*

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア、ZARGOZA パンプローナ泊

 

 

バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE3132 サラゴサ14:48着

この列車に、航空会社で水をこぼされた補償にいただいたアダプターを置き忘れてきてしまった。

https://photos.google.com/share/AF1QipPI8oxKb-8WbF7s1non4UIQNXqwVZXfTh5VJFSqvuWzPB072H13jYes0GQgncchsw?key=Tlo5cVdaZTVwal85b2dUS09CZHh4QjFaZDlfUENn
https://photos.google.com/album/AF1QipMLWxKiMpR3YvtCyHgB9JRG5Ia-WYSUAbmcv0kO

サラゴサ人口6万6千

手配した切符はファーストだった、席が取れなかったというより、ネットで注文した時、こちらの方が安方かったような気がする。それにしても一時間半の旅に45ユーロは高い。チケットにコーヒーなどが含まれるようだ。ランチが入っていたのかわからなかったが、隣の御仁が支払いをしていなかったようなきがする。

サラゴサは時間がなかったこともあり、気温も高く、そのうえ駅前少し歩いても検討がつかなかったので、すぐに徒歩をあきらめタクシー。拍子抜けの7ユーロと安かったのであった。
サラゴサ駅には自動券売機があり、事前購入の発券機も存在した。

サラゴサ17:29 Alvia530 2号車5a パンプローナ 19:22着

パンプローナ

サン・フェルミン祭の時の宿代がどのくらいにまで跳ね上がるか、BOOKINGCOM等で調べてみると面白い。秋の行楽シーズンでも1万円以下の宿は10軒近く見つかるが、直近のサン・フェルミン祭の時期は1件だけであり、逆に5万円以上の宿が大半となっている。大掛かりに調べれば面白い研究成果が出るのではと思う。

 

サン・フェルミン祭は、パンプローナで7月に開催される祭礼。バレンシアの火祭り(3月中旬)、セビリアの春祭り(主に4月後半)と並び、スペイン3大祭りのひとつに数えられる。アーネスト・ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』(1926年)で英語圏の人々に知られるようになり、世界的にもっとも有名なスペインの祭礼のひとつである。毎年約100万人の観光客を集める。

祭礼の起源は12世紀初頭に遡る。エンシエロ(牛追い)が有名で、牛追い祭りの別名で知られる。ただし、エンシエロはスペインで闘牛の前に広く行われていた催しで、特にナバーラ州には数多くの祭礼でエンシエロが実施されている。また、イベリア半島には牛が登場する守護聖人祭が多くみられ、これらはキリスト教の侵入以前に存在した雄牛信仰の残存または変容とされている。スペイン人はケルト・イベロ族の時代から雄牛に対する崇拝精神を持ち、闘牛には願掛け儀式的要素が加わった。有能な闘牛士には英雄としての名誉が与えられることも、勇敢さそのもののエンシエロにスペイン人が夢中になった要因のひとつである。

パンプローナの守護聖人である聖フェルミンを称える宗教儀式が起源である。毎年、聖フェルミンの記念日である7月7日をメインの日とし、7月6日の正午から7月14日の24時(15日の0時)までの9日間開催される。ただし7月6日は前夜祭的なスケジュールでエンシエロなどはないため、7月7日からと紹介されることもある。2008年には310万ユーロの予算で開催されたが、世界同時不況の影響により、2012年の予算は95.2万ユーロにまで減少した。

歴史

https://photos.google.com/share/AF1QipOPequ9LPQzP4I1Mi-pPDphNWbQcJxs3kNIlKDR09vadNnG7N2cLJB7_rLmjuacaw?key=OEZIaFVrOXlPSk1fMF9HcjJWR1M4ZW10cm54TDNB
https://photos.google.com/album/AF1QipPkPrnVo5qWDjr7Wui1Cg4g6XeVW5mwmTiWJUAt/photo/AF1QipOfLv9f0Oy9dchuQD5zIrefBK6ilO3ThIJFTlAD

https://photos.google.com/album/AF1QipPkPrnVo5qWDjr7Wui1Cg4g6XeVW5mwmTiWJUAt/photo/AF1QipM8q4g-Cx2lD0rPtAPDsLAFtBabHJlX9DdipY45

関連記事

Manuscript for NPO corporation Japan Now  What was visible from a trip in the southern part of the continent of Africa

From 10th to 27th February 2019, I traveled to 14

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月27日 コルシカ島(フランス解放戦線🏳‍🌈㉟) 

https://photos.google.com/share/AF1QipMAplxu07KV

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ(国連加盟国106か国目)・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2009年7月31日8月1日 オーストリア(国連加盟国46か国目)

ウィーンの森   バッハ渓谷メルク修道院  メルク修道院は、オーストリ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年3月4日 国連加盟国163か国目 スーダン 

2023年3月4日 スーダン行をいぶかしがるチェックインカウンターの

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年9月4日午前 アルジェ カスバ(世界遺産)

  Facebook投稿文 2023.9.4 旅の終わりはアルジェのカスバ 「カスバ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.9.26 ナウル共和国 国連加盟国133か国目(INU)

ナウル到着。 機材が変わることもあり、トラ

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 スペイン バレアレス諸島(イビサ島(世界遺産))🏳‍🌈  ヒッピー、クラブ文化 Cafe del mar Privilege

◎ ライドシェア Spain is notorious for having very str

記事を読む

🗾🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 チームネクスト 石巻市大川小学校被災現場を見る

11月15日、革新的タクシー事業者の集まりであるチームネクスト(概要は人流観光研究所HPに出

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2022年5月8日 シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ

https://photos.google.com/album/AF1QipMGrPlDthFT

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 セントビンセント・グレナディン(国連加盟国184か国目) SVD

2023年3月3日 BGI 7:00

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 バルバドス BGI 

残念ながら世代格差を思い知らされる。21世紀最大の歌姫リアーナ(Ri

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 グレナダ 

GURENADA到着は2度目、一度目はフライトの予約を1日勘違いし

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 2024年3月1日 東カリブ・ドル(East Caribbean dollar)EC・DOLLAR

東カリブ・ドル(East Caribbean dollar)は、東カリ

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 FL MIA、キーウェスト

2023年3月1日 MIAM INTERMODA

→もっと見る

PAGE TOP ↑