*

2 2019.10.12 再びブリスベン

公開日: : 海外観光

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl7Tt9uNunytdV_53mt20CWjLvEuy

ようやく搭乗。豪州政府はセキュリティが厳しく、待合室で買った水も持ち込ませないようだ。私も給水機から補給した水を捨ててきた。豪州を出るときに乗ったナウル航空では、確か給水機で補給したような気がするので、乗り込む場合だけなのか。しかしそれではセキュリティの確保は不十分だろう。 ブリスベンまでは、カンタス航空との共同運航だ。値段がフィジーの方が安いので、選んだはずだ。久しぶりに機内食を食べる。これまではビスケットばかりでまともな食事は出なかった。隣の二席が空いていたので、肘掛を二つ跳ね上げソファを簡易ベッドにし、リュックを枕にして仮眠した。それでも二時間弱休めた。考えてみれば、トンガでは4時間たらずしか寝ていないのだから、眠くなるはずだ。 深夜ブリスベン到着。外気はアナウンスでは14度、低い。空港のタクシー乗り場でタクシーに乗ったので安心。ドライバーはインド系の顔立ち。宿をしらないので、スマホをみせる。最初違うところにつれてゆかれた。次に降ろされたところは近くではあったが、ドライバーが指差した宿ではなかった。まあ、地図があったのですぐに宿はわかった。情報どおりのタクシー代は25だが、道を間違えた分よけい。しかし払ってあげた。 朝食付きで約5000円、チェックアウトは十時。パケ放題も無料wifiが使えなくなってから申し込み。事前にメールで知らされていたパスワード1369#で鍵を取り出し部屋に入る。無料wifiのパスワードascot4007も事前に連絡があったが、部屋にも書いてあった。文明国の個室だ。宿にいる間は、パケ放題も不要だ。新潟から大学の話がメールされていた。 朝6時には起床。シャワーを浴びる。朝食はコンチネンタル。つまり卵や肉がない。りんごを二個もらった。

9時半にチェックアウト。朝は人がいた。東洋系の若い愛想の良い女性。鍵を返す。goole mapでは、サウスバンクまで二時間と出る。元気よく出発。個人の住宅が多い地区だが、モーテルも多い。空港に近いからか。でも空港の連絡鉄道が夜遅くまで運行していれば、もっと安いドーミトリーに行く者が増えるだろう。 河岸段丘だから、坂が多い。眺めの良い庭を持った家は素晴らしいが、階段が多く、バリアフリーではない。 横断歩道はワザワザ不便にして。無理な横断をさせないようにしている。道が広いので、途中に安全地帯があるのだが、安全地帯で真っ直ぐ進ませないで、横移動させるように、フェンスを張っている。 都心に入ると、やはり橋をみたくなる。サウスバンクに直接行かないで、川沿いを歩くことにした。昔の税関のあったところを中心にレストランがあり、人が集中していた。若い女性がメニューを配っている。わたしにはくれなかった。可能性のないと思われるものには無駄だから正しい判断だろう。クルーズの乗り場もあり、人手が多いが、少し外れると、閑散としてしまう。 植物園にたどり着く。ネットで紹介されていた日曜市が出ていた。植物園のそばの建物の中の売店で、サンドイッチにコーヒー。久しぶりにインスタントではないコーヒーを飲む。 公園で子犬の縫いぐるみを拾得する。だれか子供が忘れていったのだろう。しばらく待ってみたが、それらしき人は現れないので、保護した。これなら動物検疫には引っかかることはない。 サウスバンクは1988年に万博が開かれたところ。運輸省からも出向者がいた。観覧車がある。シンボルなのだろうが、いまではどこにでもあり、めずらしくもないのか、あまり客はいない。値段表があり、VIPというのがあった。二回転できるみたいだ。 日曜日なので、教会は賑やか。丘の上の通りは教会銀座といった具合だ。ここまでくるとつかれがでてくる。空港までの徒歩はとっくにあきらめていた。途中に無料wifiのスタンドがある。宿を出てからはネット環境になかったのでつなげる。空港までの切符を自動販売機で購入しようとしたが、路線図の国内線ターミナルを何度押しても反応がなく、ついに諦めて窓口で買う。19をカードで。 夕刻四時半に空港に到着、それまでで25000歩。ターミナルは人は多いが、売店などの類は呆れるほどない。一軒だけあった店で、たまごサンドとコーラを買いはらごしらえ。ブリスベン空港は無料のwifiがあり、スピードも早く、何度でも使えるので、goolephotoの処理は終わらせられた。

LCC タイガーエア-

21:20ブリスベン発ダーウィン行きのLCC 。出発時間が近くなってもなかなかタイガーエアのチェックィンの表示が出ないので、様子を見に行くと、臨時のカウンターですでに開始していた。締め切りまでに来ないと受け付けないと表示してあるから、ぼんやりしていられない。国内線だから、本人確認ができれば簡単。深夜便なので通路側を希望したが、エイルシートでは通じない。アイルシートと言わないとだめ。ウェイトチェックはリュックをみて省略。ダーウィン1:10到着で、5:45ディリ行きに乗り継ぎ。水も出ないだろうから、4ドルで購入。深夜便なので、乗客は皆静か。運賃も人により違うのだろう。さすがLCC 満席だ。 四時間ほどのタイガーエアーのフライト。居眠り状態で三時間くらいはねむれたか。ダーウィンは国内外の区別がよくわからず、国際線への通路は閉鎖されていたから、手前のところで仮眠。充電も。しかしチェックィンがすんでおらず、一旦出口で聞いてチェックィンをする。そのためしばらく待った。kiwiの予約では、チェックィンができない。airnorthのアプリをダウンロードするほどでもないから、カウンターで。水は封を切ってないのでOK。改めてairnorthのホームページから電子チェックィンを調べたが、どうも私の予約のはできないみたいだ。帰りのためシンガポール航空のカウンターも同じ列にあったが、こちらは電子搭乗券を入手したので、トランジットで済ませられる。

https://photos.google.com/photo/AF1QipNrpcXbFkheLSzUdaZL_J2NWCKKGS7C-NTnE5yO

https://photos.google.com/photo/AF1QipPQALaMa4dZ1fF7lSF0SyZwwVAN-bvDzNkrS2Ad

関連記事

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

5月19日 ヤムドク湖、チベット民家訪問

19日 https://photos.google.com/photo/AF1QipNpG1SIO

記事を読む

3-➀ 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1QipOlsi4m4MZPEs

記事を読む

久しぶりのアジスアベバはトランジット 

 エチオピア航空手配でトランジット用のホテルに宿泊。当初は空港での野宿のつもりであったから、幸運で

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

平壌、開城、板門店(4)

◎米軍へのこだわりが観光資源にも反映されている。 まず朝鮮戦争。金正恩第一書記になってから建て

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

1⃣ 4 2018.8.5 Isle of Man(120カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipMJgy1f-zslrM

記事を読む

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

no image
錯聴 柏野牧夫

マスキング可能性の法則 連続聴効果 視覚と同様に、錯聴(aud

→もっと見る

PAGE TOP ↑