*

172-2、3 マイアミビーチ、リトルハバナ 

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

アメリカンは電子チェックインしていたが、シートが自動的に割り当てられる運賃で、真ん中の席になっていた。カウンターで窓側に変更。スマホからだと有料だが、カウンターなら無料。でも、機内で元の席を見ると、両脇とも空席だから、結果的には元の方が良かった。 24時間経ったので、データ通信を切る。機内で時間が来てマナグア行きのチェックインができた。 マイアミ空港に近くなりデータ通信を開始しようとするが、繋がらない。メッセージが出て、アイフォーンソフトのアップデートをしないとダメとでる。アップデートしようとすると、バックアップデータを取れとでるので、帰国してからにした。電話も繋がらないようだ。柱が立っていない。タブレットで24時間使い放題につなげようとしたら、アプリはダウンロードしてあるのに、申し込みがされてないようだ。申し込みしておくべきだった。電話がかけられず申し込みできない。アメリカはセキュリティが厳しく、機内で通信しようとするとトラブルが起きるのかもしれない。ミクロネシア連邦のポンペイオでも、機内ではなかったが、丸一日柱が立たなかったことがあった。

アメリカンは電子チェックインしていたが、シートが自動的に割り当てられる運賃で、真ん中の席になっていた。カウンターで窓側に変更。スマホからだと有料だが、カウンターなら無料。でも、機内で元の席を見ると、両脇とも空席だから、結果的には元の方が良かった。 24時間経ったので、データ通信を切る。機内で時間が来てマナグア行きのチェックインができた。 マイアミ空港に近くなりデータ通信を開始しようとするが、繋がらない。メッセージが出て、アイフォーンソフトのアップデートをしないとダメとでる。アップデートしようとすると、バックアップデータを取れとでるので、帰国してからにした。電話も繋がらないようだ。柱が立っていない。タブレットで24時間使い放題につなげようとしたら、アプリはダウンロードしてあるのに、申し込みがされてないようだ。申し込みしておくべきだった。電話がかけられず申し込みできない。アメリカはセキュリティが厳しく、機内で通信しようとするとトラブルが起きるのかもしれない。ミクロネシア連邦のポンペイオでも、機内ではなかったが、丸一日柱が立たなかったことがあった。
https://photos.google.com/share/AF1QipN50co6-OEeLn_8CKjDVzsIw5yUtZTdUtoFwNbmGRQFtvITcC2DIIZb6I-Maziqcg/photo/AF1QipMYnT4wDDrTx_mOCyMduGWCm2LGnszaSCMJNFPx?key=WHV2T0FubERKempXUnVxTUtwMVZaNjVkUEJldUFR

 案内に従い、無料のムーバーにのり、バスターミナルへ行く。だいぶ待たされたが、サウスビーチ行きの150番が来る。2ドル25セント分のコインをいれる。 CSIマイアミの世界がみえてきた。次に乗り継ぐバスはS番なので、サウスビーチに入ると、その表示が見えたバス停で 慌てておりてしまった。 かなりリンカーン通りまで距離があり失敗したかと思ったものの、浜辺に出ると、まさに距離がある。帰って早めにおりて良かった。CSIマイアミで見たとおりである。 リンカーン通りで菓子パンを買う。コーラと合わせて7ドル。高輪図書館の帰りによく買う菓子パンと同じもの。 S番を待つのだが、方向に自信がなく、運転手にダウンタウンかと聞いて乗車。 クルーズターミナルがみえる。同時に六隻も停泊している姿を見て、たまに一隻入港するだけで大騒ぎしていると、彼らからは軽く見られてしまうのではと思ってしまう。バス車内の座った位置が悪くて写真が良くない。 十一番への乗換タイミング。GPSは機能しており、車内には無料wifiもあるから、ダウンタウンはわかる。でもバスはしょっ中方向を変えるので混乱する。間違えて、降車の紐を引っ張ってしまったが、知らない顔をしていたらそのまま出発。

沢山の人が停留所にいたところで降車。十一番があるが、五十五番でも良さそう。 やはりスマホのデータ通信が使えないと不便。リトルハバナの降り場が正確に分からず、かなり離れたところでおりてしまった。記憶を頼りにGPSで向かうのだが、心配で途中のバーガーキングで食事し、wifiで確認。間違いはないが、だいぶ遠回りしたようだ。食事して向かうと、なんとすぐ向こうに目的のランドマークがある。これならここで食事すれば良かった。ニワトリに道路埋め込み版、ドミノクラブとネットに紹介されているものがある。観光とは、話題の確認でもある。気になってパナマハットの値段を見ると30ドル前後。観光地用の商品だ。リトルハバナは文字通りリトル。一筋しかなく、やはりキューバの規模を反映している。

https://photos.app.goo.gl/nFonvi6Cjiao2FeNA

遠回りしたので明るいうちに宿に到着したい。暗くなってからでは不安。 一本道なので遠く感じるが、朝の散歩が5000歩だから、それほどでもないはずと自分にいいきかせてあるく。しかし、うす暗がりの中、自動車交通量の多い道路を横断するのは怖い。なんとか宿にたどり着いたが、ビルに入れず、管理人は隣のビルと表示、しかし、管理人はいない。人がきたので尋ねると、裏側から入れるという。管理人は にいるだろうというが、行ってみてもいない。別の人が管理人が常駐しない民泊だと教えてくれる。電話が故障していて困ったが、電話番号はあるので、プール脇にいた黒人男性に、彼の携帯からかけてもらう。 しばらくすると、感じの悪い女性が外からきた。部屋に案内。パスポートの写真をとる。ブッキングコムの番号を見せろというので、不思議に思う。明日のシャトルはどうなのかと聞くと、来た時はどうしたのかというので、歩いてきたと答える。乗り場を教えてくれと頼み込むと、渋々案内。入り口脇にあり、バスが来るはずだという。6時から一時間おきに出るという。空港まで15分くらいなので、空港発が20分なのだ。 沢山の人が停留所にいたところで降車。十一番があるが、五十五番でも良さそう。 やはりスマホのデータ通信が使えないと不便。リトルハバナの降り場が正確に分からず、かなり離れたところでおりてしまった。記憶を頼りにGPSで向かうのだが、心配で途中のバーガーキングで食事し、wifiで確認。間違いはないが、だいぶ遠回りしたようだ。食事して向かうと、なんとすぐ向こうに目的のランドマークがある。これならここで食事すれば良かった。ニワトリに道路埋め込み版、ドミノクラブとネットに紹介されているものがある。観光とは、話題の確認でもある。気になってパナマハットの値段を見ると30ドル前後。観光地用の商品だ。リトルハバナは文字通りリトル。一筋しかなく、やはりキューバの規模を反映している。

関連記事

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ編② コンゴ共和国BZV

ブラザビルとキンシャサーは陸上移動ができるので、一体として行程を考えるといい。ABJ、LWF、CO

記事を読む

no image

Oneida Community Mansion House

https://www.bbc.com/reel/playlist/hidden-historie

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

170 Guyane Française パラマリボから日帰りで仏領ギニアのサンローランデュマローニへ

https://photos.google.com/share/AF1QipMPnFlqRCs

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

1⃣ 5 2018.8.6 ➀  ガンジー島(121カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipM1XCFt9PA

記事を読む

5月16日 黄土高原を走る 敦煌~格爾木

5月16日朝バスにてホテルを出発。途中3千メートルの峠を越えるが、途中何もない。公衆トイレもあるが汚

記事を読む

no image

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmek

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑