*

172 Arubaアルバ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

人口10万 カリブ海地域の中では生活水準は非常に高く、失業率も低い。アルバの国民総生産の半分は観光関連で、観光客のほとんどがアメリカからであり、最大の貿易相手国でもある。観光業が拡大する一方、アルバにおける有力産業は石油精製で、農業や製造業の規模は小さい。20世紀の最後の10年間は、観光産業がブームとなり、1985年にいったん製油所が閉鎖されて以来(1991年に再開)、アルバの第一の産業となる。観光と島内に多数あるリゾートに注目が集まっていることもあってアルバの失業率は非常に低く、「カリブ海のラスベガス」とも呼ばれている。

https://photos.app.goo.gl/GTY4QXgMV1AyCTd7A

https://photos.google.com/share/AF1QipMjNcedbEOgZJx4dZAM9-mYdBC_AeWv7A2fY6w_E1-4U4_V4etniP03MpjH_9D6ew/photo/AF1QipMV6VnGLeVXcJPmiGq6KgmexbsVoT4HcaPp15z6?key=Z3hDaDFOWERwUFAwQ2NUUzhmYVNsQnNaV3gySlBR

深夜出発、六時間でパナマシティ、コパのハブ空港だけあり、賑わっている。12:00にアルバ行きのフライトがあった。検索で出てこなかったので、料金が高いのか?アスンシオンパナマシティとパナマシティアルバで別々に検索して足し算するとこの方がやすいかも。 いずれにしろ8時にでてボゴタに9:30到着。ラウンジに来てみて思い出した。前回入口が分からず、手前の売店で食事してから、入り口に気がついたところである。別にファーストクラスのラウンジがあり、こちらの表示は目立つ。ビジネスクラスのラウンジの表示が分かりづらい。ここで時間つぶしして、13:00出発で16時到着だから、直行の方が楽なはず。 アルバの宿は徒歩で45分とあるから、五時にチェックインできれば、明るいうちにビーチに行けるだろう。

ボゴタはキューバからの帰り道に立ち寄ることにしていたが、欠航になり、翌年カリブ海巡りの時にわざわざ立ち寄ったところ。麻薬対策で町中に麻薬犬がいたが、今回も空港で見かけた。 前回ボゴタに立ち寄った後、アルバ、キュラソーと回る予定が、これまた欠航になり、アルバには立ち寄らなかった。今回がここも再チャレンジである。 空港から徒歩50分。宿には無事到着したが、途中の町外れにはナイトクラブなどの看板も見かけ、観光地である。 宿に入ると、黒人がいて、尋ねると、5号室を指差すので、入室。チェックインなしでおかしいとは思うが一休み。それにしても、ベッドメークがされておらず、濡れタオルがそのまま。休憩していると、女性が帰ってきて、ここは違うという。そうだろうとおもうが、今度は離れた別の建物に連れて行かれる。およそ宿らしくない建物。そこでチェックイン。 今度は、現金でないとダメといわれる。サンパウロのこともあり、ブッキングコムのメールを確認してある。残念ながら日本語。ただし、VISAなどのカード名が列記されているから、推測できる。しかし女性では拉致があかず、電話で男性。これもダメ、なぜダメなのかと聞くと、日曜日だからというが理由にならない。それどころかATMが近くにあるから出して来いという。現金は持っていたが、約束違反だと押し問答の末、スマホで宿を探すとすぐそばに沢山あるので、打ち切り。あとで考えるに、カード決済の機能を備えていなかったのだろうと思う。 ブッキングコムからはノーショーのメールが来る。ブッキングコムには、既に半額は確定しており、放置すれば全額カードから引き落とされてしまう可能性があり、ブッキングコムに顛末をメール。最終手段は、クレジット会社に支払い停止を請求すれば良いが、面倒。 次の宿は23ドルのドーミトリー、それでもすぐそばだし、安心。 6:00黄昏、海岸に向かって散歩、まさに典型的なリゾート。プライベートビーチにカジノ。しかし通りを歩く人は少ない。暗がりでも安全なのは助かる。空港ではアメリカ行きとアメリカ以外にゲートを分けているくらいアメリカ人観光客のリゾートなのだろう。 海岸線を離れ、街中へ。路面電車のレールがそのまま残してある。それにしても、七時過ぎだから人気がない。キュラソーは賑わっていたから、大きな違いだ。 宿に戻り、主人が戻っていたので代金をはらう。つりもどるでくれたから、アメリカ社会だ。 翌朝6:00出発 たまたま宿の女性がトイレに起きてきてたすかる。キーの受け渡しができた。グーグルマップ頼りに空港にむかう。 道中やはり番犬がきになる。薄暗闇だからますますだが、メインストリートを通っていったので、それほどでもなかった。 空港内には、チャージャーが極端に少ない。アメリカ向けゲートでは、再びセキュリティチェックに出国手続き。入国手続きみたいなものだなどと思ったが、マイアミで出口の表示に従い進むと、そのまま入国できてしまったので、驚いた。でもマイアミでの長蛇の列を思うと便利である。

https://photos.google.com/share/AF1QipNIucf-IktIyTikYYukT58kStqGVY3QS81D-2StcnFqf0O4d-zJeDPAuCtY1AW1tw/photo/AF1QipMB2Z45EhsV7OlJYCR_hhROQ9ifzIeOKVxCfaov?key=NmM0QzdGT2NKREdkZjhNOE4wX2xjSHpWYW5TdGZB

関連記事

2⃣ 3 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア(124)、ZARGOZA パンプローナ泊

< strong>カタルーニャ バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ

記事を読む

169 Republiek Suriname スリナム

予備知識 パラマリボ人口は222,843人。郊外では石油、ボーキサイト、金、サトウキビ、米

記事を読む

[154] 2019.9.26 ナウル共和国(INU)

ナウル到着。 機材が変わることもあり、トラ

記事を読む

no image

よそ者としての「tourist」の語感

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44312894

記事を読む

3⃣ 3  2018.8.16  カサブランカ、マラケシュ

 映画カサブランカ 全編 1 https://youtu.be/9YwBMWvbE9A 2 ht

記事を読む

北中米旅行記③ 11月7日 ジャマイカ・キングストン

◎11月7日午後 Kingston到着  カリブ海でジャマイカは大国のはずだが、治安が悪く、所

記事を読む

no image

マラウィ(150) 2019年2月23日~24日 

 どういうわけか、JNBとBLZの往復の分が、直接エアラインにはネットで予約が入りにくく、expe

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑