*

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(3)ツァータン居住地

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外観光

2015年8月20日
朝日が山裾から昇る。10時ころであろう。標準時間は日本と同じになったようだ。サマータイムを標準にしたためである。経度の関係からすれば、東経135度の日本と比べれば東経100度付近であるから2時間程度早いのであろう。それに山岳地帯であることを加味すればそんなものだという気がした。
トナカイの朝

ツアータンはツァガンノールのタイガ地帯にすむ民族である。ロシア連邦トゥバ共和国のトゥバ語を母語としていてトゥバ族と同一系統である。モンゴル語でウルツという円錐形の移動式住居に住む。森の中をトナカイに乗って移動し、狩猟採集が生業であったが、20世紀半ばからトナカイの飼育中心に変化した。トナカイのミルクで作った乳製品で生活し、冬はわずかであるがトナカイの肉を食する。近年フブスグル湖西岸に「偽ツァータン」が存在して観光客とトラブルが発生している。

ゲルの前の広場でドローンをあげる。ツァータン族の子供が寄ってくる。ソーラーパネルで電力を起こし、テレビや携帯で情報を入手している子供でも、ドローンは珍しいのだろう。ガイドブック用のいい写真が撮れたようだ。そういえばハダ博士は教育大の准教授、夏休み中のツァータンの子どもたちが、彼に英語を習っていた。これもアンケートに答えてくれた親たちへのお礼かもしれない。調査団員の一人である鍼灸の先生はツァータンのお母さんの治療をしてあげていた。これもお礼だろう。私は無芸であり、このような時には何も役に立たなく恥ずかしく思った。歌の一つでも歌えるようにしておかなければならないのだろう。

ドローン
ドローンの撮影風景。横向きになっており、みづらくて申し訳ない。youtubeにアップしてはりつけないといけないのであろう。後日改善したいと思う。

ゲルの中の文明

魚釣りの話があり午後五時すぎから始まった。疑似餌による糸だけのフライフィッシングをツァータン族のホスト親子が試みるが、なかなか釣れない。場所を変えるタイミングで勿怪の幸いと私は退散した。
魚釣り

夕食時に釣り一行が帰宅。獲物はやや大きめの二匹に小ぶりのものが十匹程度。頑張ったようだ。午前中水彩画を描いていたツァータン族の若者が釣りが上手だったようだ。調理には日本人の方法に興味があるようであり、西田団長が醤油と砂糖で魚の煮つけを作ったが、ツァータン族に砂糖味はあわないようであった。味は文化であり生活の仕方であるから、無理強いは禁物。しかし塩は人類、動物共通の味。塩を欲する生理的欲求は人類を含むすべての動物に塩味はおいしいと感じさせるようである。

2015年8月21日
ツァータンとはモンゴル語でトナカイを飼う人という意味だそうだ。ではツァータン語で自分達をどう呼ぶのかは聞き逃してしまったが、時代が進めばモンゴル語で民族を表現されるのはおかしいと言い出すであろう。昔はトナカイに乗り森の中を移動しながらの採取狩猟生活であったが、20世紀半ばにトナカイの酪製品を主食とし、冬季にトナカイの肉を食べる習慣に変化したとガイドブックにかかれていた。存外新しい観光資源なのである。というより、和食もそうだが、観光資源は現代の延長にあり、新しいものが多いのである。

関連記事

175 マディラ諸島 FNC フィンシャル空港 マディアラ島の月桂樹林(1999年世界遺産)大西洋の真珠

「マデイラワインは、永遠に生き続けるのです」とホテル「ベルモンド・リーズ・パレス」のソムリエ、アル

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

167 Belize ベリーズ

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリーズ金11:30 8:1511:14 

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

動画 https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8Za

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

172 Arubaアルバ

人口10万 カリブ海地域の中では生活水準は非常に高く、失業率も低い。アルバの国民総生産の半

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

アンドラ アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわか

記事を読む

保護中: 岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電』

書評1第二次世界大戦のことを勉強してもここまでたどり着く人たちはなか

no image
QUORA 香港国家安全法制は怖くない

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのJohn Chiuさん

no image
保護中: UORA 不平等条約答えは長州藩と明治政府のせいです。今回に限って言えば、長州藩と明治政府が不平等になるように改悪した原因なのです。

日本人があまり知らない、日本の歴史といえば何

no image
保護中: QUORA 世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか?

世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか? そもそ

no image
保護中: QUORA 伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如何でしょうか?

伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如

→もっと見る

PAGE TOP ↑