*

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー

 マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haはジャマイカより大きいのであるが多くの小さな島を合計したものである。首都はナッソー、国の人口は40万人とジャマイカより一桁小さいが、国民一人当たりの年間所得は2万ドルを超える先進国である。統計上はカジノ収入があるから出てくる数字であろう。その点ではマカオと似ている。カジノが地域住民にとって有益であるかを判断するには現地を訪れるのが一番である。年間140万人近くの海外からの宿泊客(24時間以上滞在)が来るが、その8割弱はアメリカ人である。交通手段は110万人が空路である。

 ナッソーでの入管手続きは簡単。しかし税関がすごかった。大型の荷物を持ち込む現地人の荷物の数がすごくて、時間がかかりそうに思えた。昔の日本もお土産等を満載した大型トランクをいくつも持つ人たちで混雑していた。観察していると、端のレーンを出てゆく人がいるので、そちらに行ってみた。断られたらまた順番待ちし直しだから、リスクはあるが、僕の荷物を見て、簡単に通してくれた。事実上の申告なしのグリーンレーンである。

 出口でタクシー案内の女性。案内嬢かと思い、ガイドブックに出ていた25ドルでグランドセントラルはどうかというと、他の乗合客を連れてきて、一緒になった。女性運転手だったのだ。乗合の仕組みがよくわからない。夜11時を過ぎているのだから、待たされるよりはいい。途中でにぎやかなビーチのそばを通過。ガイドブックに出ていたところだ。一緒に乗った若い人は、コロニアル風のヒルトンホテルで降車。仕事なのだろう。

 グランドセントラル到着。覚悟はしていたが、内部はやはりすごい。まず停電の注意書き、発電機がないという。エレベータは故障。二階の部屋だから問題はないが。Booking.comで一番安いところに出ていたのから仕方がない。表示価格は35ドルだが、その他を入れると9800円になった。日本の旅館組合なら大反対する税の高さであるが、諸外国は大なり小なりホテル税やその他が高いものだ。観光立国とはまず観光諸税を上げることなのかもしれない。朝6時のタクシーを依頼する。部屋に入ると電気がつかない。トイレの電気を頼りに荷物を置き、フロントに依頼。スイッチの詰めがかけていただけだ。のこったスイッチのでっぱりを引き下げるとついた。Wifiのパスワードを聞き忘れたが、もう休むのでいいと思いそのまま就寝した。

img_7057

 夜中に目が覚める。激しい雨。騒音もする。急に欠航のことが心配になる。キューバ便に乗れないとこまる。台風が来ているのかもないとネットを見るが、パスワードがなくWifiをonにできない。フロントを起こすのも気の毒。失敗であった。しかし朝になると、昨夜の天気は何だったのだろうという状態。パスワードを聞くとIDONTKNOW。面白いパスワードだ。6時に車が来るまで付近を散歩。ブランドショップが立ち並ぶ繁華街の一角にホテルはあった。高級ホテルはビーチにあるのだろう。

 空港に到着、チップのつもりで30ドルドライバーに支払う。空港では、カウンターでチェックイン。NassauからKingstonまでは、航空券が日本からのものとは別建てになっている。ダイナミックセーバーのルールで同一空港への入域回数が制限されているから、工夫して旅程を組んだからだ。NASSOUの空港で搭乗前にMiamiでの入国手続きが機械でできる。係員が自動機械のほうに行くよう指示する。なんと日本語表示のページもある。英語だと何度もやり直しをすることになるだろう。日本語だって、何度もやり直しをしたから英語ならなおさらだ。でもこのほうが便利である。何しろ並ばなくてもいいくらい自動機械が多く備えてある。日本が観光立国といっていても、中国からのお客さんが増えたら、自動入国機を設置しないと処理しきれないだろう。北京や上海の空港で日本への入国手続きをできるようにするのである。欧州のようにシェンゲン条約的なものはまだまだ無理だからだ。しかし、日本と中国の状況では、それも時間がかかりそうである。まず右翼が大反対するだろう。その反対を理由に法務省が権限減少につながると思い反対するだろう。アメリカという巨大国と周辺国だからできるのかもしれない。中国と東南アジア諸国の間で自動出入国機システムが整備されて、それが日中間に及ぶということになるだろう。ゆるキャラ、B級グルメのキャンペーンに税金を使うより、自動出入国システム整備のほうがはるかに政策的なのであるが。

 滞在6時間のバハマ諸島を後にしてマイアミでのトランジット。往と同じD60ゲートに戻る。今度は入国が終了しているので、そのままラウンジに直行。一休みしてKingston行のゲートに向かう。今度は要領がわかったので、アメリカン航空のラウンジAdmiral-clubで水とベーグルを確保した。道中何が起きるかわからない備えである。ラウンジでジャマイカの観光統計資料をホームページからダウンロードした。Wifiの利用できないところでも読めるように準備。それにしてもカリブ諸国の観光統計は充実している。
%e3%83%8a%e3%83%83%e3%82%bd%e3%83%bc-2

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%9f60d%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88

関連記事

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

1⃣ 3 2018.8.3~6 エジンバラからロンドンLTN空港 そして Notinghill (映画「ノッティングヒルの恋人」)

ロンドンの空港が多いことを今夏意味を持って体験。ヒースローは勿論、ガトウィック以外にも、ルートン、ス

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

no image

2⃣ 1 2018.8.9 ツールーズToulouse カルカソンヌCarcassonne

ツールーズを早朝出発しカルカソンヌにゆく。切符を買うに労力が使わないため、事前ネット購入。でも出発番

記事を読む

北中米旅行記⑤ トランプ大統領誕生のキューバ二日目 11月9日

 ゆっくり休めた。それでも目覚めは4時半。朝食は7時から。テレビでトランプさんが勝利と報道している。

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

ザンビア・リビングストン(152)ジンバブエ        2019年2月25日、26日 

ヨハネでトランジット。こんどはBAのラウンジ、と思ったが、ラウンジは午後四時から。しかもフ

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑