたので準備していたが、いろいろ聞いてくる。パスポート上あちこち回っているからだろう。仕事は何だというので、観光学の教授だと答えると、少し納得したようだ。

Jamaicaの人口は270万人、面積は1000ha、日本でいえばちょっとした県の人口規模である。しかし一人当たりのGDPは5000ドルと低い。年間宿泊外客は200万人、アメリカ6割、カナダ2割である。クルーズによるものが150万と大きいから、主要観光地はキングストンではなくモンテゴベイ等だ。年間3千万ドルの外貨収入がある。キューバとアメリカが回復するとジャマイカ観光に影響が出るだろ。

空港の警察官詰め所まえで車を待つ。メールでラスタの男だといわれていたが、意味が分からなかった。ラップスターのことかと思ったが、帰国後読んだ『観光と音楽』で、ラスタファリアンのことを指すということを知った。ラスタファイリアンとは、エチオピア皇帝ハイレセラシエを救世主とみなす宗教運動の信者の基本的スタイルで、自らをさまよえるイスラエルの民とし、シオンの地をエチオピアに置くという教義のもとに、1930年代にジャマイカのキングストンに生まれた、アフリカ回帰を悲願とする宗教のことをいうのだそうだ。旧約聖書を自分たち流に解釈したこの宗教の信奉者をラスタファリアンというのである(p.110)。あの運転手さんは車中でカセットをガンガン流していたが、ラップ音楽もアフリカ回帰なのかもしれない。今年初めにエチオピアを旅行してきただけに、キリスト教はローマ教会だけではないということは容易に理解できた。この手のことに興味がある人達にはジャマイカはメッカなのだろう。これも観光資源である。車がなかなか見つからない。暑くて頭がおかしくなるが見過ごすといけないので我慢する。治安が悪いところだから、不安が募る。電話を掛けるのだがつながらないのであきらめて待つ。ようやく到着。慌てたせいで、眼鏡を紛失。車で空港を一周して元の場所に戻ると元の場所に落ちていた。レンズに少し傷が入っている。妙にラップスター風になっていると我ながらおかしくなる。車のドアは引手が壊れていて、ワイアーを手で引く。近未来の映画のようだ。車中で運転手の携帯に電話がはいる。宿からだが、疲れたのでレゲエの王者ボブマリー記念館に行かず宿に直行すると伝える。壊れていい眼鏡を持ってきたとはいえ、傷がはいり気分が悪いので、休みたくなったからだ。ウサンインボルトの店もあるようだが街の雰囲気を見てやめた。松井秀喜記念館と同じでまだ早すぎるような気がするが、観光資源としては一流である。

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%ae%bf
img_7112%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%b3%e9%83%a8%e5%b1%8b%e3%81%ae%e4%b8%adimg_7115

宿は、四方を塀に囲まれている。モンゴルの宿を思い出す。犬がいるのも同じだ。ここの犬はペット犬だったが。鍵が部屋のカギと門の鍵と二つあるのは、アンティグアと同じ。コンセプトは東京の民宿で有名になった澤の屋と同じである。違うのは周りの治安の悪さである。一息ついて宿の周りを散策。日本人の女の子が同宿していたので、案内してくれた。バックバッカーだと自分で言っていた。ここには3週間いるという。このような子は数が少なくなったが、頑張ってほしい。経済大国を終了した時代の日本人だから、気取りがなくていいだろう。途中で警官に出会う。記念写真。スーパーを見る。中は何でもそろっている。カードは使えるとのこと。宿は現金だったが。
img_7099
折角だから、レゲエのショーを見ようかと宿に手配を頼んだが、夜の11時からだという。朝のキューバ行を考えると、慎重に判断した。六時に車を頼む。ついた時と同じだろう。全部で100ドル。送迎費のほうが高いのだからおかしなものだ。7時には就寝。

 

 

関連記事

no image

シニアバックパッカーへの道 2008年2月 米国 ロサンジェルス プレティーウーマン

2008年2月20日 南米からの帰路、ロサンジェルスに初めて立ちよった。運輸省同期の茅野理事の手配に

記事を読む

no image

シニアバックパッカーへの道 2003年 中国⑹遼寧省 大連アカシア祭り ⑺山東省 曲阜 済南 青島 ⑻上海市 (未定稿)

記事を読む

シニアバックパッカーへの道 2006年 オランダ(国連加盟国30か国目)アンネの館 レンブラント

ニシンのハンバーガーを食べた記憶が一番ある。 アムステルダム駅は東京駅のモデルとかで、

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2019.10.15モルジブ(142か国目) マレ

https://photos.google.com/photo/AF1QipMwUso6mV_0

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2017年5月11日 コソボ(🏳‍🌈⓫国連未加盟)5時間の旅

マケドニアのホテルにメールをしたら、150ユーロで空港送迎+コソボ往復を引き受けてくれた。ドライバの

記事を読む

アイルランド

シニアバックパッカーへの道 2005年7月28日~8月9日 アイルランド(国連加盟国24か国目)

早苗とダブリンに行く。オスカーワイルド博物館、 トリニティ教会、大学、ギネス博物館といったとこ

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2022年9月8~9日 アムリットサル  

https://photos.google.com/album/AF1QipNqUTxzB_GA

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2018年5月16日 黄土高原を走る 敦煌~格爾木(⒅青海省)

5月16日朝バスにてホテルを出発。途中3千メートルの峠を越えるが、途中何もない。公衆トイレもあるが汚

記事を読む

シニアバックパッカーへの道 2013年7月15日 モンサンミッシェル(世界遺産)

ネットによるツアーを購入。パリの宿から日帰りバスツアー。娘は孫と別行動、家内はドイツに行ってしまって

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2023年3月8日 ブルンジ(BJM) 国連加盟国164か国目

ブルンジ 国ブジュンブラ 2023年3月8日 Googlephot

記事を読む

no image
言語とは音や文字ではなく観念であるという説明

観光資源を考えると、言語とは何かに行き着くこととなる。 愛聴視し

no image
世界の運営を米国でなく中露に任せる 2023年6月7日  田中 宇

https://tanakanews.com/230607armeni

ヘンリーSストークス『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』2013年祥伝社

2016年10月19,20日に、父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修

旅籠とコンテナは元来同義 自動運転時代を予感 『旅館業の変遷史論考』木村吾郎

世界各国、どこでも自動車が走行している。その自動車の物理的規格も公的空

no image
旅館業法論議 無宿人保護(旅館業法)と店子保護(不動産賃貸)の歴史 

◎東洋経済の記事 https://t

→もっと見る

PAGE TOP ↑