*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラウンジの規模は普通ではない。朝食会場では、ウェイターが注文を聞きに来るくらいの規模。サンドウィッチがうまかった。専門家がつくるものはちがう。ラストコールでバスに乗り込んだが、周りは二、三人というところ。エンテベで大半が降りる。搭乗は無い。カタール航空は路線権がないだろうから途中からの搭乗はできない。
空から見るビクトリア湖は巨大だ。アフリカ内陸の昔の人は、これが海だと思っただろう。本物の海だってどうなっているか知識がなかっただろうから。地理学の概念が出来て、今日の風景観が出来たことを思い出した。なお、ビクトリア湖の水はしょっぱかった。怖かったが、意を決してエンテベで帰りになめてみたから間違いはない。

ビクトリア湖

ビクトリア湖


キガリ到着。久しぶりに両替をした。両替の人にホテルまでタクシーはいくらかと聞くと8000だという。タクシーに乗るとドライバーは一万だという。メーターは無いが運賃表を持っていた。地名がわからないから、一万で納得した。
空港タクシー

空港タクシー

ホテル・デミルコリン、やはりワクワクする。車の下まで鏡で調べているから、セキュリティに気をつけているようだ。ルームサービスのステーキがタクシー代と同じくらいだったのでビールでも飲むかと考えた。しかし、ホテルで風呂に入ると急に疲れが出る。ベッドで休み、目がさめると8時。もうそのままねることにした。虫除けクリームをたっぷり塗る。匂いがきつい。だから蚊もよってこないだろう。電気ベープもホテルそなえつけのものがあった。
朝4時に起きる。さすがに空腹。

IMG_4561 

ホテルルアンダことデミル・コリン

ホテルルアンダことデ・ミル・コリン

朝食が6時からはありがたい。でも白人旅行者は早起きだ。プールで黒人が二人と白人が一人泳いでいる。カササギが見える。朝食はしっかりたべた、オムレツにソーセージ。今日は移動だけの日だから、機内食だけになりそうだ。
 これからバードウォッチングを兼ねて、記念館までウォーキング。スマホの威力だ。道中Wi-Fiがなくても、行きはキチンとログが残っているのか間違いなく目的地に案内してくれる。帰りは接続を切っているので、地図と現在位置だけ。それでもありがたい。ただ、大きな施設の場合、入り口を間違えると、一周してしまうことがあり、最後の段階での糠よろこびは、精神的にこたえる。一万六千歩の往復は山坂道のアップダウンがありつかれた。現在のスマホではアップダウンまではわからないが、GOOGLE・MAPはいずれ解決するだろう。

起伏のあるキガリの街並み

起伏のあるキガリの街並み

 
露天商の女性

露天商の女性

記念館は説明が中心で、一部頭蓋骨などもあったが、大量のものは、別の博物館にあるようだ。アーカイブはここにあるみたいだが、みることができなかった。別の地域の虐殺の説明コーナー、日本の南京やマニラの虐殺が出てないか気になるところ。コソボ、アルメニア、ナチス、カンボジアなどが展示。歴史認識と虐殺の刺激を観光としてどうとりくんでゆくのか、整理が必要と感じた。

虐殺記念館

虐殺記念館

 
頭蓋骨に傷がある

頭蓋骨に傷がある


キガリの子供たち

キガリの子供たち


11時、スコールがあり、涼しくなる。空港までタクシーを呼んでもらう。来る時1万だったので同じだろうと思い確認しなかったら、到着時1.5万という。来る時と何故違うのかわからなかったが、ホテルがはねているのかもしれない。結局一万だった。ちょっとドライバーに気の毒だった。残っている8000をドルに両替したら、12ドルだった。
セキュリティでやはり水は没収。双眼鏡まで調べていた。珍しいのだろうか。そういえば、モンゴルの学生もそうだった。小さい空港ほど厳しいのは税務署と同じか。機内で新しいボトルを手にいれたので、ナイロビの空港では、ロビーが使えなくても、これで大丈夫。
ナイロビでは、タラップをおりたら、トランスファーサービスの係員がプラカードを持っていた。声をかけ案内してもらう。チェックインカウンターで、キリマンジャロが見える席をおねがいしたら、明日の便のボーディングカードまでくれた。ナイロビ空港は横に広い。搭乗口まで相当ある。キガリでは中国人とは出会うことはなかったが、中国人かとは聞かれるので、やはり多いのだろう。ナイロビ空港では中国人を多く見かける。

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

186 Sao Tome and Principe サントメプリンシペ(TMS)

人口16万人 1700ドル サントメ・プリンシペは1975年の独立当初は中華人民共和国を承

記事を読む

no image

170-2 Belém ベレン 

https://photos.google.com/photo/AF1QipNLldgVNWY8

記事を読む

Future of Battlefield-tourism, including Mongolia

China and Russia  Even in just two weeks of Mon

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

ガーナ(140)入国・アクラからロメへの陸路の道中 2019年2月11日~12日  

ラゴスからアクラに向かう。アフリカワールドエアラインは、列が少なく、チェックインも簡単だっ

記事を読む

no image

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmek

記事を読む

no image

170-3 São Paulo 

https://photos.google.com/share/AF1QipOoynuo

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

no image
QUORA 戦前の財閥ってどれくらいお金持ちだったんでしょうか?具体的に分かるように説明していただけませんか?

そのジニ係数は――あえて国際比較を行うと――大土地所有者と彼ら以外の

no image
保護中: quora 知られていない歴史上の出来事の中には、知る価値のあるものがあるのでしょうか? 第二次世界大戦後に行われた米兵による日本の民間人への大量レイプである。

以前にもこれについて書いたことがあるが、その程度や実際に如何程酷かっ

no image
QUARA コロナ対処にあたってWHO非難の理由にWHOの渡航制限反対が挙げられていますが、これをどう思いますか?

渡航制限反対は主に「中国寄りだから」という文脈で語られています。しか

no image
Quora イギリスが中国にアヘンを売ったのは有名です。あるイギリス人の言い訳が、アヘンを売り始めた頃中国には麻薬の売買を禁止する法律が無かったから問題ない。これ真実ですか?それにしても犯罪者の理屈ですよね?Asakawa Kozo 

イギリスが中国にアヘンを売ったのは有名です。あるイギリス人の言い訳が

no image
Quora  漢字が日本に来た頃、日本に中国語を話す人はいたのでしょうか?漢字は書き言葉ですが、漢字すなわち古代中国語を話す必要性は日本にあったのでしょうか?蔡 鸟 (Cai Niao),

漢字が日本に来た頃、日本に中国語を話す人はいたのでしょうか?漢字は書

→もっと見る

PAGE TOP ↑