*

ヴァーチャル旅行 インド編 ⑬ エローラ

公開日: : 最終更新日:2021/02/17 海外観光

◎石窟寺院

エローラにある岩を掘って作られた石窟寺院群はその典型的な遺跡として知られている。34の石窟が、シャラナドリ台地(Charanandri hills)の垂直な崖に掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教ヒンドゥー教ジャイナ教の石窟寺院や修道院(あるいは僧院、僧坊)などから構成されている。仏教寺院(仏教窟)の数は12窟で、石窟寺院群の南端に位置する第1窟から第12窟がそれにあたる。ヒンドゥー教寺院(ヒンドゥー教窟)は第13窟から第29窟までの17窟、北端に位置する第30窟から第34窟までの5窟がジャイナ教の寺院(ジャイナ教窟)となっている。それぞれ石窟は近接している上に作られた時期も重なっている。石窟寺院群は南西方向に面した崖に掘られている。東に掘られているものほど古く、西に行くほど新しい。東のものはほとんど仏教石窟で、中央付近のものはヒンドゥー教、西の方のものはジャイナ教の石窟寺院となっている。年代も、仏教の石窟がもっとも古く、次にヒンドゥー教、ジャイナ教の順で新しくなっていく。仏教の石窟寺院はまさに石窟で、狭い導入部と広い奥の空間という構造のものが多い。

初期の仏教は己の救済だけ追究する内向的な思想であったという。そのため瞑想室のような閉空間を必要とした。

時代が下がるにつれ、徐々に宗教は大衆を救う大乗的なものに変化し、それにつれて石窟寺院も開放的になっていく。ついには石窟そのものが必要なくなりエローラは放棄された、と言われている。第10窟はヴィシュヴァカルマ窟(Visvakarma)といい、一般的には大工の石窟と言われ仏教石窟の中でもっとも有名な石窟である。

10窟

第16窟カイラーサナータ寺院(Kailasanatha Temple)、あるいはカイラーサ寺院(Kailasa Temple)と呼ばれ、エローラで最も重要な石窟寺院である。エローラすなわちカイラーサナータ寺院と思っている人もいるほどエローラを代表する石窟である。

16窟

この巨大な『彫刻』は、ラーシュトラクータ朝の君主クリシュナ1世(位756年 – 775年)の命により、カイラス山(須弥山、ヒンドゥー教ではシヴァ神が住むとされる)をイメージして掘られたものと考えられている。クリシュナ1世は、パッタダカルのバーダーミのチャールキヤ朝の建築をモデルにしつつ、岩山から寺院を彫りだすアイディアは、パッラヴァ朝マハーバリプラムの「ラタ」にヒントを得て、それを凌駕しようとする寺院を造り出すことでシヴァ神を祀り、王朝の権威を示そうとするものであった。

カイラーサナータ寺院はアテネのパルテノン神殿の倍ほどの規模があり、石窟と言うより一つの高層建築物にしか見えないが、紛れもなく一つの岩から掘られたものである[2]カンボジアアンコール・ワットインドネシアボロブドゥール遺跡も同じくカイラス山をイメージして作られたものだと言われている。第15窟ダシャ・アヴァターラ窟(Dasa Avatara)も印象的なヒンドゥー石窟である。広い中庭にはカイラーサナータと同じく露出した神殿がある。中には何も無いが、透かし彫りの窓があり、これも岩盤から彫り出された地球の一部である。中庭の周りにはマンションのような石窟がぐるりと囲み、ここには10柱のヴィシュヌ神の化身と雄牛の像、シヴァ神の像がある。第29窟デゥマル・レーナ(Dhumar Lena)も印象的な石窟である。ヒンドゥー石窟としては最も西にある石窟である。この窟は丘の尾根の部分に作られており、大きな入り口が2つある。片方は川に面しており、テラス状になっている。もう片方は岩盤の大きな割れ間に通じており、いくつかの彫像が配置されている。青空の下にある他の石窟の入り口と違って、非常に神秘的な雰囲気がある。

29窟

ジャイナ教の石窟は他と比較してそれほど大きくはないが、繊細で複雑な構造を持ち、一種の芸術的作品となっている。

第32窟はジャイナ教の石窟でチョーター・カイラーサナータ(小カイラーサナータの意)と言われ、石窟の正面の中庭に第16窟と同様に外部に出現した神殿がある。第16窟と大きく違うのは、石窟のほうも充実していることである。第32窟の石窟の中はジャイナ教の神殿となっており、天井には蓮の彫刻が見られる。

また第34窟(第32窟、第33窟と繋がっている)には美しい女神が、豊かに実ったマンゴーの木の下で、ライオンの上に座り壮麗な姿態を見せている。もちろん神像はこれだけではなく数多くの神像が壁を埋めている。ジャイナ教石窟には豊富な天井画が見られ、今でも多くの天井画が残っている。ほかのジャイナ教の石窟も繊細な彫刻と、複雑な内部構造を持っており、互いに内部で繋がっている。そのため、訪れた人には境界がはっきり判らなくなっている。

ジャイナ教の石窟寺院は、中庭の神殿とそれを囲む充実した石窟寺院群から構成されるが、この構成は現代のジャイナ教の寺院の特徴となっている。現代のジャイナ教寺院は中央部に神殿があり、それを中庭をはさんで外郭がぐるりと囲っている。この外郭は仏教寺院の簡素な回廊と違って充実したもので、立派な塔や小神殿が付随した立派なものである。エローラのジャイナ教の石窟寺院は、まさにジャイナ教寺院の原形とも言えるものである。

32窟
32窟
34窟

アウランバンガードで州の観光局が運行しているツアーバスに乗る。1時間余りでエローラ石窟群に到着。アウランガーバードからエローラへはバスかタクシーで30-40分ほどである。途中、有名なダウラターバード要塞のすぐ前を通る。

その前に、近くに在る築2千年と言われているヒンズー教寺院に立ち寄ったが、そこは写真撮影禁止。寺院本堂の中では、大勢の男性が、上半身裸になり、何かの儀式をやっていた。チケット売り場の正面に、有名な第16窟、カイラーサナータ寺院が有るので、先ずは、寺院の背中に在る丘に登った。丘への登り口には、一応、柵が有りますが、脇の隙間を通り抜け、丘の上へ・・・。

エローラ石窟群を後に、次は、ダラタバード砦に寄った。
ここでの滞在時間は1時間。 砦は結構広く、1時間では時間不足でした。

勝利の塔。<br /><br />下の方の岩の上に、お猿さんが一匹。
砦の入口方面を望んだ写真。結構大きな砦であることが判ります。<br />この時点で、バスが出発する時間まで、残り20分ほどでしたので、頂上は諦め、戻る事にしました。再び、トンネルに入り、やや急ぎ足で戻ろうとしたのですが、他の人の声も聞こえず、焦っていたせいか、途中で道を間違ったりで、冷や汗ものでしたが、何とか、バスが出発する時間ギリギリに、戻る事が出来ました。<br />お陰で、足はフラフラになりましたが・・・。

関連記事

久しぶりのアジスアベバはトランジット 

 エチオピア航空手配でトランジット用のホテルに宿泊。当初は空港での野宿のつもりであったから、幸運で

記事を読む

2⃣ 3 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア(124)、ZARGOZA パンプローナ泊

< strong>カタルーニャ バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 番外 長沙 Chángshā

列車の接続で宿泊予定、毛沢東ゆかり 水陸両用車 四大書院の一つ

記事を読む

no image

保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ篇②総括表

5月12日NRT23:00EK319DXB4:40⁺10機中泊水5月13日DXB15:55EK72

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

動画 https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8Za

記事を読む

保護中: 190アゾレス諸島The Azores TERテルセイラ島、PDLポンタデルガタ(サンミゲル島)

カルタゴ人による紀元前の遺跡が2011年に発見された]が、以前からヨーロッパの古典詩・サーガに登場

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 イラン編 ヤズド、チャク・チャク

https://youtu.be/jQnjF7kc878 イランにおいて古い歴史

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 アンカラ

記事を読む

1⃣ 2 2018.8.2-3 Edinburgh SCOTLAND(119)

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑