*

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックアウトを頼んだ。ワイルドSafariドックの迎えを待つが、案の定、来ない。頼んでおいたブレックファーストボックスをくれるので、自分で頼むものだとわかる。ホテルはちゃんと覚えてくれていた。二十分経っても来ないので、タクシーを頼む。四百ランドだという。乗車後、ドライバーは夜間だから五百ランドだという。350しかないので、あとは米ドルにした。ワイルドドックの提示した金額とさほど変わらないので問題はないが、早朝なので、タクシーがつかまらなかったら大変、フロントにワイルドドックのエリに車が来なかったと伝えてと頼む。名前は知っていたようだ。 空港で不足を米ドルで払う。古いお札は嫌がる。 車はランドオペレータに頼んだ方がいいと判断したのだが、ホテルに依頼した方がいいと反省した。VIATORに告げ口するほどのことでもないが。

 空港で チェックイン。プリントアウトが必要だった。スマホをかざすだけというのは、ヨハネだけか。カウンターは結構な列。多分そんなに時間はかからないのだが、きがせいた。ゴールドカードがあり、それを見せると、ビジネスカウンターがつかえ、ならばなくてすんだ。ついでにマンジニ往復のチェックインも済ませ、ボーディングカードをもらう。全日空に年会費1万円以上を納めているおかげだ。 ラウンジで一休み。座席もアップグレードされていた。車はこなかったが、これであいこか。

ヨハネスブルグは、トランスファーは2回目で余裕。ゲート24は便利な場所。しかし、子会社のエアリング利用者は南アフリカ航空のラウンジが使えないといわれた。ボーディングパスにはゴールドナンバーが書いてあるので尋ねると、マイレージには参入するが、ラウンジはダメということ。明日の帰りは、SA本体でブランタイヤにむかうのだが、明日はほとんど時間がない。乗り換えが厳しいくらいだ。まず、マンジニでチェックインしておかないと不安である。 搭乗バスには、東洋系男性五人、女性が二人あと十黒人。最後に白人三人が乗り込んできた。さらに誰か遅れているらしく待たされていると、白人女性と黒人男性が乗り込んできた。前のフライトのおくれか。出発時間まではまだ余裕がある。

ヨハネスブルグ空港には、今回の旅行では6回立ち寄ることになる。南アには入国したことがあるので、今回は入国しないことにした。注意力が散漫になることもあるし、HPを読めば読むほど、元気がなくなるからである。以下南アのHP。

最新の犯罪統計(2016年4月~2017年3月)によれば,殺人,強盗,傷害,性犯罪等の身体に直接係わる犯罪(コンタクト・クライム)の発生件数は,前年比で2.4%減少しましたが,殺人については, 1日あたりの発生件数は殺人52件,同未遂50件と高い水準が維持されています。凶悪強盗(6.4%増)及びカージャック(14.5%増)は増加が顕著です。強盗の増加率を手口別に見た場合,一般住宅を狙った侵入強盗が最も多く,次いでショッピングモール等における屋内強盗,カージャックの順に多く発生しており,2012年以降増加が続いてます。カージャックの急増(同14.5%増),凶悪犯罪の増加は,南アフリカ国民だけでなく,日本人を含む外国人の生活,治安を直に脅かすものとなっています。

関連記事

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

北中米旅行記④ 11月8日 ケイマンからキューバ入国

◎ブルーマウンティン  キングストンからハバナ行のカリブ航空の航空運賃は183ドル。これに税金負荷

記事を読む

承前 中国東北地方 「中東鉄道(東清鉄道)」調査目的 中東鉄道の主要ノードにおける産業遺産保護の現状を理解すること

研究期間:2017年11月17日11月24日 研究都市:Manzhouli、ハルビン、Suifen

記事を読む

173 NICARAGUA ニカラガ 

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8B%E3%

記事を読む

2⃣ 4  2018.8.11 バスク(125)パンプローナ、サン・セバスチャン、ビルバオ

 〇パンプローナ サラゴサ17:29発パンプローナ19:22着 Alvia530 2号車5

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

2-➀ 2018年9月13日 モスクワ→モルドバ共和国(130)、沿ドニエストル共和国(131)、ウクライナ(132)オデッサ、キエフ

12日のレセプションの後、GETTで配車予約をして仮眠をとった。ガイドさんの話ではGETTの

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

アフリカ人以外の人々は皆、ネアンデルタール人の遺伝子を持っている。

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度

→もっと見る

PAGE TOP ↑