*

「 脳科学と観光 」 一覧

Quora 現代科学では、人工生命は可能なのでしょうか?

可能です。何しろ既にできています。 こちらに示しているのが人類が現段階で到達している最先端の人工生命である細菌『マイコプラズマ・マイコイデス JCVI-syn3.0』の顕微鏡写真です。

続きを見る

『脳の誕生』大隅典子 Amazon書評

http:// www.pnas.org/content/supp1/2004/05/13/0402680101.DC1 見つからなかった。 鳥類の脳は空間的制御、哺乳類の脳は時間的制御

続きを見る

書評 AIの進化が新たな局面を迎えた:GTP-3の衝撃

2020/11/27 | 脳科学と観光

米国コロナ最前線と合衆国の本質(10)~AIの劇的な進展と政治利用の恐怖~ https://cigs.canon/article/20201001_5388.html https://

続きを見る

書評『情動はこうしてつくられる』リサ・フェルドマン・バレット 紀伊国屋書店

2020/11/27 | 脳科学と観光

参考になるアマゾンの書評の紹介 ➀  本書のサブタイトルにある「構成主義(constructionism)」的情動理論とは、古典的(本質主義的)情動理論に対するものである。本書の前半(

続きを見る

書評『ロボットと生きる社会』

2020/11/27 | 脳科学と観光

新井紀子 AIが下す判断と人間が下す判断は違う AIは基本は検索。人間は実験ができないので科学的に判断できない。今はサルでも実験禁止 地球温暖化もいつまでたっても解決できない 脳の容量が限界

続きを見る

書評 AIの言語理解について考える」川添愛 学士会報940号P.42

2020/11/27 | 脳科学と観光

分類がわかりやすい 1 今のAIは人間の言葉を理解している。  理解しているようにみえることを重視する点でチューリングテストと同じ。この理屈を認めない場合には、自分以外のすべての人間の知

続きを見る

書評『法とフィクション』来栖三郎 東大出版会

観光の定義においても、自由意思を前提とするが、法律、特に刑法では自由意思が大前提。しかし、フィクションとしての自由意志、論理的怪物は印象深い。 書評1 ある程度法解釈に接近した問題意識から始ま

続きを見る

聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

2019/11/14 | 脳科学と観光

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接情動に訴えかけるのは、大脳皮質のほか扁桃体にもつたわるから。

続きを見る

錯聴 柏野牧夫

2019/11/13 | 脳科学と観光

マスキング可能性の法則 連続聴効果 視覚と同様に、錯聴(auditory illusion)がある。イリュージョンフォーラムのデモで錯視と錯聴をあれこれ比べられる。   私たちが知覚して

続きを見る

PAGE TOP ↑