*

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。

タシュケントは、ウズベキスタンの首都。ウズベキスタン北東部、シルダリヤ川の支流であるチルチク川の流域に位置する歴史的なオアシス都市。 都市名はテュルク語で「石の町」という意味である。人口: 237.1万。ランド会社が手配してくれたタクシーで宿まで直行。ホテル代がブッキングコムでは90ドルだったが、116ドルだという。税込みのはずだったが大した金額ではないのでカードで支払う。宿の住所とブッキングコムがGoogle mapに表示する場所が違い、これにはまどわされた。ブッキングコムの入力ミスだが宿も確認していないのだろう。

ウズベキスタンホテル等タシケントの中心部を散策した。ホテルでもカードは使用できなかったが、両替商が入居していたので20ドル交換し、コーラを買って飲んだ。おいしかった。Uzbekistan大学法学部の建物、ギリシャ正教教会等を散策。その帰り、暗くなっていたので、みちにまよってしまった。Google地図が頼りにならないとわかっていたので、道を聞き、記憶を頼りにもどった。記憶はたよりないもの。宿のカードがないとカウンターのかかりがいうのでもらわなかったが、帰ってみて、別の係員に聞くとホテルカードは存在した。お互いの英語が悪かったのだろう。

部屋のセイフティーボックスが壊れている。翌朝係員にクレームをつけておいた。ボスに話するとは言っていたが、結局修理されなたっか。

後日このマラカンダパレスホテルについて、いつものようにブッキングコムが評価を求めてきたので、地図、価格、金庫、掃除の四点をつたえたところ、早速受付停止になっていた。地図が理由だとすると、ブッキングコム自体の問題でもある。

関連記事

[160]2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

2-⑦ 2018年9月19日 ウズベキスタン・サマルカンド見学

https://photos.google.com/share/AF1QipOoPParuqdfCo

記事を読む

no image

3⃣ 2  2018.8.15 フェズ、カサブランカ泊

https://photos.google.com/share/AF1QipMWth67t8N3_w

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 2

20th August In about four hours, beyond the mou

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

5月22日 チベットからの帰国後のこと

〇ヒマラヤ登山 機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山

記事を読む

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

Message

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑