*

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

ベルン

ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物館に変身していた。
加賀市民病院は駅前にある。駅前に病院はもったいないなどという見識の人もおり、計画に見直しをかけてしまった(大きな変更はなされなかったが、見直しをしたということで計画に尽力された金沢大学医学部等の医師の信頼を損ねてしまった。)が、その点ベルン市民は賢明であった。勿論比較するほど加賀市民病院は大きくはないが。

https://photos.google.com/share/AF1QipNWDpEB1K3Z3UcQIMPoyi1S8dP-QfSYEo7rPMzwu3tbltjtdgJvSN0aIIwiFlhiFw?key=SWl2amRlTWxxejRXcUxfUWE0SkVtcF9zMTlSUHVB
https://photos.google.com/share/AF1QipOrfsLZ5K9B_BOBK8VxZVRee45z8efXqXotl2QML32brOlHfK2jOAbErZ5Wp3CKfA?key=YXN2a2J5NEh2bjM2SzM0emVTdXVKVm94R3dMaUhR

町ぐるみ世界遺産になっている理由が街を歩くと分かる。全体が調和がとれているのである。歴史がそうさせたのであろう。日本では適当なところはないが、九頭竜川の根っこの勝山は、浄土真宗の街として大いに栄えたという(現在発掘調査中)。下流の水を支配し、天然の要塞になったからであるが、沖積平野での稲作が盛んになってからは相対的に地位が低下してしまった。もしそのまま残っていれば、大変な街になっていたのであろう。

https://photos.google.com/share/AF1QipMcvVU9zD4WVruQ1uY1wRvSqyvalbUJiQpo55U4aLdeeTdKKzNLxTWvrQfEVGYDXg/photo/AF1QipOl0zmw4m1DnwVRXve4y6l0fDfKL7-RjVwx0Ty_?key=R2hyLVAwMzJ0emNVdlVvWGpIeWpVNE4xcW9wdnRn

アインシュタイン博士が我々と同世代の人間だと後世のヒトは思うであろう。時空がゆがむという発想は、非ユークリッド幾何学の発展を土台にしている。流れるように感じる時間もフィクションで、人間が理解しやすいように作り上げられたもので、実は空間と同じように流れてはいないそうだ。それはビッグバン等の極限状態になればわかるという。人工知能にも新しい基礎数学の発展が必要であるとか。同世代の人がいるのか期待したい。

https://photos.google.com/share/AF1QipMZBE4OMbe9mkY6e3FLhfahvRgkg-PG-xURKB6kv9UbdKgGfs8twbAavUclqtoUgA/photo/AF1QipOOKlpIiw2hHDcU4kup3wbVbyZtmqEn-LGviA7I?key=VGhJdExDLUpybkdHa2lqeHJrWnBUajZrNkFFMnhR

ローザンヌには職業ホテルスクールがある。中心部から離れており、つてもないので訪問しなかったが、ここも坂の街である。オリンピック博物館のある湖畔まで徒歩でゆき、逆にローザンヌ大聖堂まで徒歩で上ったが、かなりきつかった。駅までの帰りは下り坂、メトロのエレベータを利用して階段代わりに使ったが、面白い。空港に行くとき、ジュネーブに途中下車、30年ぶりだが、ほとんど記憶になかった。

ヒースローに11時頃到着、JALの出発は朝の9時半。早朝便で乗り継ぐには時間が不足し、前日ヒースローに到着していないと、乗継は保証されないからだ。しかし、ヒースロー空港のチェックインを2時間前に行うとなるとロンドン市内を6時には出ないと間に合わず、忙しい。それなら、5時からのエアラインラウンジを利用したほうが良いと考え、トランジットで第5ターミナルから才3ターミナルに移動した。第3ターミナルで係員が、EU国籍とアメリカ国籍のパスポートを持っている者の入場を拒否していた。大勢の高校生が一度英国に入国させらていた。私は日本国籍なので第3ターミナルに入れてくれた。ターミナルで仮眠をする場所を探したが、係員がラウンジ7に行けという。全員ラウンジ7で仮眠。しかも朝の4時ころには起こされてしまった。マドリッドと異なり、24時間体制になっていないから、5時の始発まで閉鎖する前提なのであろう。仮眠していたのはアジア系の利用者ばかりであった。それでもホテルに行って宿泊し、移動するよりも体は休まった様な気がする。モンゴル山奥での野宿体験が生きてくる。5時になったのでJALのラウンジに行きゆっくりした。

訪問国・自治地域は、大甘に勘定すると129か国・地域になった(香港、マカオ、台湾、チベット、北キプロス、サイパン、プエルトリコ、キュラソー、ジブラルタル、ケーマン、マン、ジャージー、ガーンジー、グアダルーペ、チベット、バスク、カタルーニャ、スコットランドを含む)

今回の旅行の歩数 https://photos.google.com/album/AF1QipPEEQbzRKMdZ8fNC_qePVzAOareJNs_944e7h-s

関連記事

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

中国とロシア  たった二週間のモンゴル旅行でも、ソ連と中国の影響をいたるところで感じた。大学時代第

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

ネットで見つけたチベット論

立場によってチベットの評価が大きく違うのは仕方がないので、いろいろ読み漁ってみた。 〇 200

記事を読む

アフリカ大陸中南部旅行 2019年2月10日から27日まで           旅の始まりはドバイ、次いでナイジェリア(139)ラゴスのトランジット旅行 2019年2月11日 

 ワンワールドのマイレージが10万マイルたまった。JALと共同運航しているエミレー

記事を読む

⑤ 2016年5月21日 ゴールデンロックツアー

5月21日ネットで申し込んだVELTRAのツアー  昨日が五時だったから、六時のガイドの迎えは楽に

記事を読む

no image

杭州 人口918.8万人一人あたりGDP 約170万円

抗州東から地下鉄4号線で。ブランドショップが立ち並ぶ四角から、西湖が見える。人工湖だという

記事を読む

no image

よそ者としての「tourist」の語感

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44312894

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑