*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年8月31日 エローラ 外国人差別入場料金

GOOGLEPHOTOアルバム2022年8月31日エローラ全体

https://photos.google.com/album/AF1QipNGSEjh-WHIFdcT9665ObdDzwCLygHLHYencbIx

 

エローラは月曜日が休みなので火曜日の本日になった。VIATORのランドツアーにはアジャンタ、エローラを一日で回るものがあったが、昨日時間を持て余したくらいだから、知識の少ない観光客には一日で十分だろう。ドライバーも9時に迎えに来るというぐらいのんびりしているのも無理はない。

 

途中で山頂に砦がみえる。有名観光地らしいが名前をすぐわすれてしまう。観光地としてなら覚えやすいものがいい。

上記動画

https://photos.google.com/photo/AF1QipPujCbksQNnpLdYz-VL8auSmucZhHXrTimQd6Yt

 

エローラまでは一時間。入場券はアジャンタと同じく異国人は600ルピー、インド人の40ルピー。中国も昔は人民元自体が外人はレートがちがったが、いまでは有名観光地は高齢者は無料で、外国人もパスポートを見せればよいから、日本より進んでいる。

正面にエローラを代表する16窟がみえるが、ガイドブックに従い後回しにし、右側の仏教の第1窟から始める。仏像があるから、原始仏教ではない。八窟では僧侶がお経をあげていた。ヒンドゥ教は真ん中で、ジャイナ教は左だが、メインの32窟までは距離があり、シャトルカートが30ルピーで往復していた。

 

 

石窟からは正直三者の違いはわからず、退屈する。16窟だけは一つの岩山から寺院全体を作り上げたもので驚いてしまう。3Dプリンターでも難しいのに、人力だから百年かかったようだ。行ったことのない人に映像で説明するのが難しいことを改めて理解し、YouTuberも大変だということがわかった。

ヒンドゥの神がここにいるということらしいが、ご神体はリンガ。道祖神であった。

 

https://photos.google.com/photo/AF1QipNMk2Zchu-yYIfLQs7VfPsklTcxXT-ndoy3c65A

 https://photos.google.com/photo/AF1QipMGRacjrgxBXy0-eR9e6oQo7wZwn7k51ckg5on5

https://photos.google.com/photo/AF1QipNoakj720woNgGLYaYRlCMpx3Qs6wo9cPoshOkR

https://photos.google.com/photo/AF1QipN3GmYrBNZ46AaM1pe3z4OikbAppi8yqH8BVQ-V

https://photos.google.com/photo/AF1QipOJx5NoBSvAnz3o1i6Azp5UhFqM9ilEpF24G-EU

https://photos.google.com/photo/AF1QipMz4jx21R6kmffky6j-jSOQddzwB__qGKk93X70

https://photos.google.com/photo/AF1QipPbTf6hztW3H-utMDYplevxNLa9aPR3WwYSHz53

早めに空港に行き良かった。インディゴのカウンターに行き、まだ搭乗券が届かないというと、デリー行きはキャンセルになったという。代わりにハイデラバード経由コルコタ行きをすという。もし、遅く空港についていたらもう一泊アウランガーバードにすることになり、しかも宿泊費用は出さなかっただろうから、早めに来てよかった。ネット旅行会社とLCCはいろんなことがあり、しかも連絡が悪いので気をつけないと危ない。

追伸 今回のネット旅行会社はtripcom,いつもきちんと連絡をくれるので、他のネット旅行会社より信頼していたのでおかしいと思っていたら、ハイデラバードに到着時点で電話が入っていた。急に欠航したインディゴに責任があり、tripcomのせいではなさそうだ。

◎旅行前準備資料 石窟寺院

 

エローラにある岩を掘って作られた石窟寺院群はその典型的な遺跡として知られている。34の石窟が、シャラナドリ台地(Charanandri hills)の垂直な崖に掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院(あるいは僧院、僧坊)などから構成されている。仏教寺院(仏教窟)の数は12窟で、石窟寺院群の南端に位置する第1窟から第12窟がそれにあたる。ヒンドゥー教寺院(ヒンドゥー教窟)は第13窟から第29窟までの17窟、北端に位置する第30窟から第34窟までの5窟がジャイナ教の寺院(ジャイナ教窟)となっている。それぞれ石窟は近接している上に作られた時期も重なっている。石窟寺院群は南西方向に面した崖に掘られている。東に掘られているものほど古く、西に行くほど新しい。東のものはほとんど仏教石窟で、中央付近のものはヒンドゥー教、西の方のものはジャイナ教の石窟寺院となっている。年代も、仏教の石窟がもっとも古く、次にヒンドゥー教、ジャイナ教の順で新しくなっていく。仏教の石窟寺院はまさに石窟で、狭い導入部と広い奥の空間という構造のものが多い。

初期の仏教は己の救済だけ追究する内向的な思想であったという。そのため瞑想室のような閉空間を必要とした。

時代が下がるにつれ、徐々に宗教は大衆を救う大乗的なものに変化し、それにつれて石窟寺院も開放的になっていく。ついには石窟そのものが必要なくなりエローラは放棄された、と言われている。第10窟はヴィシュヴァカルマ窟(Visvakarma)といい、一般的には大工の石窟と言われ仏教石窟の中でもっとも有名な石窟である。

10窟

第16窟はカイラーサナータ寺院(Kailasanatha Temple)、あるいはカイラーサ寺院(Kailasa Temple)と呼ばれ、エローラで最も重要な石窟寺院である。エローラすなわちカイラーサナータ寺院と思っている人もいるほどエローラを代表する石窟である。

16窟
https://youtu.be/C0XDGkBIuvs

この巨大な『彫刻』は、ラーシュトラクータ朝の君主クリシュナ1世(位756å¹´ – 775å¹´)の命により、カイラス山(須弥山、ヒンドゥー教ではシヴァ神が住むとされる)をイメージして掘られたものと考えられている。クリシュナ1世は、パッタダカルのバーダーミのチャールキヤ朝の建築をモデルにしつつ、岩山から寺院を彫りだすアイディアは、パッラヴァ朝のマハーバリプラムの「ラタ」にヒントを得て、それを凌駕しようとする寺院を造り出すことでシヴァ神を祀り、王朝の権威を示そうとするものであった。

カイラーサナータ寺院はアテネのパルテノン神殿の倍ほどの規模があり、石窟と言うより一つの高層建築物にしか見えないが、紛れもなく一つの岩から掘られたものである。

カンボジアのアンコール・ワットやインドネシアのボロブドゥール遺跡も同じくカイラス山をイメージして作られたものだと言われている。

第15窟ダシャ・アヴァターラ窟(Dasa Avatara)も印象的なヒンドゥー石窟である。広い中庭にはカイラーサナータと同じく露出した神殿がある。中には何も無いが、透かし彫りの窓があり、これも岩盤から彫り出された地球の一部である。中庭の周りにはマンションのような石窟がぐるりと囲み、ここには10柱のヴィシュヌ神の化身と雄牛の像、シヴァ神の像がある。

第29窟デゥマル・レーナ(Dhumar Lena)も印象的な石窟である。ヒンドゥー石窟としては最も西にある石窟である。この窟は丘の尾根の部分に作られており、大きな入り口が2つある。片方は川に面しており、テラス状になっている。もう片方は岩盤の大きな割れ間に通じており、いくつかの彫像が配置されている。青空の下にある他の石窟の入り口と違って、非常に神秘的な雰囲気がある。

29窟

ジャイナ教の石窟は他と比較してそれほど大きくはないが、繊細で複雑な構造を持ち、一種の芸術的作品となっている。

第32窟はジャイナ教の石窟でチョーター・カイラーサナータ(小カイラーサナータの意)と言われ、石窟の正面の中庭に第16窟と同様に外部に出現した神殿がある。第16窟と大きく違うのは、石窟のほうも充実していることである。第32窟の石窟の中はジャイナ教の神殿となっており、天井には蓮の彫刻が見られる。

また第34窟(第32窟、第33窟と繋がっている)には美しい女神が、豊かに実ったマンゴーの木の下で、ライオンの上に座り壮麗な姿態を見せている。もちろん神像はこれだけではなく数多くの神像が壁を埋めている。ジャイナ教石窟には豊富な天井画が見られ、今でも多くの天井画が残っている。ほかのジャイナ教の石窟も繊細な彫刻と、複雑な内部構造を持っており、互いに内部で繋がっている。そのため、訪れた人には境界がはっきり判らなくなっている。

ジャイナ教の石窟寺院は、中庭の神殿とそれを囲む充実した石窟寺院群から構成されるが、この構成は現代のジャイナ教の寺院の特徴となっている。現代のジャイナ教寺院は中央部に神殿があり、それを中庭をはさんで外郭がぐるりと囲っている。この外郭は仏教寺院の簡素な回廊と違って充実したもので、立派な塔や小神殿が付随した立派なものである。エローラのジャイナ教の石窟寺院は、まさにジャイナ教寺院の原形とも言えるものである。

32窟
32窟
34窟

 

 

関連記事

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月27日午後 トルクメニスタン(国連加盟国166か国目)NISAの要塞(世界遺産)

事前資料   https://youtu.be/kpQIxNwtZfo &nbs

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2009年7月29日 ポーランド(国連加盟国44か国目) ワルシャワ ビルケナウ収容所

Googlephotoアルバム2009年7月28日~8月7日 東欧の旅 https://photo

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2008年2月14日 パナマ(国連加盟国39か国目)パナマ運河

パナマ運河[/caption] [caption id="attachment_39818"

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ~Human Logisticsの旅 百か国達成の旅~ 

百か国達成を目指す旅に出ることになった。今回の旅行はひたすら数を追うたびである。 その意味ではHu

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

🌍👜 🚖シニアバックパッカーの旅 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査➃ ヤンデックスのライドシェサービス

ヤンデックス社の予備情報(ネット情報) ヤンデックスは単なる配車アプリではない。近年はグーグ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 2016年11月13日

13日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュースがあ

記事を読む

🗾🎒三重県一身田 父親の納骨と道中の読書  『マヤ文明』『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』 2016年10月19日、20日

父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修寺(せんじゅじ)に納骨をするため、山代の妹のところに行き、一晩

記事を読む

Middle East · Balkan Travel ALBANIA 8th MAY 2017  

Albania Travel Video https://goo.gl/photos/8WkNES

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1987年 テンミリオン計画作成 タイ、ネパール(国連加盟国10か国目)、香港、中国・⑷北京

◎日本人海外旅行者倍増計画 テンミリオン計画 秘話 1987年4月に東京に戻り、国際運輸・観光局に

記事を読む

no image
動画でみる人流観光講義 観光情報

今までで一番わかりやすいメタバースとは!3DCGから仮想空間、VR、

no image
動画で考える人流観光学講義 2024.12.11  観光情報

3-4 言語と意識 意識や心は言語が作り上げた抽象である。脳が言葉を

no image
動画で考える人流観光学 国 国際観光 収支

◎国 https://youtu.be/CtSBeF2OHvA

no image
動画で見る人流観光講義  旅行観光ビジネス

https://youtu.be/BSv5jG37WJo

no image
動画で見る人流観光講義 観光資源論 温泉

前回の講義テーマは世界遺産。 では、日本の観光は温泉が

→もっと見る

PAGE TOP ↑