*

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外観光

2015年8月21日
昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感はだいぶ薄らいだ。下りの急な傾斜は安全を考えて徒歩。
DSCF8299
DSCF8296

DSCF8160
DSCF8155

四時間程度で到着。シャーマンのЧулууний зоригооさん夫婦からスーティチャを振舞われ、懇談。居住地付近から金鉱が見つかったが、政府が規制をかけたので、今は森林監督員をしているとのこと。社会主義時代奥さんは看護婦をしていたようだ。民主化後トナカイ38頭が分配され、今の生活を続けているという。娘二人とも山を降りて暮らしている。一人は少数民族政策により大学に進学している。シャーマンの奥さんは持病があるらしく、調査団の鍼灸の専門家に何やら相談。このあたりは、霊の限界もご存知のようで現実的である。霊に頼るのは、科学と呪術と宗教が未分離の鎌倉時代のことであろう。
DSCF8230
シャーマン夫妻
ツアータン族は500人くらいだそうだ。家族は50~60家族。シャーマンになったきっかけは、2歳の時に死にかけていた。その時のシャーマンに見つけてもらった。シャマンの先生が能力を見出してくれた。13歳の時魂が入ろうとして苦しかった。25歳から47歳の今まで継続している。最初は家族を見ていたが32歳から他人も見るようになった。13代目である。ほかにもツアータン族のシャーマンは2、3人いる。儀式の仕方はいっしょである。料金は人による。天の魂が言ってくる。持っていない人は家畜を出す。霊にお礼をしないとシャマンの家族に害がある。
懇談のおわりころ、シャーマンの儀式をお願いする段階で、謝礼額に行き違いがありこのまま帰るかという雰囲気になったが、結局元の条件でお願いすることになった。シャーマン夫婦も心なしかほっとしたようだった。夕食後うさぎがゲルに飛び込んできた。飼い犬に追いかけられたようだ。うさぎ汁にする話も出たが、ガイドの子供が可愛がるのでそのままになった。翌朝解放したそうだ。
うさぎ

夜十時すぎからシャーマンのゲルに行った。いよいよ儀式が始まる。儀式の写真は使用してかまわないが、ネットは遠慮してほしいという要望であった。沢山の人が来るようになっては困るということであったが、その理由は理解できなかった。私のブログはメモ代わりなので、非公開でアップしておく(シリーズの最後の蘭)から、希望者は申し出てくれればお見せしたいと思う。ただし動画は容量が大きすぎてブログ上では見ることができない。太鼓は湿気をおびていたようで音が悪く、火であぶり乾燥することとなった。枯れた松葉の煙で、すべての衣装、道具をきよめていた。ガイドの二人は補助役の経験が豊富なようで、てなれたものだった。

儀式の前の準備段階
DSCF1707
DSCF1719
DSCF1708

準備段階で、お供えの酒を出すようにいわれたが、聞いていないので、ないものはない。しばらく我慢比べの沈黙が続くが、最後にシャーマンがゲルの外に出た。しばらくして、飲みさしのアルヒーのボトルをもって帰ってきた。次にお供えのタバコの話になるが、やはりお酒と同じこと。ないものはない。
ようやく儀式が始まる。シャーマンは太鼓を叩き、背中につけた鳥の羽をイメージした白い布切れを左右上下に振り回す。だんだんと陶酔状態になり、太鼓で口元を隠しながら、何やら言葉を発し始める。祈祷をお願いした我々一行七人が一人ずつ呼ばれて御告げをきく。聞く前に、ツァータン語で何やらを唱えさせられ、木製の道具を床に転がさせられた。
御告げは奥さんから、通訳のメグさんに伝えられ、日本語で伝えられた。シャーマンから奥さんには直接霊の声ご伝えられるとのことで、奥さんも霊の言葉がわかることになっていた。私の場合は、貴方の考えていることはすべてうまくゆくという有難い御告げであった。頭のいい奥さんだと思った。儀式は準備も含め一時間半くらいか。長いお経や祝詞を読み上げる僧侶や神主さん同様、重労働である。
なお、易占は「前意識」との会話であり、易は神の啓示などではないといわれているが、シャーマンのお告げも同じであろう。

儀式の様子等はネットでの発表は遠慮することとし、パスワードをかけて別欄に掲載しておいたので、希望者はそこを参照してほしい。

儀式後、再びシャーマン夫婦と懇談することとなった。酒やお菓子がふるまわれた。夜も遅いので、西田団長は一旦腰をあげそうになったが、シャーマンの言葉の端に興がのったのであろうか、キャンプ地域の指定や環境調査等の段取りについて話始め、床に着いたのは深夜一時すぎになってしまった。寒対策の重装備で寝ることとなった。

2015年8月22日
元のツァータン族の観光ゲルに戻った。帰りは道を知っていることもありトナカイの操縦は楽であった。べースキャンプに到着後、西田団長の希望もあり、トナカイの肉を食べることになった。雌は乳をとり、子供を出産、成人のトナカイは運搬用なので、食肉用には若い三歳位の雄をあてるとのこと。一人5千円見当で5人でシェアし購入することとなった。
トナカイの解体シーンも問題があるかもしれないが、写真を適当にアップしておく。とどめを刺すところはツァータン族の主人の希望もあり撮影は遠慮した。やはり動物愛護の問題もあるのだろうか。マグロの解体と同様トナカイの解体もツァータンの文化。子供たちも参加して経験をつむようだった。
トナカイの解体

トナカイの解体2

内蔵の処理は女性の仕事
内蔵の処理

解体された肉はハエが卵を産まないように馬の糞でいぶしながら乾燥させていた。そこへニューヨークからきたという若いヤンキーがモンゴル人のイケメンの脊の高いがっしりした身なりのいいガイドと訪問。30分くらい離れたゲルにいるというから、われわれが来るときに休憩したゲルだ。馬だと半分くらいの時間なのだ。ちょうど解体しているときだったので、バックかと聞かれ、意味がわからなかったが、背中の一番おいしいところだったので聞いたのだろう。
肉の乾燥

トナカイは繁殖用の雄は一頭、角を見ると繁殖時は毛が抜けるようだ。残りのオスは去勢されてしまう。日本にはこの家畜の去勢の思想はどういうわけか伝承されなかったから、宦官も存在しなったことは何となくほっとするから不思議である。

ハダ博士はラマ教徒なのか殺戮は好まないようだったが、肉はしっかりたべていた。
IMG_3162[1]

松の実を火で焼いておやつのようにして食べる。モンゴルではいたるところの露店で売っていた。
IMG_3593[1]

関連記事

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx

記事を読む

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

2-⑧ 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(138)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

タシケントでは50年前に大地震があったそうだ。私は全く記憶がない。 地下鉄に乗ってみる。アルマトイに

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

綏芬河の鉄道関連歴史的建造物群

綏芬河は2013年の数字で一人当たりのGDPが2万ドル。 豊かな町であるが、英語が全く通じない。

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

no image

自己手配時に知っておくべき「国際航空運賃」の計算方法

今日の国際航空運賃が出来上がるまでには歴史があったと考えられる。勉強していないので知らないが、国際海

記事を読む

平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑