*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年8月29日 ムンバイの昼 洗濯場、ヒンドゥ教の祭り、スラム街観光 

公開日: : 最終更新日:2023/06/12 シニアバックパッカーの旅

 

朝食後、ホテルの勧める観光タクシーを利用。空港までの北側を周る。四時間で3200ルピー。まず有名な洗濯場へ。橋上から見渡せる場所がある。小さな女の子が算数のドリルを道端でしていた。次にイスラム寺院のハージアリ。海の中にある。ここから見るムンバイは高層ビル群が見えて近代都市。アラが見えない。門前を形成する観光土産店は、注意してみないと日本人にはヒンドゥ寺院と区別がつかない。偶像禁止だから人形はないが、子供用のおもちゃ人形は構わないみたいだ。次に日本山妙法寺へ。日蓮宗。わざわざ本堂をあけてくれたけど、ヒンドゥ教の町内会の祭りに出くわし、そちらに気を取られてしまった。最後にムンバイ最大のスラム街ドラビにゆく。二百万人が暮らしている。ドライバーも今は別のスラムに住んでいるという。妹がドラビにいるらしい。前にバーナラーシに行った話になり、ドライバーの父親の故郷もバーナラーシだと話が弾んだ。カラチに行くというと、カラチには世界最大のスラムがあるという。ムンバイのスラムも10年もすれば変化すると思う。蟻の街や山谷も変わったから、同じだろう。

 

空港についても、インディゴからボーディングパスが届かなかったので、カウンターでうけとった。アウランガーバードまで一時間、六千五百円。LCCとネット旅行会社の組み合わせは、安い場合には、多少のリスクは仕方がない。

洗濯場

https://photos.google.com/photo/AF1QipPNXwjWFEh3Di6o9Y_E0-QXxHlzPaNC0aIlnANk

イスラム寺院

https://photos.google.com/photo/AF1QipPGGScTtVatVnPwFEvsBKhH6-cYoioYRruV2jWI

 

日本山妙法寺

 

ヒンドゥー教

https://photos.google.com/photo/AF1QipPbxar9vGIcMzdt3spa2v4zG4tPIz6KdHhSYYd1

https://photos.google.com/photo/AF1QipNN3bUsBnO-tvup9-shoSODbUVDX3OG6CX81voY

 

https://jinryu.jp/blog/wp-admin/post.php?post=16405&action=edit

https://photos.google.com/photo/AF1QipNI9QaGOKgoxfhYWYUo59AWKFN_C46s3fXI_A5Y

https://photos.google.com/photo/AF1QipPghyiDyRj1qNFVLljzgAYL9OzUnMkSdIVv3y6D

スラム街

寺前のGoogleフォトアルバム版

https://photos.google.com/album/AF1QipP5vTs74nDuthj7brnzx0_LEQOvbMFzPECSuvGr

以下旅行前準備資料

昔のムンバイの風景

https://youtu.be/NMAniRDfE9E

ムンバイの観光

◎日本山妙法寺

https://youtu.be/AJVTfn6gHE0

https://youtu.be/tPo5Ll9urT8

http://mumbai-japan.in/29.html

 

 

http://yu-blog-from-mumbai.blogspot.com/2014/04/japanesetemple.html

https://museindia.typepad.jp/library/2011/05/buddha.html

◎ダーク・ツーリズムの再構築 スラムtour ダラヴィスラム Dhravi

https://www.viator.com/ja-JP/tours/Mumbai/Bollywood-Studio-Tour-with-Slum-and-City-Tour/d953-16387P11

VIATOR 一人2500円 英語 2,3時間 Veltra 一人だと150ドル 英語、毎日催行、午前中4時間 3000円というのもある

映画のロケ地にもなったムンバイのスラム街。個人ではなかなか行くことが難しい地域を現地ガイドがご案内。日本と全く異なる暮らし、インドの濃い部分に触れる体験は一生の思い出。日本での暮らしを顧みる貴重な体験となるはず。

◎インドのスラム街をグーグルのデジタル住所が変えている

Slum dwellers in India get unique digital addresses

2011年の国勢調査によると、インドには10万8000のスラム街があり、6500万人の住民が暮らしている。国連の2014年の推定によると、2050年までに、インド都市部の人口は他のどの国よりも速く増加するとみられているが、スラム街の拡大速度は都市の拡大速度を上回っている。

エレファンタ石窟群

 

インド門 (ムンバイ)

◎ドービー ガート

ドービー ガート
ドービー ガート

マハラクシュミ駅のそばからよく見える。 駅からすぐの陸橋のところがビューポイント。テラスのようなところから見渡すことができる。市内にはほかにも洗濯場があるが、ここが最古・最大の洗濯場

◎ホーリー祭り

 

ホーリー祭はインドを中心に春の訪れを祝うお祭りですが、現在ではカラフルな色を付ける新鮮さから、世界でもカラーパウダーを使用したイベントが開催されマラソンや フェスティバルなどで見かけるようになってきました。しかし、インドで行われる本場のホーリー祭は、インドの神話を信仰したヒンドゥー教のお祭りで、普段カーストで縛れられている身分制から解き放たれる意味合いもあり、インド人にとっても深い意味のあるイベントです。インドに来た際には、ホーリー祭で普段の縛りから解放されるインド人と共に、楽しく騒いでみてはいかがでしょうか

◎ 高速鉄道ムンバイアーメダバード

「日本人は嘘つきだ」インド人が新幹線で大激怒!その理由とは?….#暮らし https://share.buzzvideo.com/al/rUecsSUS

 

関連記事

no image

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周 旅計画と旅支度

シニアバックパッカーの旅支度 1 バックパッカーの利点は男子一人旅           二人以上

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ⑨ ジャパンナウ観光情報協会9月号原稿 ミャンマー散骨旅行記(2)

ヤンゴンはこれから高度経済成長期を迎える。1970年初めて渡った時の香港に感じが似ていた。宿泊したホ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月15日~17日 チュニジア(国連加盟国149か国目)チュニス

2022年5月15日   https://photos.google.com/al

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 リベリア(国連加盟国179か国目)空港のみ

https://youtu.be/aw7tVvKcjVU &nbs

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2017年5月11日 コソボ五輪5(🏳‍🌈⓫国連未加盟)5時間の旅

マケドニアのホテルにメールをしたら、150ユーロで空港送迎+コソボ往復を引き受けてくれた。ドライバの

記事を読む

no image

🗾🚖 2017年7月22日 チームネクスト 柳川 北原白秋は文化勲章を受けていない

2017年7月22日柳川を初めて訪れた。水郷柳川として、西鉄が大牟田線の旅客誘致に力をいれてきたとこ

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月29日 サレルノ~列車航送~シチリア・パレルモ

パレルモまでは9時間弱、今回の旅行では珍しく一等車。早割で40€弱。変更不可。海側座席がどれか、進行

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 5月6日 マルタからイタリア・ボローニャ

マルタ、サンマリノの旅の動画 https://photos.google.com/search/_

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェック

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.9.26 マーシャル諸島共和国 国連加盟国136か国目 マジュロMAJ 

https://photos.google.com/photo/AF1Qi

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 セントビンセント・グレナディン(国連加盟国184か国目) SVD

2023年3月3日 BGI 7:00

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 バルバドス BGI 

残念ながら世代格差を思い知らされる。21世紀最大の歌姫リアーナ(Ri

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 グレナダ 

GURENADA到着は2度目、一度目はフライトの予約を1日勘違いし

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 2024年3月1日 東カリブ・ドル(East Caribbean dollar)EC・DOLLAR

東カリブ・ドル(East Caribbean dollar)は、東カリ

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 FL MIA、キーウェスト

2023年3月1日 MIAM INTERMODA

→もっと見る

PAGE TOP ↑