*

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 海外旅行感想, 海外観光

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわかり、今回ユーラシア旅行社のツアーに申し込んだ。前回個人旅行を企画したときにチベット専門のS社の木で鼻をくくったような応対ぶりと比較して、ユーラシア旅行は親切に応対してもらったので、選択した。それにしても一人旅のツアーなので高くつく。黄龍を案内してもらったときの崔先生はその時の経験から高山病の恐れがあり無理を頼めないので仕方がない。

チベットが新疆ウィグル自治区と異なり外国人の旅行を制限しているのは、ダライラマ14世がインドで独立運動を展開しているからである。時折暴動が発生するので仕方がない。焼身自殺も時折報道される。

その原因は、歴史をさかのぼれば、はやり英国等にある。インドを植民地化した英国は、ロシアと中国の権益をめぐって対立していた。中国清朝は冊封体制の時代であるから、沖縄も朝鮮も、チベットも同じ扱いであり、近代国際法の国家概念で考えることは間違っている。そこへ、イギリスが例の二枚舌外交で、チベットには独立国としての取扱をささやき、清朝にはチベットのへの宗主権を認めるささやきを行っていたから、英国の力がなくなった後混乱だけが残ってしまった。下手をすれば沖縄もそうなっていたかもしれないのである。英国のおかげでインドとパキスタンと中国の間のシッキムは今でも危険地帯である。トルコを追い出し、中東にイスラエル建国を画策した結果が今日の状態である。マクマホンの名前がチベット史でも登場するから、罪作りである。ブラッドビット主演の「チベットの七年間」という映画があるが、「アラビアのロレンス」と同じでこれも欧米史観でできている。

なお、ミャンマーでロヒンギャ難民が問題になっているが、これも、英国が植民地時代にむりやりイスラム教徒をビルマに移住させ、対立をあおる政策をとった結果である。スターリンがとっら民族移住は、これをまねただけであるかもしれない。

イギリスの政策の延長であるから、蒋介石の中華民国もチベットは中国の領土であると認識し、当時の欧米主導の国際社会も認めていた。中国共産党が政権を握ると、アメリカCIAがダライラマに介入し、今日の混乱に拍車をかけることとなってしまった。ダライラマの活動資金がどこから出ているのか情報公開されればひと騒動が起きるであろう。更にはダライラマはオウム真理教の浅原彰晃ともツーショットの写真がインターネットで見ることができるからわきも甘い。ノーベル平和賞も政治的であり、ガンジーの受賞には英国が反対してつぶしているのであるから、中国共産党の行為を批判することも一方的である。

 河口慧海の旅行記を読むまでもなく、そもそもチベットは後進地域であり、農奴制ともおもえる貧しい地域である。一妻多夫が残っているのもその証拠である。イデオロギーはともかく、共産党が主導する西部開発の結果、四川省やチベットでみたチベット族の生活は豊かになっており、日本の田舎が公共事業で潤い政治的に保守地盤が強いことと重なって見える。日本の場合、それでも沖縄では自民党の評価が低いのは、仕方がない。チベット民族が中国共産党を評価できない面があるのと同じである。
 ダライラマが支配を続けていても、今日の中南米と同じようにアメリカの経済支配下では、現在のネパールやブータンと同じく経済発展は難しかったと予想される。時間が経過すればチベットの住民は共産党の政策を受け入れることになるであろう。

 日本のメディアは例によって欧米メディアの情報の垂れ流しであるから、チベット問題の報道は、中国を悪、ダライラマを善とする報道であるが、そんなに単純ではない。ベトナム戦争時の日本のメディアは、ベトコン善、アメリカ悪の報道であったのだが、今ではすっかり嫌中ムードにのっかってしまっている。そうしないとニュースが売れないのであろう。なお、ベトナム戦争終了時、北ベトナム兵がサイゴン入りしたときに、その豊かさに驚いたという逸話も有名である。ハノイでベトナムの役人と会食をしたときに、日本はアメリカに負けて豊かになったが、ベトナムはアメリカに負けなかったからまだ豊かではないと20年前に聞かされた。そしてその話を北朝鮮でもした。北朝鮮もアメリカに負けてはいないからである。アフガニスタンもイラクもアメリカには負けていないといえるのか。まけたのであるが、豊かにはしてもらっていない。治安が悪くなっただけである。ないがよくて何がまずいのかよくわからない話である。物事には見方が二面あるということであり、評価が定まるには時間がかかるのである。

 出発前に次の動画を見た。
https://www.youtube.com/watch?v=uBTqDcnmDVU
実録歴史】いったい正義は誰にあるのか!?悲しすぎるチベット問題の歴史
https://www.youtube.com/watch?v=g0ZsXdmY-pE

これに対して亡命側の動画もある
https://www.youtube.com/watch?v=J054cidpiGQ

ロシア対策で、イギリスのチベットのっとりが講じられる。シッキムチベット条約の二枚舌外交で、宗主権を持つ中国と、独立国チベットを使い分けた。日露戦争の結果ロシアが退くと、
ロシアを頼ったダライラマは亡命した。その一方パンチェンラマは中国を頼った。イギリスは清に賠償金を支払わせて宗主権を認めたのだが、辛亥革命後、シムラ条約でイギリスは再びチベットを独立国とした。マクマホンの活躍である。戦後、中華民国の宗主権を欧米列強は認めた。独立国とは認めなかった。パンチェンラマが台湾に逃げた中華民国によって発見される。
中国と一端締結した条約をダライラマは占いの結果で拒否したが、その背後にはアメリカがいた。1957年、CIAのたくらみでゲリラ活動を開始し、1959年にダライラマは亡命、1972年ニクソン訪中でCIAのチベット計画活動中止した。1974年からダライラマはCIAの資金提供を受けている。毎年18万ドルだそうである。

学術論文としてはチベットはなぜ国家承認されなかったのか 田﨑國彦があるが、動画の方がわかりやすいであろう。
https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:D-i3kMXH6D4J:https://jissen.repo.nii.ac.jp/index.php%3Faction%3Dpages_view_main%26active_action%3Drepository_action_common_download%26item_id%3D373%26item_no%3D1%26attribute_id%3D18%26file_no%3D1%26page_id%3D13%26block_id%3D30+&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

http://bismarks1976.blog92.fc2.com/blog-entry-40.html

ダライラマの伝記を映画にしたものに、「クンドゥン」がある。予告はhttps://youtu.be/D-nOYRCw4zw

関連記事

5月16日 黄土高原を走る 敦煌~格爾木

5月16日朝バスにてホテルを出発。途中3千メートルの峠を越えるが、途中何もない。公衆トイレもあるが汚

記事を読む

1⃣ 7 2018.8.7 RITZ

7日の日 イングランド銀行で古い£紙幣を新札に交換してもらい、リッツに移動。レセプションは意外なほど

記事を読む

no image

『支那四億のお客様』カール・クロ―著 

毎朝散歩コースになっている一か所に商業会館ビルというのがある。この本を出版したのが倉本長治氏のよう

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

[164]2019.10.11~12トンガ ヌクァロファ TBU

https://photos.google.com/photo/AF1QipNhnRVKfiN6s

記事を読む

マダカスカル・アンタナナリボ(145)2019年2月16日~18日  

 機内で入国カードをもらい記入していたのと、ビザをとっていたので、拍子抜けするくらい簡単に入国でき

記事を読む

no image

マラウィ(150) 2019年2月23日~24日 

 どういうわけか、JNBとBLZの往復の分が、直接エアラインにはネットで予約が入りにくく、expe

記事を読む

no image

2019年11月10日 南京(830万人) 

10日朝2時、羽田発のピーチで上海へ、 中国人の利用者の方が多かった。朝上海につき、荷物もなく、

記事を読む

1⃣ 3 2018.8.3~6 エジンバラからロンドンLTN空港 そして Notinghill (映画「ノッティングヒルの恋人」)

ロンドンの空港が多いことを今夏意味を持って体験。ヒースローは勿論、ガトウィック以外にも、ルートン、ス

記事を読む

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑