*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラウンジの規模は普通ではない。朝食会場では、ウェイターが注文を聞きに来るくらいの規模。サンドウィッチがうまかった。専門家がつくるものはちがう。ラストコールでバスに乗り込んだが、周りは二、三人というところ。エンテベで大半が降りる。搭乗は無い。カタール航空は路線権がないだろうから途中からの搭乗はできない。
空から見るビクトリア湖は巨大だ。アフリカ内陸の昔の人は、これが海だと思っただろう。本物の海だってどうなっているか知識がなかっただろうから。地理学の概念が出来て、今日の風景観が出来たことを思い出した。なお、ビクトリア湖の水はしょっぱかった。怖かったが、意を決してエンテベで帰りになめてみたから間違いはない。

ビクトリア湖

ビクトリア湖


キガリ到着。久しぶりに両替をした。両替の人にホテルまでタクシーはいくらかと聞くと8000だという。タクシーに乗るとドライバーは一万だという。メーターは無いが運賃表を持っていた。地名がわからないから、一万で納得した。
空港タクシー

空港タクシー

ホテル・デミルコリン、やはりワクワクする。車の下まで鏡で調べているから、セキュリティに気をつけているようだ。ルームサービスのステーキがタクシー代と同じくらいだったのでビールでも飲むかと考えた。しかし、ホテルで風呂に入ると急に疲れが出る。ベッドで休み、目がさめると8時。もうそのままねることにした。虫除けクリームをたっぷり塗る。匂いがきつい。だから蚊もよってこないだろう。電気ベープもホテルそなえつけのものがあった。
朝4時に起きる。さすがに空腹。

IMG_4561 

ホテルルアンダことデミル・コリン

ホテルルアンダことデ・ミル・コリン

朝食が6時からはありがたい。でも白人旅行者は早起きだ。プールで黒人が二人と白人が一人泳いでいる。カササギが見える。朝食はしっかりたべた、オムレツにソーセージ。今日は移動だけの日だから、機内食だけになりそうだ。
 これからバードウォッチングを兼ねて、記念館までウォーキング。スマホの威力だ。道中Wi-Fiがなくても、行きはキチンとログが残っているのか間違いなく目的地に案内してくれる。帰りは接続を切っているので、地図と現在位置だけ。それでもありがたい。ただ、大きな施設の場合、入り口を間違えると、一周してしまうことがあり、最後の段階での糠よろこびは、精神的にこたえる。一万六千歩の往復は山坂道のアップダウンがありつかれた。現在のスマホではアップダウンまではわからないが、GOOGLE・MAPはいずれ解決するだろう。

起伏のあるキガリの街並み

起伏のあるキガリの街並み

 
露天商の女性

露天商の女性

記念館は説明が中心で、一部頭蓋骨などもあったが、大量のものは、別の博物館にあるようだ。アーカイブはここにあるみたいだが、みることができなかった。別の地域の虐殺の説明コーナー、日本の南京やマニラの虐殺が出てないか気になるところ。コソボ、アルメニア、ナチス、カンボジアなどが展示。歴史認識と虐殺の刺激を観光としてどうとりくんでゆくのか、整理が必要と感じた。

虐殺記念館

虐殺記念館

 
頭蓋骨に傷がある

頭蓋骨に傷がある


キガリの子供たち

キガリの子供たち


11時、スコールがあり、涼しくなる。空港までタクシーを呼んでもらう。来る時1万だったので同じだろうと思い確認しなかったら、到着時1.5万という。来る時と何故違うのかわからなかったが、ホテルがはねているのかもしれない。結局一万だった。ちょっとドライバーに気の毒だった。残っている8000をドルに両替したら、12ドルだった。
セキュリティでやはり水は没収。双眼鏡まで調べていた。珍しいのだろうか。そういえば、モンゴルの学生もそうだった。小さい空港ほど厳しいのは税務署と同じか。機内で新しいボトルを手にいれたので、ナイロビの空港では、ロビーが使えなくても、これで大丈夫。
ナイロビでは、タラップをおりたら、トランスファーサービスの係員がプラカードを持っていた。声をかけ案内してもらう。チェックインカウンターで、キリマンジャロが見える席をおねがいしたら、明日の便のボーディングカードまでくれた。ナイロビ空港は横に広い。搭乗口まで相当ある。キガリでは中国人とは出会うことはなかったが、中国人かとは聞かれるので、やはり多いのだろう。ナイロビ空港では中国人を多く見かける。

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記10 人流を考える

今回の旅行は、ワンワールドのマイレージを使用した10日間の自己手配旅行であった。この行程ではビジネス

記事を読む

167 Belize ベリーズ

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリーズ金11:30 8:1511:14 

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

 ③ 19日 80か国目の国ミャンマーへ

ミャンマーは時差がバンコクの三十分おくれの変則。飛行機から見る川はマレー半島部にあるのでイラワジ川で

記事を読む

no image

ビキニ島における核実験

アメリカのタブーな黒歴史は何でしょうか? ビキニ島における核実験です。第二次世界大戦の時日本

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

北中米旅行記⑥ ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

no image
コロナ後の日本観光業 キーワード 現金給付政策を長引かせないこと、採算性の向上、デジタル化、中国等指向

今後コロナ感染が鎮静化に向かうことが期待されているおり、次の課題はコ

no image
ネット右翼を構成する者 メディアが報じるような「若者の保守化」現象は見られない

樋口直人は『日本型排外主義』の中で、大部分は正規雇用の大卒ホワイトカ

no image
ヴァーチャル旅行 太平洋編 総括表 訪問地域が6か所(AKL、PPT、RAR、ICP、IUE、POM)

5月20日木TYO21:15JQ12AKL 機中泊5月21日金OOL

no image
 Quoraへの回答 コロナの感染リスクが高まることを承知でGoToキャンペーンを行っていた政府の意図は何ですか?Teramae Shuichi, 人流観光研究所長(観光学博士)

コロナの感染リスクが高まることを承知でGoToキャンペーンを行ってい

no image
ヴァーチャル旅行 ロシア編 ヤクーツク

◎ヤクーツク概要 サハ共和国の首都。レナ川に面する河港を持つ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑