*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2014年8月9日~12日 平壌、開城、板門店(2)

公開日: : 最終更新日:2023/06/13 シニアバックパッカーの旅

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨーロッパ人もちらほら、彼らは1週間は滞在するのであった。

道中、農村風景が広がり、灌漑工事が行われた結果、今では農業地帯になっているということ。農村風景はすっきりしており、経済が発達してもこの風景は観光的には守ったほうがいいと金さんに話をする。理解してもらえたか自信はないが。

金さんは民族が分裂してる状態を見せるのは残念であるというので、観光にはダーク・ツーリズムという分野があり、スラム等を見せることも観光の種類にあると説明しておいた。広島の原爆ドームやアウシュビッツ収容所もその分類であると観光学の講義。そこで自論の人流に話もあわせて行う。人流観光研究所のホームページも紹介しておいたが、北朝鮮で見れるのかはわからない。

NORTH torea 030

買い物客でにぎわう土産物店。アメリカの経済制裁でカードが使用できなくなったとのこと。以前は使用できたとのこと。

中国人が羊角島国際ホテルでカジノをする場合、どうしているのであろうか。クレジットではなくデビットカードである銀嶺カードであれば問題がないのか一度勉強しておく必要がある。

NORTH torea 044NORTH torea 038

青い建物は休戦ラインの上にたてられている。向こうに見えるのが韓国。観光客が出てくる建物は休戦協定が結ばれた場所。中国人観光客が少なくなった時をみはからって写真をとってもらう。

◎開城は古都であり、2013年に世界遺産登録されたとのこと。ここで、日本の桂離宮や正倉院が世俗の世界の判断である世界遺産に登録されていないことの説明をする。北朝鮮であれば、日本人よりは理解がしやすいと思ったからである。

NORTH torea 056NORTH torea 059

(成均館 両脇に天然記念物の大銀杏)      (博物館 家畜と比較した奴隷の値段)

儒教の影響は社会主義国家の北朝鮮でも大きく結婚だとか教育には大きな影響を保持していることが察せられた。夏休みだが、一生懸命、子供の勉強を見ている母親の姿が公園で見受けられた。司馬遼太郎氏の説である、本場の中華より朝鮮に儒教の影響がより強く残っていることを伝えると、インテリの二人のガイドさんは同意している感じであった。なお、日本にも奴隷は存在し、東南アジから南米にまで売られていったことを説明すると驚いていた。

 

◎交通事情

NORTH torea 090NORTH torea 116

トロリーバスはメンテナンスが行き届いているのであろう。路面電車も含めてよく動かしていると感心。地下鉄もノスタルジアを感じさせる趣がある。観光資源としては上手く保存すべきであろうが、経済が発展すると消えて無くなるのであろうか。

金さんは計画経済のことをよく理解していて、車はすべてどこかの機関に所属していて、国家が計画的に分配しているので、交通混雑にはならないとのこと。衣食住はすべて国家が面倒をみ、教育もただで受けられる社会であると強調していた。大学進学率は短大等を含めると3分の1程度とのことであるからかなりの高学歴社会である。貧しい時代の日本が教育に力を入れていたことを思い出し、複雑な気持ちになる。

日本では、幸福度のことを持ち出すときに、必ずブータンを例に出すが、旅行で垣間見たブータンは貧しく、決して幸せ度が高いとは思えなった。ブータンに比べれば、北朝鮮のほうが進んいるような気がした。

観光とは他と違うということを強調するのであれば、北朝鮮、キューバのように、計画経済体制をとことん追い続けることも一つの方策かもしれないと感じるから不思議である。つまり我々は資本主義が万能でないこともわかっており、今のところ資本主義を上回る方策がないから採用しているということである。経済規模の小さい北朝鮮やキューバがそれなりの成果を示すのであれば見守ることも必要ではないかと思えてくるから不思議である。

NORTH torea 149NORTH torea 150

羊角島ホテルの地下に設置されたカジノ。入口にはスロットルマシンが置いてあった。

外国人といっても中国人用のカジノであり、規模はあまり大きくない。中は撮影できなかったが、ルーレットとカードの台があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記 北中米旅行記② 2016年11月6日 バハマ(国連加盟国80か国目)諸島・ナッソー カジノ立国

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haはジ

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2013年12月17日、18日 遼寧省旅順、大連

◎崔英華中国東北財形大学准教授の案内で大連を視察 JALの特典航空券を活用して大連、旅順を旅行。中

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 キプロス(国連加盟国70か国目)🏳‍🌈❾北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 マリ共和国(国連加盟国181か国目)BKOからダカールへ

  https://photos.google.com/album/AF1QipMC

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 フランス・ポルトガル(国連加盟国23か国目)(1999年8月22日~29日 国土庁長官随行 )

国土庁長官官房審議官時代に、関谷長官の海外視察の同行をする。関谷勝嗣建設大臣兼国土庁長官は、政治的に

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2003年 中国⑹遼寧省 大連アカシア祭り ⑺山東省 曲阜 済南 青島 ⑻上海市 (未定稿)

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1QipM-qLnPhRG99s

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑