*

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 リベリア(国連加盟国179か国目)空港のみ

公開日: : 最終更新日:2024/03/10 シニアバックパッカーの旅

https://photos.google.com/photo/AF1QipPm3RlxwgRf36R2QU-tt4pNQ7fGOuT98kQAmejG

Facebook投稿文

2024.2.23. 早朝ロイヤルエアモロッコで、フリータウンからカサブランカにゆく途中、国連加盟国179カ国目のリベリアはモンロビアに寄港。空港は市内から60キロ離れて不便な場所。

旅行計画を立てる際も、モンロビア着発のフライトが少なく、価格も高く、苦労した。結局、マイレージ利用でロイヤルエアモロッコを利用することが、この際最も簡便だと現実的判断。
シオラレオーネの空港もロイヤルエアモロッコも冷房がききすぎている。東京を出てきた時の服装が役立っている。ちなみに、ロイヤルエアモロッコではブランケットはビジネス客にしか出さないと冷たい対応。この辺りが評判の悪さにつながっているのか、客がブランケットを持ち帰ってしまう防止策なのか、わからない。

同じ飛行機に乗っているはずなのに、シオラレオーネからモンロビアまでの座席と、モンロビアからカサブランカまでの座席が異なっていた。ドアラでも同じことがあった。常識的ではないが、念のため、モンロビアで降機する準備をしてタラップに足をふみいれた。当然ここはカサブランカではないとアテンダントに注意されたが、搭乗券を見せて説明。違う席へともどった。一応船外に出たことにはなる。高等戦術。

 

 

 

FNA

3:05

AT569

4:05

ROB

 

 

ROBタラップ(乗換がない場合、前方トイレのついでにタラップに出る)

 

 

ROB

5:05

AT569

10:10

CMN 

特典航空券

$844

モンロビアは、アフリカにあるリベリア共和国の首都である。人口は1,010,970人。大西洋とメスアルド川に囲まれた場所にある港湾都市である。北緯6度19分、西経10度48分に位置する。 モンロビアはリベリア最大の都市であり、同国の政治、経済、金融の中心である   

空港は、市内から60キロ離れたロバーツにロバーツ国際空港がある。この空港は第二次世界大戦中にアメリカが建設した空港である。

1560年代にポルトガル人航海士によってこの地域がメスラド岬(Cape Mesurado)と名付けられた時、既に先住民のクルー族などの部族が居住していた。 アメリカ人解放奴隷が自給自足できる、既存のフリータウンのような植民地を設立することを目的とし、アメリカ植民地協会の支援により、1821年にアメリカ合衆国からの最初の居住者がアフリカに到着した。同協会のロバート・ストックトンがクルー族の首長ピーター王との銃などの品物交換の交渉(と言うよりもストックトンはピーター王に銃で脅して売買しようとしていた)でモンロビアとなる土地を手に入れ、アメリカの解放奴隷の黒人達が現地のプロヴィデンス島(Providence Island:現在のシエラレオネ)に初上陸した。入植事業は困難を極め、多くの居住者が亡くなった。1822年、第2陣の船が先の居住者を救出し、彼らをメスラド岬に運び、クリストポリス居住区を創設した。1824年、アメリカ大統領のジェームズ・モンローにちなみ、居住区の名前がモンロビアに変更される。アフリカ系アメリカ人解放奴隷をリベリアに搬送したこの植民の有力な支援者達は、アメリカ大陸で奴隷を解放するよりも、アフリカ大陸へ入植させる方が好ましいと感じた。なお、アメリカ合衆国以外の国の首都名が、アメリカ大統領の名前にちなんでいるのはモンロビアだけである

 

 

◎ 旅行記

https://4travel.jp/os_travelogue_list-city-monrovia.html

  • モンロビアのロバーツ国際空港はボーディングブリッジがある近代的なターミナルだ。ここも最近建て替えられたようだ。トイレもきれいだ。
    入国審査に行く前の検疫が厳しい。日本をいつ出たのかとか聞かれるとドキッとする。コロナ肺炎の影響でなかなか旅行しにくい世の中になってしまった。
     空港の外に出た。南の島に来たような雰囲気で湿気はあるが埃っぽさがなくホッとする。
     到着ロビー前からタクシーで市内へ向かうことにした。乗り合いバスもあるらしいがリベリアの滞在時間は限られているので余計なことに時間は使いたくない。しかしモンロビアの国際空港は市内からずいぶん遠い。土地は余っているはずなのになぜこんな不便な場所に建設されたのか理解に苦しむ。
    市内までは50キロ以上離れている。タクシーと交渉する事にした。値段は40US$が30US$になった。結構な距離を走るから高いのは仕方ない。両替することにした。1ドル=190リベリアドルで固定されていてドルもそのまま使えるようだが細かい支払いの際はやはり現地通貨は必要になってくる。少し両替することにした。空港からモンロビアまでは1時間半かかった。結構遠く、車が多いと渋滞の可能性もある。明日は早めに宿を出たほうがよさそうだ。午後4時過ぎにモンロビアの中心部に到着した。明日のこと(25ドルで空港へ行く交渉済み)もあるので運転手が車を置いて一緒に宿までついてきた。宿泊先はコットンツリーか目印の「ミス・エミリーズ・プレイス」。民泊予約サイトのAirbnbで予約した。
モンロビアでの宿泊先である「ミス・エミリーズ・プレイス」は最初アゴダで予約していてシングルで6000円くらいと割高だったのだ。あとでAirbnbでも予約できることを知り、この場合ドミトリーに泊まることができて値段はシングルの半額以下の2500円になった。モンロビアの宿はどこも高いのだがずいぶん安く滞在できる事になった。

モンロビアでの宿泊先である「ミス・エミリーズ・プレイス」は最初アゴダで予約していてシングルで6000円くらいと割高だったのだ。あとでAirbnbでも予約できることを知り、この場合ドミトリーに泊まることができて値段はシングルの半額以下の2500円になった。モンロビアの宿はどこも高いのだがずいぶん安く滞在できる事になった。

まずトゥクトゥクで廃墟になった「ダカー・インターコンチネンタルホテル」へ向かった。かつてモンロビア最高級だったホテルだ。廃業した後ずっと放置され廃墟化している。高台の上にありモンロビアのどこからでも見ることができる。

https://4travel.jp/travelogue/11575474

モンロビア市内観光(WaterSide市場 プロビデンス島・教会 フリーメイソン ドゥコールH)をして、モンロビア空港よりシエラレオネのフリータウンに向かいます。
④1月31日(金)
起床5:15し、朝食(6:15-6:45) H7:30発バスでモンロビア市内観光します。
1)WaterSide市場(7:50-8:05)(まだ、開店前でした。)
2)プロビデンス島・橋(歩いて渡る)(8:05-8:25)(コットンツリーや川を眺める。)
3)プロビデンス教会(リベリア独立の調印)(8:30-8:40)(隣の国立博物館 RedCross記念碑)
4)ドゥコールホテル(内戦で廃虚)(8:45-9:05)(灯台 ジョセフ・ロバート像 フリーメイソンのリベリア支部(外観)を見ます。)RedLightBTを通り、 10:25空港に着きます。
モンロビア12:30(AW324)13:30フリータウン9H(1SLL=0.01円1ドル=9655SLL)

(リベリアについて)
リベリア船籍の登録の船が多いですが、1940年に外貨を稼ぐために外国の船主に税金を安くしたために世界の船の20%が登録をして世界一でした。1990年代の内戦の為、今は、パナマが世界一だそうです。内戦後、金・鉄鉱石の輸出が減りましたが、船の登録料のお蔭で、国が立ち直りました。でも、国は貧しい為、3食食べている人は少なく、貧しい人はPM2:00頃に1食バナナのみ食べるだけの人もいます。
収入は公立学校の先生は130USD/月 私立学校の先生50USD/月 家賃は1DK100USD/月 郊外は50USD/月 携帯料10USD/月 水道代20USD/月 電気代40USD/月等です。でも、国民は割合、明るい事が救われます。
(リベリア内戦)
1980年頃、NPLF(反政府勢力)のチャールズ・テーラーがシエラレオネも巻きこみ、アメリゴ人リベリアンの政府を倒し、リベリアの泥沼の内戦のきっかけとなりました。
{旅程}
①1/28(火)成田20:40(ET673 ソウル)7:20アディスアベバ(機中泊)
②1/29(水)7:20ADD8:40(ET921)11:20アクラ14:10(アスカイ)16:10モンロビア(泊)
③1/30(木)リベリア北部ボング地方(バンダ クパタウェの滝 民族の村訪問)モンロビア(泊)
★④1/31(金)モンロビア(市場 フリーメイソン プロビデンス教会 ドゥコールH)(AW324)フリータウン(コットンツリー 国立博物館)(泊)
⑤2/1(土)フリータウン郊外(バンス島(要塞跡) タクグマ・チンパンジー・サンクチュアリー)(泊)
⑥2/2(日)8:00フリータウン観光(4WD 途中部落訪問)16:20カマックウィー(泊)
⑦2/3(月)8:00(4DW)オウタンバ・キリミ国立公園(ジャングルウォーク カヌーサファリ)20:15カマックウィー(泊)
⑧2/4(火)カマックウィー8:00(4WD)シエラレオネ(国境バス乗換)ギニアー花嫁の滝18:30キンディア(泊)
⑨2/5(水)H7:50(バス)フータジャロン山地のダラバ( ハイキング)(泊)
⑩2/6(木)H8:00仏植民地政府の総督の別荘(バスーマムー(モスク見学)22:25コナクリ(泊)
⑪2/7(金)9:00コナクリ(バスーグランドモスク 市場 国立博物館 漁船の港)グリオ演奏(泊)
⑫2/8(土)コナクリ8:00(ET934-アビジャン)20:00アディスアベバ22:25(機中泊)
⑬2/9(日)ADD22:25(ET672-ソウル)19:20成田

 

モンロビア

エボラ出血熱

2014 West Africa Ebola virus outbreak situation map.jpg

報告された 感染者数 / 死者数 
(2015年10月18日現在)
合計: 28512 / 11313 (39.7%)[2]
 シエラレオネ – 14001 / 3955 
 リベリア – 10672 / 4808 
 ギニア – 3803 / 2535 
 ナイジェリア – 20 / 8
 セネガル – 1 / 0
 マリ – 8 / 6
 アメリカ合衆国 – 4 / 1
 スペイン – 1 / 0 
 イギリス – 1 / 0 
 イタリア – 2 / 0

 

関連記事

no image

🌍🎒🚖シニアバックパッカーの旅 チームネクスト 配車アプリと神戸観光

2015年7月10日 久しぶりの神戸でした。私の役割は、稲員会長と一緒に、ロンドン合宿の報告です。報

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月5日朝~夕刻 南チロル(イタリア特別自治州🏳‍🌈㊲)

https://photos.google.com/album/AF1QipOTZyXwPSBwow

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月17日 サントメプリンシペ(国連加盟国152か国目) 中国⇒台湾⇒中国 統一教会  

Googlephotoアルバム2023年2月17日 https://photos.google

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2012年8月 ドイツ(ノイシュバインシュタイン城、ヴィース教会、ニュールンベルグ、運河)

    ヴィース教会 ドイツ南部ののどかな村、シュタインガーデ

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018.8.12 セネガル国連加盟国108か国目 ダカール・ゴレ島

https://photos.google.com/album/AF1QipPKctS1EoSMNA

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月20日、21日 コンゴ共和国(国連加盟国157か国目)

2023年2月20日アルバム https://photos.googl

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(国連加盟国116か国目)・ドシャンべ日帰り旅行

https://photos.google.com/album/AF1QipPYxz9aas9tbj

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1986年 マカオ(中国⑶)(特別自治区🏳‍🌈❸) ジェットフォイル用暗視装置の視察

1986年1月神戸海運監理部運航部長から四国運輸局企画部長に移動 1987年3月まで 四国のすべての

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑