*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ③ 19日 ミャンマー(国連加盟国77か国目)へ

公開日: : 最終更新日:2023/06/13 シニアバックパッカーの旅

ミャンマーは時差がバンコクの三十分おくれの変則。飛行機から見る川はマレー半島部にあるのでイラワジ川ではないが、大きな川だ。Googleマップを開くとアンダマン海なのでメコン川でもなさそう。
IMG_5488IMG_5491

ヤンゴンが近くなる。密林を幾筋もの川が流れている。
IMG_5496

ヤンゴンは雨。空港で入国審査。80国、地域になる。両替、100ドルが100000ミャンマードルに代わると分厚い札束になる。タクシー手配処は若い女性、グランドユナイテッド21というと、10000。支払いは直接ドライバーへ。道は混んでいて一時間。都心方向だったのでまだまし。ホテルは玄関をみて、大丈夫?

IMG_5513

なかに入るとそうでもない。ただ火事などは怖い。明日のことを相談、まず朝食ボックスを用意してくれる約束、五時に来るようにタクシー手配。

後日談

ミャンマーを訪問した時のガイドは、スーチーを誇らしげにしていたことが印象的だった。日本のメディアでは国軍に否定的なメディアで圧倒的だ。

5つの謎ときでミャンマーをめぐる定説を覆す。
――1クーデターの経緯と動機、2なぜ歴代の国軍は強くあろうとするか、3各少数民族武装勢力と結んだ第1回停戦合意の「定説」を覆す、4誰も追及しなかった「廃貨令」の真実、5中国から属国扱いされる屈辱の歴史。
――国軍がアウンサンスーチーに伝えたかったのは、これだった。

書評1

アウンサンスーチー率いるNLD政権があまりにも中国に寄りすぎたために、ミャンマーが政治的にも経済的にも中国に侵食されることを恐れた国軍がクーデターを起こしたという視点から書かれたもの。筆者は国軍関係者とも付き合いがあるため、彼らの生の声もふんだんに収録され、他にない特色となっている。文章がやや読みにくく、構成もいまいちだが、学者が踏み込めない領域に達していると思う。今回のクーデター理解には必読の書。筆者のブログも情報満載なので一度覗いてみるといい。

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2009年7月30日 チェコ(国連加盟国45か国目)プラハ

プラハは鉄道駅に徒歩圏内の宿をとった。人形劇を見せる劇場があり見に行った。  

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月2日夕刻、3日夕刻~4日午前 プーリア州 バーリ

2022å¹´5月1日夕刻 2022å¹´5月2日~3日  

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年9月8~9日 アムリットサル  

アルバム https://photos.google.com/album/AF1QipNqUT

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月31日 チャド(国連加盟国168か国目)・NDJ 日本に大使館なし

Facebook投稿文 2023.8.31 五時半ウェークアップコール。食事後シャ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2008年2月15~17日 コスタリカ(国連加盟国40か国目)バードウォッチング

コスタリカでは野鳥観察。初日はサンホセから日帰りで近くのジャングルへ、案内は日本人でアメリカから移住

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1988年~1989年 サービス貿易の自由化 フランス(12か国目)スイス(13か国目)カナダ(国旗15か国目) ⑺カリフォルニア州サンフランシスコ

在職中に、サービス貿易の自由化会議に2度参加。ジュネーブとモントリオール。英語を聞き取る力もなく、ま

記事を読む

Comoros Union (146)  February 17, 2019

Visa for Comoros Union was acquired at Senegal Em

記事を読む

Namibia · Windhoek 22 Early morning airport drop-off via Johannesburg to Eswatini

At 4 o'clock, because the lobby is closed, I call

記事を読む

no image

🗾🎒シニアバックパッカーの旅 2016年3月6~7日 熊本県人吉市 肥後交通・オフサイトミーティング

システムオリジン、チームネクストの仕事で、肥後交通が毎年実施している従業員のための研究会を視察する機

記事を読む

PAGE TOP ↑