*

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

サンモリッツ
人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津町とほぼ同じであるが、オリンピックも開催し世界的知名度は抜群である。珍しく雨が降り、足も痛かったのでタクシーに乗る。少し乗っただけだが14ユーロは割だかであるものの、今回は高いと思わなかった。悪条件の下宿を探す元気がなかったのである。しかし宿にはシャトルバスがあることを後で知った。泊まった宿も部屋には風呂がないが朝食込みで一万円見当である。SPAがあり、サウナにはぎりぎり間に合う時間にチェックインできた。途中でバスローブを見につけたおばさんがサウナに入ってこようとしたが、私が入っているのを見て中止してくれて助かった。

https://photos.google.com/share/AF1QipOFzLEQN7mTFPf_iXz_EM8tllajUq5jE-nN5_ZlUB7wjymQN8bJPQX2AR4_bS2A9Q?key=Z3FIXzIxYllORUd1c0JrUkhQLUNCMU1CX3p6QkhR

ネットの説明
サンモリッツは、スイスのグラウビュンデン州にある基礎自治体 。日本ではフランス語での名称であるサンモリッツの呼称が定着しているが、現地ではドイツ語話者が多いためザンクト・モリッツと称される。 公用語はドイツ語とロマンシュ語であり、ロマンシュ語ではSan Murezzanと表記される。昔より温泉地として知られたが、本格的な観光地化が進んだのは、庶民の間に旅行が定着する19世紀後半以降である。特にイギリスにリゾート地として知れ渡ることになり、1859年、サンモリッツに最初のホテル(クルム・ホテル)が開業。その後はウィンタースポーツの地として徐々に発展していった。多くのスイスの都市が観光産業に着目して発展していくが、サンモリッツはそのさきがけとしての役割を果たしたといえる。19世紀末には市街電車も開通し、20世紀よりゲレンデの本格的整備も進められた(スイス初のリフト設置もサンモリッツである)。サンモリッツは、第2回の冬季オリンピックを1928年に開催した。その後、第二次世界大戦後の1948年にも2度目の冬季オリンピックを開催している。

そういえば郷里の加賀山中温泉も、山中漆器の一人ろくろ回し機械を考案した新家熊吉が、ロンドン博覧会で自転車を見て、これなら漆器制作技術で対応できるとおもい、自転車のリム生産を始めたくらい、新進気鋭の人物を生み出す地域であったから、私が子供の頃、山中スキー場にロープウェイが敷設されたことがある。人口規模でいえばサンクトモリッツに引けは取らないのであるが、いかんせんイギリスからは遠かった。今では跡形もない。クルムホテルよりもはるかに老舗の創業800年のよしの屋も湯快リゾートにわたってしまった。

レーティッシュ鉄道
9:39 ベルニナ特急 12:00

https://photos.google.com/share/AF1QipPUGFeB7mQi63xbVut6cY_cPnfWORrH_jpSsFCpebgT4MD9QDzVCtJyig2yZuu9Qg?key=WG1CbWY3aDlzbE05alcweDZ0bV96bjZUa2lYVkN3

ベルニナ特急も日本人には人気。箱根登山鉄道がプレートを寄贈し、チラーナ駅に飾ってあった。しかし、世界にヒトは青蔵鉄道の方がより感激はするであろう。チベット鉄道は小田急を相手にしてくれないかもしれないが。

ティラーノ
  バス   14:20   17:30 

https://photos.google.com/share/AF1QipNqq7cdvhtnmwmHtR75ktH1FbvVANzexPXPoZ44jDRNiGDFdH8msmf1VEWcFgDpMw?key=T2liekxoM3gtOTl2VzVxdms4ZDd2QTdET3JsM3d3

ベルニナバスは乗り場が鉄道駅とは逆の方にひっそりとある。観光案内所で聞いて分かった。バスは3時間の長旅だが退屈はさせない。ほとんどがイタリア領のコモ湖沿いを走る。最後のところだけがスイスのルガーノである。湖地帯だけど日本を上回る海洋性レジャー地帯である。

ルガーノで鉄道にのる。地図だけではわからなかったがルガーノも湖畔からみてかなりの高台にあり、徒歩で見て回れるところではなく、一足はやい列車に切り替える。ダイヤの見方がなれなくて困ったが、偶然ルガーノ・ベルン間だけの時刻が出ている表をつけ、飛び乗った。乗り換えはやはりルツェルンである。居眠り帽子用にスマホに警音を設定。途中でゴッタルトトンネルを抜ける。全長15km。

結論

総じてスイスは湖が多い、坂が多い、物価が高い。ホームレスは一人見かけた、スイスフランは街での交換では、ユーロと等価、坂の割に自転車が多い。
鉄道は網目 つまり谷筋に敷設、トンネルが多くなる。
運輸省記者クラブにいた毎日新聞の福原氏がジュネーブ特派員時代のことを書き出版した『黒いスイス』という本がある。金持ちスイス人の嫌な面を描いたものだが、街であったおばあさんは皆親切であった。今では、外国人労働者をピンハネしている日本人の方が余程黒いと思われる。

関連記事

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

コモロ連合(146)2019年2月17日

 ビザは青葉台のセネガル大使館で取得。3千円。コモロ滞在時間が少ないので、ビザは事前に取得した。短

記事を読む

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

no image

よそ者としての「tourist」の語感

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44312894

記事を読む

北中米旅行記➀ 2016年11月5日~6日 アンティグア・バーブーダ

◎ JFK空港   チームネクストの調査を終え、一足先にJFK空港まで地下鉄で向かった。駅で切符を

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 4

24th August We went back to Tsuagan'noru. We we

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

5月19日 ヤムドク湖、チベット民家訪問

19日 https://photos.google.com/photo/AF1QipNpG1SIO

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑