*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月18日 ジュネーブ~アブダビ(アラブ首長国連邦🏳‍🌈㊴) 

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 シニアバックパッカーの旅

ジュネーブホステルは24時間オープンなので安心だが、グーグルはいつものラストワンマイルでまよってしまい、電話すると、近くの人に聞いてくれと言われる。夜中の12時だが、若者がいるから不思議。なんとかなった。大きな看板も出ており、きちんと位置が示されれば非常にわかりやすいのだが、少しでもズレていると迷ってしまう。

このホステルは一泊43スイスフラン、高い。食堂は大きく、朝食はビジネスホテル並み。若い人だけでなく、年輩者も多かった。ジュネーブは宿泊料が高いからホステルも利用されるのだろう。

ホステルの場合、深夜に部屋に入るのは気を使う。指定された下段にはだれかがすでに就寝。仕方がないので上段によじ登る。ろっかー、トイレを含め全て、カードで開閉。ベッドは良しとして、ロッカーもベッド使用者が使っている。カード番号が合わないからだろうか、ロックしていなかった。代わりに彼のロッカーを使おうとしてもカードが合わないので使えない。面倒だからベッドに持ち込んだが、私のロッカーを締めてしまったから、彼はどうやって荷物を取り出すのか、考えてしまう。

ベッドの中で、エティハダ航空のチェックインと日本政府登録をしたが、後者はうまくいかなかった。

翌朝食事前に再度日本政府への事前登録に挑んだ。予備のスマホにはアプリをインストールしておいたので、ネットに繋ぎ、なんとか完了。航空機の座席まで記入。ワクチンパスポートの詳細まで聞いてきたのは日本政府だけ。他は空港従業員がチラ見する程度。それでいて、ワクチンパスポートの特権を認めないのも日本政府だけ。他国はワクチンパスポート保持者はおおでを振って出入国させている。宣誓書を書かせるのも日本だけ。EUも似たような仕組みがあり、私もネット入力して登録したが、結局一度も聞かれなかった。各国の役人は、EU官僚が面倒な仕組みを押し付けやがってとでも思っているのかもしれない。

ジュネーブの出国係官、昨日きてもう出て行くのかと質問。日本に帰るには陰性検査を受けなくてはならないので、昨日パリにいたのだと説明すると納得したような顔。

パリからスマホに届いた陰性証明書

ジュネーブのホステル(朝写す)

     

朝のジュネーブの風景

 

 

 

 

旅行準備資料(ジュネーブ用)

A Charming Walking Tour of Old Town Geneva Switzerland (with map) |  TouristBee
City Map of Geneva

 

◎2022年5月18日アブダビ

エティハダ航空の機内は真冬。アラブ産油国の人は、冷房をガンガン効かせるのがご馳走なのだと、聞いたことがあったが、長袖を出す。機内は閑散としたもので、ビジネス席の方が混んでいるのではと思う。

アルプスを越えて、アラブ首長国連邦の一つ、アブダビへ。機材トラブルで、出発が遅れた。石油公団出向時代、アブダビから帰国した職員がいて馴染みのある言葉だが、ドバイ、カタールとの区別はつかなかった。カタールではわざわざ一泊したが、見せるものは、ドーハの悲劇と呼ばれたサッカー場などと少なく、現地ランドが苦労したくらいだった。ドバイは早朝着の夕刻出発の散策でめぼしいところは回れる。アブダビもプロモーションビデオを見る限りドバイと区別がつかず、いずれも砂漠の中にできた超近代都市、サステイナブルを言うなら真っ先に否定されるはずだが、誰もその存在を否定しない。物流、人流を考えると、東洋、西洋、アフリカをつなぐ位置にあり、重要拠点。

機内映画、スピルバーグのウエストサイドストーリーをみたが、中学生の時に見たナタリーウッドやジョージチャキリスのイメージが強すぎて、馴染めない。その時に知ったのがプエルトリコ。

出発の遅れをカバーしたものの、ターミナル内の移動に時間をとられ、ラストコールの段階だった。アブダビ空港はそれなりに大空港だが、ドーハ、ドバイと比較するとかなり見劣り。エミレーツやカタール航空の施設は眼を見張るものであり、ゴールド会員の待合室は、ホテル並みの食事と休憩設備が整っている。(ただし、ドバイのLCC用のターミナルは、出稼労働者で溢れかえり、施設も華美ではなかった) 旅程を組むときに、下手な宿泊施設を利用するくらいなら、ドーハ、ドバイのトランジットを大いに活用した方が賢い。それに比べてアブダビは見劣りがするから、運賃も安いのだろう。ジュネーブ東京が五万円だから、個人で支払う者には有難い。

それでも本日の東京便は少ない。だからか、空港の一番端にスポットがあり、ターミナル内も随分と歩かされた。日本政府の方針の煽りを食らっている。 座席は予想どおり、三人がけを一人で利用できた。

facebook投稿文

19日のEY878に搭乗しました。私はロンドン往復でしたが、帰路アブダビで15時間待ちということで市内に出かけました。
小さな漁村がドッグイヤー的な変容を遂げるうちに、わが国は相対的に衰退していると感じました。

関連記事

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018.8.11 バスク(🏳‍🌈㉒自治区) パンプローナ、サン・セバスチャン、ビルバオ

 〇パンプローナ サラゴサ17:29発パンプローナ19:22着 Alvia530 2号車5

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月27日午後 トルクメニスタン(国連加盟国166か国目)NISAの要塞(世界遺産)

事前資料   https://youtu.be/kpQIxNwtZfo &nbs

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流・観光施策風土記 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア(国連加盟国73か国目)・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月25日午前 アッシジ

2013年4月25日 アッシジの民泊へ               遠方に見えるアッシジ↑

記事を読む

no image

🗾シニアバックパッカーの旅 2018年12月14日7限 アジア太平洋大学大学院講義、翌日は鉄輪温泉から空路で帰路に

運輸省同期で国連にも勤務していたT教授の計らいで、アジア太平洋大学の大学院生にTourism in

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 中東・バルカン旅行を終えて(まとめ・未定稿)

〇一人当たりGDP とりあえず訪問国の、2016年IMFと2015年国連の一人当たりの名目GDPの比

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年3月6~8日 カタール・ドーハからケニア、タンザニア(航空)航空の欠航でエンテベへ  

  GOOGLEPHOTO アルバム 長いドーハ滞在からナ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ② 5月18日、19日朝 ラオス(国連加盟国76か国目)ビエンチャン

父親の遺言を果たすため、ミャンマー旅行を計画。折角なので両親が二人で最後の海外旅行をしたラオスも回る

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月19日~5月18日 独、仏、伊、土、チュニジア旅行 出発1日前(4月18日)

◎ JALのマイレージ期限切れを回避するため、昨年末に旅行計画。いくら何でもゴールデンウィーク前

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑