*

動画で見る世界人流・観光施策風土記北米編USA・NC 27 CLTシャーロット フランス語 原爆落下

公開日: : 最終更新日:2022/01/05 va旅行usa50州, 海外観光

Amtrak駅はセンターシティー(シャーロット・トランスポーテ―ション・センター CTC)からTryon通りを北東方向に3㎞いったところにある。空港CLTはセンタ―シティの西12㎞にあり、バスで25分。20~30分間隔で2.2ドル 市内を走るリンクスは無料

www.ridetransit.org

アメリカ合衆国:シャーロット(ノースカロライナ州) - 旅行のとも、ZenTech

◎Alcolu(SC) 

George Junius Stinney Jr. (October 21, 1929 – June 16, 1944), was a 14-year-old African-American boy who was convicted, in a proceeding later vacated as an unfair trial in 2014, of murdering two white girls, Betty June Binnicker, age 11, and Mary Emma Thames, age 7, in his hometown of Alcolu, South Carolina. He was executed by electric chair in June 1944, thus becoming the youngest American with an exact birth date confirmed to be sentenced to death and executed in the 20th century.A re-examination of Stinney’s case began in 2004, and several individuals and the Northeastern University School of Law sought a judicial review. Stinney’s conviction was overturned in 2014, seventy years after he was executed, when a court ruled that he had not received a fair trial.





イギリスから独立したアメリカ合衆国当初13州のうちの1つである。南北戦争では南部連合側に最後に参入した。南部連合に属した州の中で最も多くの兵士を失い、苦しい再建時代を送った。タバコと家具の生産地として知られたが、過去50年間でバイオテクノロジーや金融分野など多様な経済に転換してきた。

シャーロット地域では、アミューズメントパークのカロウィンズ、シャーロット・モーター・スピードウェイ、USナショナル・ホワイトウォーター・センター、ディスカバリー・プレースがあり、多くの観光客を呼んでいる。近くのコンコードにはコンコードミルズ・モールとグレート・ウルフ・ロッジがある。

RGH ローリーRaleigh )は、ノースカロライナ州中央部に位置する都市。同州の州都であり、ウェイク郡の郡庁所在地である。また、北はニュージャージー州から南はアラバマ州まで、ピードモント台地の東縁に連なる滝線都市の1つとしても知られている。人口は403,892人(2010年国勢調査)

アムトラックは2018年7月にダウンタウンに開業したユニオン駅に発着する。同駅にはニューヨークとマイアミをローリー経由で結ぶ夜行長距離列車シルバー・スター号が1日1往復、ニューヨークとシャーロットとを結ぶ昼行長距離列車カロリニアン号が1日1往復停車するまた、ローリーとシャーロットを1日2往復運行している昼行中距離列車ピードモント号の東の起点となっている。これらの列車を全てあわせると、ローリーからシャーロット方面へは1日3便(カロリニアン号が1便とピードモント号が2便)、ニューヨーク方面へは1日2便(カロリニアン号とシルバー・スター号が1便ずつ)、フロリダ方面へは1日1便走っていることになる。

ゴールズボロ(Goldsboro)は州都ローリーからは南東に55マイル (88 km)に位置している。市内にはシーモア・ジョンソン空軍基地があることで知られている。1961年、B-52爆撃機が空中分解し、ゴールズボロの北12マイル (19 km) のファロの村に3.8メガトン原子爆弾2発が落下した。B-52爆撃機が空中で異常を起こし、乗組員が機体から脱出した後に、Mark 39爆弾2発はB-52から脱落した。どちらの爆弾も起爆のために必要なステップの多くが実行に移されていたが、爆発までには至らなかった。爆弾の1つは回収された。2発目の爆弾の多くの部分も回収されたが、ウラニウムを含む紛失した部品は湿った土の中深く沈んだと考えられ、回収できなかった。残骸が残る土地は空軍が買収し、別の用途で利用されたり、掘削が行われたりしないようにした。

アムトラックの駅はシャーロットの中心街の北東約2.5km付近にある。シャーロット駅にはシャーロットとニューヨークを結ぶ昼行長距離列車カロライニアン号が1日1往復、シャーロットとローリーを結ぶ昼行中距離列車ピードモント号が1日2往復発着する[50]ほか、ニューヨークとニューオーリンズを結ぶクレセント号が北行、南行とも1日1往復停車する。

シャーロットの主な公共交通機関は、シャーロット地域交通システム(CATS)が運行している路線バス網である。同局の路線バス網は、アップタウンから放射状に市内を広くカバーするローカル、高速道路を経由してアップタウンと郊外都市を結ぶエクスプレス、郊外を走るコミュニティバス、アップタウンを通らず市内の各地区を結ぶネイバーフッド・シャトルからなり、あわせて70系統を有する。また、この路線バス網に加えて、CATSはリンクス(Lynx)というライトレールも走らせている。リンクスは2018年現在、市北東部からアップタウンを経由して市南西部へと向かう全長19.3マイル(31.1km)のブルーライン、ダウンタウン南東部を走る全長1.5マイル(2.4km)のゴールドラインの2路線が運行されている。

シャーロットCharlotte)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州南西部に位置する都市。同部有数の世界都市。人口は731,424人(2010年国勢調査)で同州最大、全米でも第17位である。メクレンバーグ郡を中心に11郡にまたがる都市圏は2,243,960人、2つの小都市圏を加えた広域都市圏は2,402,623人(いずれも2010年国勢調査)の人口を抱えている。シャーロットは南北カロライナの文化の中心地でもあり、市内には美術館や博物館、劇場などの文化施設が集中している。また、変わったところでは、シャーロットはNASCARの聖地として知られている。シャーロットやその近郊にはNASCARのスプリントカップ・シリーズに参戦するチームのほぼ全てがファクトリーを置いているほか、市内にはNASCAR殿堂が立地している。

南北戦争後、金に代わってシャーロットに地域経済の発展をもたらしたのは綿織物であった。それまでシャーロットやその周辺で生産された綿花は、紡績・加工のために北へと運ばれていたが、1880年、シャーロットに初めての綿織物工場が建てられた。この工場に雇われたのは70人で、そのほとんどは、綿糸を洗浄し、紡ぎ、織り、衣服を縫う女工であった[15]。やがて1890年代から1900年代にかけて、シャーロットには大規模な綿織物工場が次々と建てられ、シャーロットは綿織物産業の一大中心地へと発展した]。1910年の国勢調査では、シャーロットは人口34,014人を数え、州都ローリーをしのいで州内最大になった

シャーロットの金融機関は、その淵源こそ19世紀末から20世紀初頭にたどることができるものの、全米を代表する金融センターへと成長したのは20世紀後半に入ってからのことである。1874年にシャーロットで商業銀行として開業したコマーシャル・ナショナル・バンクを前身の1つとするノースカロライナ・ナショナル・バンクは、1960年代まではノースカロライナ州内に限定して事業を展開していた一地方銀行に過ぎなかったが、ヒュー・マッコールが1974年に社長に、そして1983年にCEOに就任すると合併と拡大を繰り返し、1991年にネイションズバンクへ、そして1998年に全米第2のバンク・オブ・アメリカへと成長した。

2000年代前半にはバンク・オブ・アメリカと双璧をなしていたワコビア(現ウェルズ・ファーゴ傘下)のシャーロットにおける淵源は、1897年に設立されたシャーロット・ナショナル・バンクと、1908年に設立されたユニオン・ナショナル・バンクにたどることができる。前者は1939年に、当時ウィンストン・セーラムに本社を置いていたワコビア・バンク・オブ・トラストに合併され、後者は1958年に、アシュビルやダーラムの銀行と合併してファースト・ユニオン・ナショナル・バンクになった。

世界金融危機直前の2006年には、この両行をはじめとした、シャーロットに本社を置く金融機関の総資産の合計は1兆7000億ドルにのぼり、ニューヨークに次ぎ、3位のサンフランシスコ以下を大きく突き放して、シャーロットは全米第2の金融センターとしての地位を確立していた。

金融業の成長に伴って、市は高い成長を遂げてきた。1970年に241,420人であった人口は、1980年には315,474人、1990年には395,934人、2000年には540,828人、そして2010年には731,424人と、40年間で3倍に膨れ上がった。しかしその一方で、2007年以降の世界金融危機の影響で大量の失業者を出しており、2010年代以降の成長については未知数である。

◎CRESCENT号

◎年季奉公と奴隷

年季奉公者として入ってきたイングランド系移民の大半は、その片道旅費を払うために一定期間労働者として働く契約を結んだ者達だった。初期には年季奉公者とアフリカ人奴隷あるいは労働者の間の線引きは流動的だった。奴隷制度が終身のものになる以前にその自由を許されたアフリカ人もいた。独立戦争前にノースカロライナで作られた自由有色人家族の大半は、自由白人女性と奴隷または自由アフリカ人、あるいはアフリカ系アメリカ人男性との結合あるいは結婚によるものの子孫だった。母親が自由なので、その子供達も生まれながらに自由だった。多くの者はバージニア植民地から移ってきた者か、その子孫だった。イギリスの経済状態が改善され、植民地に移ってくる年季奉公者の流れが減少してくると、多くの奴隷が輸入されるようになり、奴隷制度に対する規制が厳しくなった。経済の成長と繁栄は奴隷労働力に基づいており、まずはタバコの生産に振り向けられた。

Billy Graham

From Wikipedia, the free encyclopediaJump to navigationJump to searchFor other people with similar names, see Bill Graham.

The Reverend
Billy Graham
Graham in 1966
Personal
BornWilliam Franklin Graham Jr.
November 7, 1918
Charlotte, North Carolina, U.S.
DiedFebruary 21, 2018 (aged 99)
Montreat, North Carolina, U.S.
Resting placeBilly Graham Library
ReligionChristianity (evangelical Protestantism)
SpouseRuth Bell​​(m. 1943; died 2007)​
Children5, including Anne and Franklin
DenominationBaptist
EducationFlorida Bible InstituteWheaton College
ProfessionEvangelist
Signature
ChurchSouthern Baptist Convention[1]
Senior posting
ProfessionEvangelist
Websitebillygraham.org
President of Northwestern College
In office
1948–1952
Preceded byWilliam Bell Riley
Succeeded byRichard Elvee
President of the Billy Graham Evangelistic Association
In office
1950–2001
Preceded byPost established
Succeeded byFranklin Graham

William Franklin Graham Jr. (November 7, 1918 – February 21, 2018) was an American evangelist, a prominent evangelical Christian figure, and an ordained Southern Baptist minister who became well known internationally in the late 1940s. One of his biographers has placed him “among the most influential Christian leaders” of the 20th century.[2]

As a preacher, he held large indoor and outdoor rallies with sermons that were broadcast on radio and television; some were still being re-broadcast into the 21st century.[3] In his six decades on television, Graham hosted annual “Crusades“, evangelistic campaigns that ran from 1947 until his retirement in 2005. He also hosted the radio show Hour of Decision from 1950 to 1954. He repudiated racial segregation[4] and insisted on racial integration for his revivals and crusades, starting in 1953; he also invited Martin Luther King Jr. to preach jointly at a revival in New York City in 1957. In addition to his religious aims, he helped shape the worldview of a huge number of people who came from different backgrounds, leading them to find a relationship between the Bible and contemporary secular viewpoints. According to his website, Graham preached to live audiences of 210 million people in more than 185 countries and territories through various meetings, including BMS World Mission and Global Mission.[5]

Graham was a spiritual adviser to U.S. presidents, and he provided spiritual counsel for every president from Harry S. Truman (33rd) to Barack Obama (44th).[6] He was particularly close to Dwight D. EisenhowerLyndon B. Johnson (one of Graham’s closest friends),[7] and Richard Nixon.[8] He was also lifelong friends with another televangelist, the founding pastor of the Crystal CathedralRobert Schuller, whom Graham talked into starting his own television ministry.[9]

Graham operated a variety of media and publishing outlets.[10] According to his staff, more than 3.2 million people have responded to the invitation at Billy Graham Crusades to “accept Jesus Christ as their personal savior“. Graham’s evangelism was appreciated by mainline Protestant denominations, as he encouraged those mainline Protestants who were converted to his evangelical message to remain within or return to their mainline churches.[11][12] Despite his early suspicions and apprehension, common among contemporaneous evangelical Protestants, towards Roman Catholicism, Graham eventually developed amicable ties with many American Catholic Church figures and later encouraged unity between Roman Catholics and Protestants.[13] As of 2008, Graham’s estimated lifetime audience, including radio and television broadcasts, topped 2.2 billion. Because of his crusades, Graham preached the gospel to more people in person than anyone in the history of Christianity.[10] Graham was on Gallup’s list of most admired men and women a record 61 times.[14] Grant Wacker writes that by the mid-1960s, he had become the “Great Legitimator”: “By then his presence conferred status on presidents, acceptability on wars, shame on racial prejudice, desirability on decency, dishonor on indecency, and prestige on civic events”.[15]

関連記事

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 河南省・中牟 官渡古战场

鄭州汽車客運東站から中牟行のバスは長蛇の列、次から次へ人を押し込んで行きます。大きな荷物を

記事を読む

no image

Curacao、Aruba 2月15日~16日

BBCで密輸の報道をしていた Venezuela Extends Blockade on Dutc

記事を読む

no image

va旅行 中国編(総括)

https://youtu.be/izAck6SfQrc https://yo

記事を読む

ナミブ砂漠ツアー (147) 2019年2月19日~21日

(動画 初日1、2) https://photos.google.com/album/AF1

記事を読む

no image

『韓国の下流社会』 安昌村、鯵ヶ沢村黒森

カヴァーや表紙を見ると、「著 シンシアリー・室谷克実・宝島取材班」と書かれており、しかもシンシ

記事を読む

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

PAGE TOP ↑