*

171 Paraguay /アスンシオン

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

日本の国土とほぼ同じ大きさ(日本の1.1倍)、人口は600万人前後 、5000ドル。 1811年スペイン,ブエノスアイレスの両者からの独立を宣言,市がその首都となった。河港としてアルゼンチン,ブラジル,ウルグアイを結ぶ戦略的な要地を占めていたため,パラグアイ戦争 (1864~70) 中,1868年にブラジルに占領され,1876年までその支配下に置かれた。 https://photos.google.com/album/AF1QipPZggAn6aNHQtgyDeNhnGvIiJMeduI1olEsREr2/photo/AF1QipNNFbTIu0NButX78C_LjOtvzmV4OIeOu6CE0i9_

パラグアイ川が見えてきた。アルゼンチンとの国境だ。まず両替。50ユーロが、345000になり桁が混乱してしまう。明後日の早朝便のため、出発ロビーの様子を確認。次にタクシー受付窓口、街まで定額で120000 約2000円。カードも使え、一割増になるので、現金払い。 ホテルはなかなかのもの。


https://photos.google.com/share/AF1QipN5uIbca-p4QGAQSSMK8g_10vkr534KyeB2uieWtiRwAU-RG72YToBQgvGG5fQCGw/photo/AF1QipPQzgXIxq5bxk01vqHKlkpTYvT8rhRjZ6IThkn1?key=TEVKUlVvTDV4alBoYXM3eXpSWElRME85Nm1VZ2lR


チェックインして散策。道はわかりやすいが、河川に向かって坂になっている。宿は観光資源に近いところで便利。ネットで見たウルグアイ公園に独立の館。工事中だった。古い屋敷をリニューアルしている。壁画をかいていた。グーグルの地図では州政府の建物とあるが、大統領官邸。警備が厳しい。 パラグアイ川が見える公園にきた。ここからスラム街が見えるとネットに出ていたが、そのとおり。ビデオを撮っていると警官が注意しに来た。中国人かといわれ、日本人だと答えた。 パラグアイ公園に戻る。ネットでは公園の名前がちがうのだが、ここしかないので、道路を挟んだところに鉄道駅があるはず。よく見ると鉄道駅があった。相当傷んでいる。駅舎だけでなく、機関車なども雨ざらしになっている。南米で最も早くに敷設されたもので、日本より古い。世界遺産とは、このようなものを言うはず。地元では維持できないが、人類の遺産として保存するための条約で、先進国が援助する仕組みのはずが、いつの間にやら、先進国で、増産気味である。 鉄道駅と河川の間もスラムだ。一般の道路でもテントを張って生活している集団がいる。子供達が無邪気に遊んでいる。鉄道遺産にすると追い出されてしまうかもしれない。 伊丹空港の滑走路脇にもスラムがあった。一応不法占拠なので、行政の保護が受けられない。騒音対策補助がもらえない。

https://photos.google.com/share/AF1QipOBTWU30sP2Oj7j4f6tqrA8gE4V1WHxci0tw0N9LvyR8P4fZe-MFXCbnRmDtT9nqA/photo/AF1QipOkrSwJPkDwPP9qR8d8YSHu3eWvwc4YeP2VgvN3?key=dE9LbTJzYzQzUk1OUGhLQlJNM0RjdHpPTUJ2WlNn

今夜深夜便の電子チェックイン完了。ボゴタからアルバまではアビアンカなので席が自動割り当て、変更するにはアビアンカに依頼するしかない。まだその時間になっていない。 初めは夜10までホテルを延長しようかと思ったが、観光も午前中でおわるから、空港にゆくことにした。兎に角フロントでは英語が通じない。タクシーも大丈夫かとさえ思うので、空港の方が、電源さえあれば、セキュリティ内に入って仕舞えば楽だろう。 7:00朝食 コーヒー、ジュース、トースト、フルーツにお菓子、そしてチーズみたいなパンケーキ。7:30市場に向かって歩く。バスが通行するメインストリートの交差点が中心かと思いきや、そこははずれで、グーグルマップでは道が出てこない一体が市場の中心。それでも秩序はあるようで、商品ごとにある程度まとまっている。露天ではない本来の商店もあり、その前にテントが張られている。本来の商店にはエスカレーター次の大店舗もあるが、露天のトンネルをくぐっていかないとたどり着けない。テントは鉄パイプで組み立てられている。沿道の商店の建物の枠組みに支えられているが、支柱は道路に敷石をおいただけだから、敷石がずれると崩れてくるはず。隣のテントとも支え合っているのだろうから、一気に崩れてくることはないだろうが。食べ物屋は火を使うから、それなりに配置は考えられているのだろうが、これまでもいろいろあったに違いない。テントもない露天では、鳥の羽をつけた重石をマットが飛ばないようにして、品物を並べている。雨が降ったら、すぐにしまい込んでしまえるのだろう。ハーブ類が売られている。いろいろ薬効があるのだろう。 市場見学から戻り一休み。11:00チェックアウト。タクシーを呼んでもらう。120000現地通貨。11:50空港到着。残金をドルに両替、10ドル。 午前の歩数が6500なので、空港の中で何度も周回し、一万歩にする。 空港ビルは四階建、しかし3階、4階は使用していない。三階にベンチがあり、横になれるので、ベッドがわりに横になり睡眠をとる。イミグレは夜11:30から。電子搭乗券があるから早く入れてもらいたいが、他の便がないので休憩しているようだ。 https://photos.google.com/share/AF1QipNxz1PPu5PDUrGvpFBN8ZewnQdHkzswuXFf3shxRGxwRLuJqAA7uLGvwPc9rI5Frg/photo/AF1QipMURZHkPxCdxvQWAZSfrzwlNgAKAx3s-o0q-drI?key=dk5SUi11eFRyZ1pfZFJDSWNSR0JKVmxncmJrcThB

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

no image

178 Guinea-Bissau ギニアビサウ  OXB

①パスポートデータ面ページコピー(スキャンデータ)②カラーの証明写真[縦4.5㎝x横3.5㎝](ス

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

Touristic problem of Jeju island richer than Okinawa and Kyushu held ~ Participation in press tour ~

It was a short time from November 2 to 4, but I pa

記事を読む

 ③ 19日 80か国目の国ミャンマーへ

ミャンマーは時差がバンコクの三十分おくれの変則。飛行機から見る川はマレー半島部にあるのでイラワジ川で

記事を読む

2016年2月中東・東アフリカ旅行記1 出発前

2月8日から2月18日までヨルダン、南北キプロス、ルアンダ、タンザニア、ケニア、ウガンダ、エチオピア

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

セイシェル(142)2019年2月15日~16日  

アジスアベバを離陸、ソマリア上空を飛んでセイシェルに到着。その間の動画である。 https:

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑