*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月20日、21日 コンゴ民主共和国(国連加盟国156か国目)トランジットで二回発着

公開日: : 最終更新日:2023/06/12 シニアバックパッカーの旅

2023年2月21日アルバム

https://photos.google.com/album/AF1QipOOOSv1yuYPZj8SYyMuF3frL_YxSpm6f9IIInqn

 

本命のコンゴ民主共和国首都キンシャサは、コンゴ共和国首都ブラザビルとコンゴ川をはさんで双子都市として存在する。従って両国を同時に訪問することをまず考えたが、それが失敗であった。

コンゴ共和国のビザ取得にはHPに記載がないにもかかわらず、日本の大使館がブラザビルにはないという理由から招聘状を要求された。世田谷にあった大使館職員は親切であったが、やはり役所であった。ビザ取得のため15000円振り込んだ宿は、公的な招聘状のことがわからず、ネットで調べた旅行会社が招聘状を手配しているようだったが、交渉中にその金額を200ドルから300ドルに引き上げ、不信感を持ってしまった。その混乱からコンゴ民主共和国のビザを取得する気がうせてしまい、時間切れになってしまった。残念であるが、空港には2階降り立つことができる予定となった。次回はコンゴ民主共和国だけでも入国し、コンゴ川の船に乗ってみたいと思う。

誰にでも、子供心になんとなく記憶に残っているものがあるだろう。私の場合、ルムンバという名前である。まだテレビはなかったから、映画館でみたニュースか何かで記憶に残っていたのであろう。Youtubeでは「独立の父ルムンバ」と解説している。ルムンバは希少資源のコバルトを国有化した。コバルトがソ連とコンゴでしか生産されていなった時代、それでは不都合なアメリカが、コンゴ国内の内戦をしかけたと解説。そのためルムンバはソ連に接近したが、米国は彼に共産主義者のレッテルをはり、結局暗殺されてしまった。共産主義者ではなかったカストロが、反米だというだけでソ連側に追いやってしまったとされるキューバと似ている。家庭にテレビのない時代であるから、ルムンバの暗殺のニュースを私は映画館で見たのだと思う。ルムンバの後を引き継いだモブツはその後30年間独裁を続け、国名もザイールに変更した。私もザイールの方がなじみがある。モブツはコンゴのレオポルト2世と呼ばれ、天然資源を欧米へ横流しして私腹を肥やしていたようだ。パパブッシュの支援を元に、71年のモブツ来日時は、 天皇陛下が直接羽田空港で出迎えたそうだ。 しかし冷戦終結で用がなくなり、失脚した。そのあとのカビラ政権時、アフリカの第二次世界対戦と呼ばれる内戦が再び勃発。天然資源をめぐり争った第2次コンゴ内戦である。周辺国のルアンダやウガンダは今後の金属資源を持ち出し欧米に輸出し経済発展を遂げている。その一方で、コンゴでは六百万人が犠牲になったといわれている。現在でも、周辺部では紛争が絶えず発生し、BBCはニュースで毎日のように流している。

空からの動画

https://photos.google.com/photo/AF1QipPugLneNKSkr498WHNqGnXc4dqaJ6_2OfzNfONj

旅行準備資料

https://youtu.be/OgGIfIHnHwY

レアメタルがあるのに世界一貧しい?コンゴ民主共和国を解説!【ゆっくり解説】

 

◎イトゥリィーの森(ムブティ・ピグミー)

◎DRC: Gangs of Kinshasa I ARTE.tv Documentary

https://youtu.be/oGHwBPjzE4k

キンシャサーの奇跡 モハメッド・アリ

キンシャサの奇跡は、1974年10月30日、ザイール共和国(現在のコンゴ民主共和国)の首都キンシャサの「5月20日スタジアム (Stade du 20 Mai) 」で行われたプロボクシングWBA・WBC世界統一ヘビー級タイトルマッチの通称。王者ジョージ・フォアマンと挑戦者モハメド・アリが対戦し、アリが劇的な逆転KO勝利をおさめたことからこの名で呼ばれるようになった。

https://youtu.be/55AasOJZzDE

キンシャサの治安は?

2 犯罪発生状況 首都キンシャサでは、「シェゲ」と呼ばれるストリート・チルドレンによるひったくりやスリ、「クルナ」と呼ばれる不良暴力集団による殺人、強盗、恐喝事件等が多発。 特に夜間は、武装グループによる民家や車両を狙った強盗などの凶悪事件も多発しており、軍人や警察官が加害者になるケースもまれではない。

https://youtu.be/dD3ZFQ62Vxc
https://youtu.be/RkpFitVJIkE
https://youtu.be/55IDLDVTloY
https://youtu.be/wxVwEJjmfvk

◎モブツ宮殿が観光資源化しないわけも理解できる

https://youtu.be/43xTvpxWLW4
https://youtu.be/ceGPBqlDW-4
https://youtu.be/coyaVoVkhVw
https://youtu.be/00d_BKP2eA0
https://youtu.be/OlJwDXelMcM
https://youtu.be/3PKZEKXcaQY
https://youtu.be/Eh-bulWtEJA

https://youtu.be/KaPLylJk89w

Kleptocracy(泥棒政治)

https://youtu.be/bfaeoRReTEA
コンゴ共和国ブラザビルをあとに。
コンゴ共和国ブラザビルをあとに。
やがて高層ビルが建ち並ぶキンシャサに到着した。
やがて高層ビルが建ち並ぶキンシャサに到着した
午前11時には市内に入ることができた。船には10分くらいしか乗ってないのに国境越えに2時間以上かかったことになる。<br /> キンシャサの人々の雰囲気はブラザビルと変わらないが街は巨大で迫力がある。巨大な建物がそびえ立ち、大通りがとにかく広くて交通量が半端ではない。黄色い乗合タクシーがひっきりなしに行き交い、まさにアフリカを代表する大都会に来たと感じる。

 

アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がり、アルジェリアに続いてアフリカ大陸で第2位の面積を擁し、世界全体でも第11位の面積を擁する。1997年に国名をザイールから改称した。

その直後、コンゴでエボラが再発、しかも拡大中!<br /><br />赤線内がエボラ発生地域。<br />青線が川下りのルート、1700㎞。<br /><br />エボラなんて冷静に考えれば、そんなに怖い病気じゃない・・・っていうか感染力は低いし、なんてったって、かなり特殊な環境下で発症している。しかし、「他人の自己責任大好き社会」になってしまった日本にあって、「エボラが発生してるコンゴに行く」なんて非常識だ・・・という雰囲気が、参加者の家族や旅行会社に広がってしまうと催行は不可能になってしまうかも。<br /><br />7月に入って「絶対催行しますから費用を振り込んで下さい」との連絡。この時点で参加者は4人。「5人から催行」とあったが、4人でもやるという、発案者兼添乗員、S氏の情熱が伝わって来る。<br /><br />ひとりでもキャンセルしたら催行は中止になる・・・誰も引っ込みがつかない事態。<br /><br />マジでやるのか~・・・と心配しながら、9月9日の出発日となった。<br /><br />
赤線内がエボラ発生地域。
青線が川下りのルート、1700㎞。

エボラなんて冷静に考えれば、そんなに怖い病気じゃない・・・っていうか感染力は低いし、なんてったって、かなり特殊な環境下で発症している。しかし、「他人の自己責任大好き社会」になってしまった日本にあって、「エボラが発生してるコンゴに行く」なんて非常識だ・・・という雰囲気が、参加者の家族や旅行会社に広がってしまうと催行は不可能になってしまうかも。

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

🗾🎒シニアバックパッカーの旅 尾国国次氏と真鶴へ

昨日11月7日急に日ごろお世話になっている向島の尾端さんから電話があり、今日8日真鶴の魚座見学に行く

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(国連加盟国116か国目)・ドシャンべ日帰り旅行

https://photos.google.com/album/AF1QipPYxz9aas9tbj

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.9.26 マーシャル諸島共和国 国連加盟国135か国目 マジュロMAJ 

https://photos.google.com/photo/AF1Qi

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年2月1日 パラグアイ(国連加盟国146か国目) アスンシオン

  日本の国土とほぼ同じ大きさ(日本の1.1倍)、人口は600万人前後

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2009年8月3日 ハンガリー(国連加盟国48か国目)

ブタベストでは、王宮の丘のある高台にある宿から徒歩で川沿いにある温泉に入りに行った記憶がある。対岸に

記事を読む

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記 2016年11月4日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 4日目 配車アプリ関係者ヒアリング

朝ホテルで朝食。そのあと、地下鉄でStonewallに行く。地下鉄のチケットの買い方一つでも戸惑うも

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2017年5月8日 アルバニア訪問(国連加盟国88か国目)  www.sondortravel.com

facebook投稿動画 https://www.facebook.com/shuichi.ter

記事を読む

no image

シニアバックパッカーの旅 訪問済みの国連非加盟国及び自治地域リスト 42か所 未訪問地35

*印は未訪問国、地域 33か所 国連非加盟国 6 *3 バチカン、マルタ騎士団、コソボ、パレステ

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑