*

Addis Ababa, the first time in a while, transit

I stayed at a hotel for transit by arranging for Ethiopian air. Initially I was fortunate because I intended to be a campus at the airport.
Addis Ababa ‘s transit, as described on the net, was handed a hotel ticket at the boarding gate as a sheduled layover. Half day stay and breakfast. Because the fare is 63,400 yen, it would be better to collect customers as it is still. I make use of transit to make it attractive by routes connecting with third countries, Ethiopia, and third countries. The fare is 222200 × OFF and the tax is 63600 × OFF.

Immigration procedures were simple. Normally follow the entry window and show the accomodation vaucher, you did not have a visa. There was a hotel desk at the exit counter. They will show us to each hotel booth. However, if you do not know about that, it will be frustrating. While entering the country, you may go to the hotel yourself after entering the country. I know about the next morning because it is on vaucher. Ambassador Hotel Addis Ababa. Not bad, but lack of maintenance. There seems to be a meeting of government agencies, so it is a suitable hotel. Although it was first-class in the past from the name, it probably became obsolete with the times. For Ethiopian Airlines transit customers it is perfect. I checked it out in the morning. The bus seems to come at any time. Ethiopia was slightly more than when I came last time, but I had an impression of economic growth. The airport around was a bit clean. As there is a Star Alliance gold card, I could easily leave the country as I went along with Fast Track. The lounge was also available for business use. I continued to fly above Somalia toward the Indian Ocean. Economy class was also available, and it was used by the former wide triple occupancy seat alone. It was comfortable.

Ethiopia is a country where overseas payload of 980 yen is not applied, so you have to turn off roaming.

https://photos.google.com/album/AF1QipNalvoSC9hpZJS958Ab0zpnJJ7p11hEI5cOAKWO

関連記事

no image

シュリューマン旅行記 清国・日本 日本人の宗教観

『シュリューマン旅行記 清国・日本』石井和子訳 シュリューマンは1865年世界漫遊の旅に出かけ日本

記事を読む

no image

日本の観光ビジネスが二流どまりである理由

日本の観光ビジネスが二流どまりになるのは、人流に関する国際的システムを創造する姿勢がないからです。

記事を読む

no image

『ヒトはこうして増えてきた』大塚龍太郎 新潮社

p.85 定住と農耕 1万2千年前 500万人 祭祀に農耕が始まった西アジアの発掘調査で明らかにさ

記事を読む

no image

『素顔の孫文―国父になった大ぼら吹き』 横山宏章著 を読んで、歴史認識を観光資源する材料を考える

岩波書店にしては珍しいタイトル。著者は「後記」で、「正直な話、中国や日本で、革命の偉人として、孫

記事を読む

『我ら見しままに』万延元年遣米使節の旅路 マサオ・ミヨシ著

p.70 何人かの男たちは自分たちの訪れた妓楼に言及している。妓楼がどこよりも問題のおこしやすい場

記事を読む

no image

錯聴 柏野牧夫

マスキング可能性の法則 連続聴効果 視覚と同様に、錯聴(auditory illusion)

記事を読む

no image

太平洋戦争で日本が使用した総費用がQuoraにでていた

太平洋戦争で、日本が使った総費用はいくらでしょうか?Matsuoka Daichi, 九州大学で経

記事を読む

no image

quora 高2です。東京書籍の教科書には、朝鮮総督府が言論などの自由を奪い、武断政治をした。所有者の明確でない土地を没収し多くの農民が困窮したとあります。これを戦前の日本に肯定的な人はどう捉えるのでしょうか。?

高2です。東京書籍の教科書には、朝鮮総督府が言論などの自由を奪い、武断政治をした。所有者の明確でな

記事を読む

no image

「観光」ニ題

久しぶりに字句「観光」がマイナス効果を持つ用語として使用されている例を、図らずも本日2月15日の日曜

記事を読む

no image

『憧れのハワイ航路』

冒頭のシーンでハワイのイメージの原点がわかる。サモア諸島と区別がつかない。

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑