*

Addis Ababa, the first time in a while, transit

I stayed at a hotel for transit by arranging for Ethiopian air. Initially I was fortunate because I intended to be a campus at the airport.
Addis Ababa ‘s transit, as described on the net, was handed a hotel ticket at the boarding gate as a sheduled layover. Half day stay and breakfast. Because the fare is 63,400 yen, it would be better to collect customers as it is still. I make use of transit to make it attractive by routes connecting with third countries, Ethiopia, and third countries. The fare is 222200 × OFF and the tax is 63600 × OFF.

Immigration procedures were simple. Normally follow the entry window and show the accomodation vaucher, you did not have a visa. There was a hotel desk at the exit counter. They will show us to each hotel booth. However, if you do not know about that, it will be frustrating. While entering the country, you may go to the hotel yourself after entering the country. I know about the next morning because it is on vaucher. Ambassador Hotel Addis Ababa. Not bad, but lack of maintenance. There seems to be a meeting of government agencies, so it is a suitable hotel. Although it was first-class in the past from the name, it probably became obsolete with the times. For Ethiopian Airlines transit customers it is perfect. I checked it out in the morning. The bus seems to come at any time. Ethiopia was slightly more than when I came last time, but I had an impression of economic growth. The airport around was a bit clean. As there is a Star Alliance gold card, I could easily leave the country as I went along with Fast Track. The lounge was also available for business use. I continued to fly above Somalia toward the Indian Ocean. Economy class was also available, and it was used by the former wide triple occupancy seat alone. It was comfortable.

Ethiopia is a country where overseas payload of 980 yen is not applied, so you have to turn off roaming.

https://photos.google.com/album/AF1QipNalvoSC9hpZJS958Ab0zpnJJ7p11hEI5cOAKWO

関連記事

no image

観光とツーリズム②

今日われわれが使用している「観光」概念の誕生には日常と非日常の存在が前提となり、日常の前提には定住が

記事を読む

no image

原爆観光 『公研』2016年1月号 p.48 「今のアメリカ文学から見るアメリカの今」

都甲幸治氏の発言に「これ以上の犠牲者を出さないように、慈悲の心で原爆を二個落としたといっています。日

記事を読む

no image

『外国人労働者をどう受け入れるか』NHK取材班を読んで

日本とアジアの賃金格差は年々縮まり上海などの大都市は日本の田舎を凌駕している。そうした時代を読み違え

記事を読む

no image

ふるまいよしこ氏の尖閣報道と観光

ふるまいよしこさんの記事は長年読ませていただいている。 大手メディアの配信する記事より、信頼できる

記事を読む

no image

1950年代の日本を知る貴重な記録文学 『空旅・船旅・汽車の旅』阿川弘之

日本のどの地域の運転者も自分の地域の道路が最悪と思いこんでいる時代の、1958年10月下旬、阿川氏一

記事を読む

no image

藤貞幹 

中国文明受入以前は自然状態であったとする賀茂真淵、日本文化があったとする本居宣長に対して、藤貞幹

記事を読む

no image

日本人の北朝鮮観光

他事考慮での観光交流の中断 日本人観光客の北朝鮮訪問数の増加は、両国観光関係者にとっては利害が一致

記事を読む

11月3日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 3日目

外が明るくなってきてきてから、散歩に出かけた。かねてより行ってみたかった、プラザホテルの中を見学。や

記事を読む

no image

newspicks のコメント紹介

NAKAJIMA NAOTO( 30年間米国LAに暮らし、LAをベースに米国内、欧州、アフリカなど

記事を読む

no image

観光行動学に求められるもの 臭覚(匂い、臭い)についての理解

匂いについての下記解説を読んだ。臭覚により、人間は認知している面があるから、ロボットも認知できるた

記事を読む

no image
ジャパンナウ観光情報協会原稿 2020年3月 コロナウィルスと人流規制

コロナウィルス騒動の中、旅行先のサンサルバドル空港では空港レストラン

no image
183-1 カナリー諸島自治州 LPA

Canary Islands sandstorm: Fli

183-2 カナリア諸島自治州  TFN 

テネリフェ島に世界遺産の街「ララグーナ」  テネリフェ島の

179 ガンビアBLJ資料

目黒区青葉台 セネガル大使館   <必要書類>有効期限が6

no image
179 ガンビア BJL

有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き2ページ以上のスタンプの

→もっと見る

PAGE TOP ↑