*

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ時間が経つのは忘れた。 四十人乗り程度。 今回は東洋系は三人。 空港に到着。両替。ヨハネ以上に手数料が馬鹿高い。20ユーロで300ランドなのに、230しか来ないのはおかしいが仕方がない。 迎えいない。シャトルはいるので、ホテル名を見せて乗ることにした。ホテルから、130ランドとはこのことか? 空港がマセルから遠くに移動していたため、歩くことは叶わない。明日の朝もいる。最初のホテルで大勢が下車。残った一人が日本語で話しかけてきた。ボツアナ出身の南アフリカ人。キック4ナイフのホテルは食事が美味しいと言ってた。 ホテル到着。ドライバーは150というが、130しかないというと、OK。 チェックイン。明日の空港の手配を六時で頼む。今日も手配したが、誰か間違えて乗せたらしいという、よくある話。ブレックファーストボックスを準備頼む。693ランド、五千円くらいか。 夕食は今日は日曜日でやってないという。街に出るにもタクシー代は40らしく、ランドももうないから、りんごと紅茶ですませることにした。 周りはのんびりした田園風景。高等裁判所がある。宿は子供サッカーのクラブをやっている。 明日のBAの電子チェックインとエミレーツの帰りのチェックインができた。 一晩ゆっくりやすめた。

 朝、ブレックファーストボックスがあり、早速食事。缶ジュース、ゆで卵、チキン、チーズサンドウィッチは定番。 空港タクシーに100ランドと5ユーロ渡した。ユーロはどこで変えればいいかというので、キック4ライフは、外人が多く宿泊しているので、変えてくれるだろうという。 朝の滑走路から見る山は綺麗だ。アフリカの大地を見ると、グリーンの敷地に茶色の絨毯がまだらに見えるが、農業であり、環境破壊の最大の原因は農業かと思ってしまう。

https://photos.google.com/album/AF1QipPJYAOXq0R2H6HcgZ_zRJzimvWHpk3j9t8a6o6e

(レソトからザンビアへ、ボツアナ上空等)

https://photos.google.com/album/AF1QipO8FSCn-cEXILo65u3LwJH4hPvN6pVGa4IYNsxi

 (予備知識)

レソトは人口約200万人、国土は日本の九州の7割。バソトハット帽子がシンボル。首都マセル近郊にある丘タバボシウからは、古くからシンボルとなっている象徴的なクイロアネ山を見渡せる。殺人発生率10万人に38人、世界第7位。HIVにより、3人に1人が感染。平均寿命35才、2013年47才

関連記事

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

no image

『支那四億のお客様』カール・クロ―著 

毎朝散歩コースになっている一か所に商業会館ビルというのがある。この本を出版したのが倉本長治氏のよう

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

186 Sao Tome and Principe サントメプリンシペ(TMS)

人口16万人 1700ドル サントメ・プリンシペは1975年の独立当初は中華人民共和国を承

記事を読む

no image

183-1 カナリー諸島自治州 LPA

Canary Islands sandstorm: Flights disrupted

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

PAGE TOP ↑