*

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(国連加盟国116か国目)・ドシャンべ日帰り旅行

公開日: : 最終更新日:2023/06/15 シニアバックパッカーの旅

https://photos.google.com/album/AF1QipPYxz9aas9tbjq0DsZAVOYkypxyBNAAf5Mvd51K

朝のアルマトイ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPECq-eY4LEGeSDqYyIhp2UqeU3Wz0JBEhNlxet

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張り巡らされている。道には駅の売店みたいなものがあり、便利にできている。朝の11時の飛行機に乗るためには8時に出なければならないという。食事を急いで作ってくれた。ホテルで作っているのではなく出前であるから、部屋だしであった。シャトルといってもタクシー。昨夜迎えに来てくれた運転手かもしれない。機嫌が悪そうであった。300で送ってくれた。

 

 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOyHH8dYoWtoQLDMN78hw2dcTsb_gqDHMqIQLP6

https://photos.google.com/photo/AF1QipNbq1a7utcCm69jAseSaHJfPzWtbvw68KwFueJ1

タジキスタンについては、BBCによればタジキスタンで観光客がISに襲われたようだ。
https://www.bbc.com/news/world-asia-45009816
Tajikistan has struggled with poverty and instability since the former Soviet republic became independent in 1991. It had declared 2018 a “year of tourism”, AFP news agency said.

https://photos.google.com/photo/AF1QipNbq1a7utcCm69jAseSaHJfPzWtbvw68KwFueJ1

https://photos.google.com/photo/AF1QipNXXUaJ2DjBzponsm_P0NM5DAvCI3dnl2cwkzDt

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZDa85yQyx270OX4xExUU2gK7gJWuBjPrN1S45

https://photos.google.com/photo/AF1QipNSIOovAxSrD-_g-twu_th0mNGsQaqXEb7iKPIn

https://photos.google.com/photo/AF1QipN5sKIPAKt42RkmvzpXYKYd3eFcsT54WLz-h9vH

https://photos.google.com/photo/AF1QipPsm8o5Fz5vG31TlaLq91CH0sHTzb-XDD_ivmJU

//photos.google.com/photo/AF1QipN1-rE_2ujFFGo90qeIbugnAx9Sc_zw5cp3DCT_

https://photos.google.com/photo/AF1QipPhd4Tu6x7ehC5IxWUMjIRvRg9ETTOel2bw6txS

https://photos.google.com/photo/AF1QipNsw12IBj1ygLfWlDmmnYXuuwdj9Uu7Tr5m7iyZ

https://photos.google.com/photo/AF1QipNhD-kWJ0LPieWbY-w5eyyWdY-Z68mWmzK-RaOH

タジキスタン

 タジキスタンは人口700万人、一人当たり名目GDPは800ドル、中央アジアで最も貧しく、GDPの4割は海外からの仕送りである。そのなかでも山岳地帯のゴルノバダフシャン自治州は特に貧しく、半数の世帯が出稼ぎ労働をしている。日本人もビザがいる。電子申請で入手できるe-VISAである。宿泊先は勝手にSAVARにしておいたが空港で万が一聞かれたら、答えられるようにしておかないといけない。

 ドシャンベ空港に到着するとき、機内からタミル高原はどれか探したがわからなかった。中国、パキスタン、アフガニスタンと国境を接しているので、治安も良くないのだろう。両替しなかった。現地通貨がないのだから、歩くしかない。スマホに地図のログを残しておいたので、それを頼りに、公園までめざす。 Google地図に建物が出ていない。そのわけは、政府機関だからのようだ。スターリン建築のパレードである。しかも工事中のハリボテも目立つ。 タクシーはモスクワ仕様が中心。 カードが使えないのはこの前までの日本の田舎と同じ。空港でもダメ。スーパーでつかえた。水と食べ物を購入。両替は機械だけだが両替機はこりごり。タクシーに乗って銀行に行かないとダメといわれた。警官の制帽は幅が高く威厳を持たせるが、どこかの国と似ている。 フラグシュトクナントカの近きまで来たが、中には入れない。空港からの歩数が一万歩、東京駅までの感覚。その先の川まで行く元気はなく、引き返す。道すがら地元民から中国人かと聞かれ、日本人だがほんの少しわかるというと、ロシア人だが中国語を勉強しているという。モスクワからの旅行の途中というと、ペテルブルク出身だといい、ペテルブルクはヨーロッパだが、モスクワは違うという。駅まで用事があるので道案内してくれるという。道道、中国語談義。彼の父さんは俳句が趣味だそうで、彼も芭蕉に蕪村は知っていたから、インテリだ。ツルゲーネフの翻訳をした二葉亭四迷は言文一致の近代日本語確立に寄与したといい、日本人もロシア文学ファンが多いとつたえた。彼は逆に日本語の「やま」は、ロシア語では窪地をいうと教えてくれた。私も大学時代ロシア語を習ったので、かろうじて読むことができ、そこから英語に直せるものは連想できるとつたえた。 彼はエホバの証人の活動をしているという。エホバの証人は、創造主だけを信仰しているというので、私も創造主はいるはずだが、我々にはわからないのだろうというと、その通りだという。 駅につく。ロシア語でバクザールとかいてある。写真を撮っていると、例の座高の高い帽子を被った係員が駄目と言いに来た。幸い一枚撮ってしまっており、すぐにやめた。 駅から空港までの途中、タジキスタンの若者が、中国人かというので日本人だというと、一緒に写真を撮ろうという。 車両基地の近くに庶民の家屋街があった。ドブ川に沿って立地している。そのまた先には、ガードマンがいる地区があり、高級住宅街のようだ。 帰りは距離感があり、疲れなかった。 タジキスタン観光にはやはりタミル高原に行くべきだろう。ビザ申請時に申告しておかないと行くことはできない。自治区と内乱状態がまだ終了していないからだ。 既述のように、アフガニスタン、パキスタン、中国と国境を接しているから、大変なのだろう。

 

Parliament of the Republic of Tajikistan

муҷассамаи Исмоили Сомонӣ

ルダキ公園

ドゥシャンベ、タジキスタン:国家の宮殿として知られている大統領宮殿 – タジクの旗と紋章を持つ黄金のドーム – エモマリ・ラーモンの下に建てられた

アイニー像:アイニーは、タジク文学の創始者で小説家、詩人で初代の科学アカデミーの院長

 

https://photos.google.com/share/AF1QipMsZIC1CynYP4KPoxGNhxuCejnLM4cwBUFMZdQk81zwdgS1QBA14NhBqPArk7bj9g?key=YlZac19XUk9PcVlTanYwbEFOMjFJWjU3cWxnVWh3
https://www.facebook.com/khadamotimatbuot/videos/1915036035233240/

 ネット情報によれば、タジキスタンはラフモン大統領の長期政権によって、ロシアや中華人民共和国(上海協力機構加盟)、米国との関係強化が行われ、日本を含む各国の手厚い支援や国連活動によって、21世紀に入ってからは年10パーセントの高成長率を維持しているようである。和平後のマクロ経済成長は順調で負債も順調に返済していたが、2006年に中華人民共和国が道路建設支援を目玉に大規模な借款を行ったために、タジキスタンのマクロ経済指標の状況はアフリカ諸国並みであり、将来にわたる世界不況に対する不安が残っている。特に、もともと資源・産業の多様性は乏しい上、所得の再分配がうまく機能せず、国民の大多数は年収350ドル未満の生活を送っている。旧ソ連各国の中でも最も貧しい国の一つであるが、近年のロシア経済の好転により、出稼ぎ労働者からの送金額が上昇したことから、公式経済データと実体経済との乖離、及び出稼ぎ労働者のいない寡婦世帯における貧困の深化が問題となっている。特に、ロシア語の話せない村落部出身の男性は、ロシアでの出稼ぎ先では低賃金肉体労働しか選択肢がなく、過酷な労働による死亡、AIDS若しくは性感染症の持ち込み、或いはロシア国内での重婚による本国家族への送金の停止など、都市部・村落部を問わず社会的問題は単純な貧困を超えた現象となりつつある。2011年1月12日、タジキスタン下院は、中国との国境画定条約を批准し、パミール高原の約1000平方キロメートルが中国に割譲されることになった。

 ゴルノ・バダフシャン自治州は国土の約半分の面積(約45%)を占めているにもかかわらず、人口が極めて少ない為(3%)、地元住民は少数派の扱いを受けている。例えば知事や郡の長官は住民の選挙で選ばれておらず、警察・司法の幹部は地元住民ではない。またパミール語のラジオ番組が無いことなど言語的な差別もある。その結果、多くの住民は大統領よりアーガー・ハーン4世を支持し、警察や司法が問題を起こす度に激しい抗議活動が起きて自治権拡大を要求してエスカレートする。またタジキスタン政府も内戦の際の停戦条約をやぶって、あからさまな軍事行動を行い地元住民の不信感を増大させている。

 

アルマトイに戻る

 

 夜の十二時。ブッキングコムで予約した空港そばの宿。歩いてスマホの地図片手に歩いていると、私の名前を書いた女人が声をかけて来た。空港で待っていてくれたらしい。手順はあまり認識していなかったが、兎に角助かった。   apartmetsとなっていたが、マンションの一室。表札もなく、これでは自分で探すのはむりだったろう。オーナーの奥さんが待っていてくれたのだ。スマホのテレビ電話にご主人がでてきて、支払いは現金と言われたが、十分なカザフスタンルーブルは持っていないので、空港のATMでと言われた。でも疲れているので明日ではダメかというと、他に現金はないかと聞かれ、ドルならあるというと、25ドルになった。 今日本でも話題のairbnbだった。

宿の内部の動画 

https://photos.google.com/photo/AF1QipM8FYWHM7kFOXITVJ0x1jM1wUlTP4HCnYKGgrWr

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年3月4日 国連加盟国163か国目 スーダン 

2023年3月4日 スーダン行をいぶかしがるチェックインカウンターの

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2009年1月26日 インド 国連加盟国43か国目 サールナート、バーナーラーシー 

Googlephotoアルバム 2008年1月26日~2月1日 インド旅行のアルバム https:

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記9 エチオピア(国連加盟国75か国目)・アジスアベバ

2月16日~18日エチオピア・アジスアベバ   いよいよ最後の旅行である。ジュピターホテルは無料

記事を読む

no image

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月28日 アラブ首長国連邦・ドバイ 

資料 中東の観光国ドバイで消えたリゾート計画【地政学・リーマンショック】 https://you

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月17日 サントメプリンシペ(国連加盟国152か国目) 中国⇒台湾⇒中国 統一教会  

Googlephotoアルバム2023年2月17日 https://photos.google

記事を読む

November 3, 2016   Survey report No.3 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

   We visited the New York City Tourism Board.

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年8月31日 エローラ 外国人差別入場料金

GOOGLEPHOTOアルバム2022年8月31日エローラ全体 https://photos.

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月20日 コロナ禍の独仏国境横断

◎解約ロス FRAからTuringへの道のりで、AOSTAへ直接入る方法はスイスを

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2014年8月9日~12日 平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

Namibia · Windhoek 22 Early morning airport drop-off via Johannesburg to Eswatini

At 4 o'clock, because the lobby is closed, I call

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑