*

2 2019.10.12 再びブリスベン

公開日: : 海外観光

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl7Tt9uNunytdV_53mt20CWjLvEuy

ようやく搭乗。豪州政府はセキュリティが厳しく、待合室で買った水も持ち込ませないようだ。私も給水機から補給した水を捨ててきた。豪州を出るときに乗ったナウル航空では、確か給水機で補給したような気がするので、乗り込む場合だけなのか。しかしそれではセキュリティの確保は不十分だろう。 ブリスベンまでは、カンタス航空との共同運航だ。値段がフィジーの方が安いので、選んだはずだ。久しぶりに機内食を食べる。これまではビスケットばかりでまともな食事は出なかった。隣の二席が空いていたので、肘掛を二つ跳ね上げソファを簡易ベッドにし、リュックを枕にして仮眠した。それでも二時間弱休めた。考えてみれば、トンガでは4時間たらずしか寝ていないのだから、眠くなるはずだ。 深夜ブリスベン到着。外気はアナウンスでは14度、低い。空港のタクシー乗り場でタクシーに乗ったので安心。ドライバーはインド系の顔立ち。宿をしらないので、スマホをみせる。最初違うところにつれてゆかれた。次に降ろされたところは近くではあったが、ドライバーが指差した宿ではなかった。まあ、地図があったのですぐに宿はわかった。情報どおりのタクシー代は25だが、道を間違えた分よけい。しかし払ってあげた。 朝食付きで約5000円、チェックアウトは十時。パケ放題も無料wifiが使えなくなってから申し込み。事前にメールで知らされていたパスワード1369#で鍵を取り出し部屋に入る。無料wifiのパスワードascot4007も事前に連絡があったが、部屋にも書いてあった。文明国の個室だ。宿にいる間は、パケ放題も不要だ。新潟から大学の話がメールされていた。 朝6時には起床。シャワーを浴びる。朝食はコンチネンタル。つまり卵や肉がない。りんごを二個もらった。

9時半にチェックアウト。朝は人がいた。東洋系の若い愛想の良い女性。鍵を返す。goole mapでは、サウスバンクまで二時間と出る。元気よく出発。個人の住宅が多い地区だが、モーテルも多い。空港に近いからか。でも空港の連絡鉄道が夜遅くまで運行していれば、もっと安いドーミトリーに行く者が増えるだろう。 河岸段丘だから、坂が多い。眺めの良い庭を持った家は素晴らしいが、階段が多く、バリアフリーではない。 横断歩道はワザワザ不便にして。無理な横断をさせないようにしている。道が広いので、途中に安全地帯があるのだが、安全地帯で真っ直ぐ進ませないで、横移動させるように、フェンスを張っている。 都心に入ると、やはり橋をみたくなる。サウスバンクに直接行かないで、川沿いを歩くことにした。昔の税関のあったところを中心にレストランがあり、人が集中していた。若い女性がメニューを配っている。わたしにはくれなかった。可能性のないと思われるものには無駄だから正しい判断だろう。クルーズの乗り場もあり、人手が多いが、少し外れると、閑散としてしまう。 植物園にたどり着く。ネットで紹介されていた日曜市が出ていた。植物園のそばの建物の中の売店で、サンドイッチにコーヒー。久しぶりにインスタントではないコーヒーを飲む。 公園で子犬の縫いぐるみを拾得する。だれか子供が忘れていったのだろう。しばらく待ってみたが、それらしき人は現れないので、保護した。これなら動物検疫には引っかかることはない。 サウスバンクは1988年に万博が開かれたところ。運輸省からも出向者がいた。観覧車がある。シンボルなのだろうが、いまではどこにでもあり、めずらしくもないのか、あまり客はいない。値段表があり、VIPというのがあった。二回転できるみたいだ。 日曜日なので、教会は賑やか。丘の上の通りは教会銀座といった具合だ。ここまでくるとつかれがでてくる。空港までの徒歩はとっくにあきらめていた。途中に無料wifiのスタンドがある。宿を出てからはネット環境になかったのでつなげる。空港までの切符を自動販売機で購入しようとしたが、路線図の国内線ターミナルを何度押しても反応がなく、ついに諦めて窓口で買う。19をカードで。 夕刻四時半に空港に到着、それまでで25000歩。ターミナルは人は多いが、売店などの類は呆れるほどない。一軒だけあった店で、たまごサンドとコーラを買いはらごしらえ。ブリスベン空港は無料のwifiがあり、スピードも早く、何度でも使えるので、goolephotoの処理は終わらせられた。

LCC タイガーエア-

21:20ブリスベン発ダーウィン行きのLCC 。出発時間が近くなってもなかなかタイガーエアのチェックィンの表示が出ないので、様子を見に行くと、臨時のカウンターですでに開始していた。締め切りまでに来ないと受け付けないと表示してあるから、ぼんやりしていられない。国内線だから、本人確認ができれば簡単。深夜便なので通路側を希望したが、エイルシートでは通じない。アイルシートと言わないとだめ。ウェイトチェックはリュックをみて省略。ダーウィン1:10到着で、5:45ディリ行きに乗り継ぎ。水も出ないだろうから、4ドルで購入。深夜便なので、乗客は皆静か。運賃も人により違うのだろう。さすがLCC 満席だ。 四時間ほどのタイガーエアーのフライト。居眠り状態で三時間くらいはねむれたか。ダーウィンは国内外の区別がよくわからず、国際線への通路は閉鎖されていたから、手前のところで仮眠。充電も。しかしチェックィンがすんでおらず、一旦出口で聞いてチェックィンをする。そのためしばらく待った。kiwiの予約では、チェックィンができない。airnorthのアプリをダウンロードするほどでもないから、カウンターで。水は封を切ってないのでOK。改めてairnorthのホームページから電子チェックィンを調べたが、どうも私の予約のはできないみたいだ。帰りのためシンガポール航空のカウンターも同じ列にあったが、こちらは電子搭乗券を入手したので、トランジットで済ませられる。

https://photos.google.com/photo/AF1QipNrpcXbFkheLSzUdaZL_J2NWCKKGS7C-NTnE5yO

https://photos.google.com/photo/AF1QipPQALaMa4dZ1fF7lSF0SyZwwVAN-bvDzNkrS2Ad

関連記事

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

no image

3⃣ 2  2018.8.15 フェズ、カサブランカ泊

https://photos.google.com/share/AF1QipMWth67t8N3_w

記事を読む

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着 エアアスタナでアルマトイに

記事を読む

no image

179 ガンビア BJL

有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き2ページ以上のスタンプの押されていなページがあること)

記事を読む

1-5 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査4 Fusion Auto社 ワールドカップ対策

Fusion Auto社Fusion Auto社は6月14日~8月15日にロシアで開催されたワール

記事を読む

no image

11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日本ではされているが、東方見聞録

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

184 チュニジア TUN 

バルド国立博物館(古代ローマ時代のモザイク芸術からイスラム美術に至るまでの考古学遺物)メ

記事を読む

167 Belize ベリーズ

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリーズ金11:30 8:1511:14 

記事を読む

1⃣ 2 2018.8.2-3 Edinburgh SCOTLAND(119)

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表

記事を読む

no image
ジャパンナウ観光情報協会原稿 2020年3月 コロナウィルスと人流規制

コロナウィルス騒動の中、旅行先のサンサルバドル空港では空港レストラン

no image
183-1 カナリー諸島自治州 LPA

Canary Islands sandstorm: Fli

183-2 カナリア諸島自治州  TFN 

テネリフェ島に世界遺産の街「ララグーナ」  テネリフェ島の

179 ガンビアBLJ資料

目黒区青葉台 セネガル大使館   <必要書類>有効期限が6

no image
179 ガンビア BJL

有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き2ページ以上のスタンプの

→もっと見る

PAGE TOP ↑