*

「 観光学者への辛口評論等~観光学研究発展のため~ 」 一覧

『公共貨幣論入門』山口薫、山口陽恵

MMT論の天敵 Amazonの書評 佐藤優氏が「MMTを吹き飛ばす新しい貨幣理論」と評するだけあって、MMTの更に"左"を行く本書のテーマ「公共貨幣論」は急進的に信用創造廃止を訴える。

続きを見る

ヴァーチャル旅行ロシア編 フィンランドから鉄道

https://youtu.be/IuQkrfq0G1c https://youtu.be/-OcTpvPSzY8 フィンランドの首都ヘルシンキと、ロシアの古都サンクトペテルブル

続きを見る

『築地と豊洲』澤章 都政新報社

Amazonの紹介では「平成が終わろうとしていたあの頃、東京のみならず日本中を巻き込んだ築地市場の豊洲市場への移転問題。あの騒動は一体、何だったのか。 小池都政最大の謎を、当時、知事の言動をつぶさに

続きを見る

『知の逆転』吉成真由美 NHK出版新書

本書はジャレド・ダイアモンド、ノ―ム・チョムスキー、オリバー・サックス、マービン・ミンスキー、トム・レイトン、ジェームズ・ワトソンという6人の現代を代表する知性へのインタビュー集である。 第1

続きを見る

人流 人返しの法

人返しの法(ひとがえしのほう)は、江戸時代の天保の改革において、江戸の人口を減少させ地方の農村部の人口を確保することを目的に発令された法。人返し令(人返令)とも称される。 前史 松平定信

続きを見る

総理所信表明演説に登場した「人流」と旅主概念への期待 JN10月号原稿

岸田総理は「人流」規制を行う法改正を趣旨とする所信表明演説を行った。前世紀末橋本内閣時の閣議決定「物流施策大綱」を想起させる。物流が無駄な動きや在庫を減少させる概念であり、利用者(荷主)の利益にかな

続きを見る

PAGE TOP ↑