*

1⃣ 2 2018.8.2-3 Edinburgh SCOTLAND(119)

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表示しないことにした(動画の表示には入れてある)。

宿から近くの町全体が見渡せるその丘へ行く。スマホを使うが、アップダウンがよくわからず、焦らないで適当に行く。登る人が見かけたのでついてゆく。見晴らしは良い。しかし下から見た崖の頂上は登れないみたいであった。それでもエジンバラ全体がよく見渡せる。二時間の散歩

https://photos.google.com/share/AF1QipO6DCJY96iaVF-HpIXUhw1QDPQmh_5_yzjGcpRMRFWNNL8-kJ76BtiRG3TomVjrLg?key=WGhCWFR0Mk14MWE0VXFjaGxXN0hoYlNaajAzWDJB
https://photos.google.com/album/AF1QipO7jVEhubpWt2L8u8u9QxsjpVOG0t-Ur8TZ6g34

バスでロスリンチャペルに行く。

ロスリンチャペルに行くのにバスに乗るとき、釣りが出ないので、キャッシュを用意しろと、いわれた。そのキャッシュを準備するのに銀行では両替を拒否されたから、コンビニに水を買いに行くと、持っていった紙幣が古いのでだめといわれる。仕方がないのでキャッシュディスペンサーで10£出す。あれやこれやで結局一時間のロス。古いやつはスコットランドではどこも駄目だった。後で分かったが、結局ロンドンでもダメでイングランド銀行でしか新札に変えることはできなかった。海外キャッシュサービスを使ってみたが、交換レートがクレジットカードより有利であるから、手数料108円を考えると、これからは都会に行くときは、キャッシュサービスをもっと多用したほうがよさそうだ。

バスは二階建ての二階の最前列の席にすわれた。40分くらいの乗車。観光客がいるから、安心できた。おり間違うことはなさそう。ダビンチコードがヒットした年、やはりロンドンに行った。泊まったホテルのそばにテンプル騎士団の施設があった。ダビンチコード自体はよく理解できていない。
ロスリンチャペルは日本で言えば、神仏混淆である。だから面白い。寂れた寺が映画のおかげで急にゆたかになったようなもの。一人9ポンド、お土産もいろいろあるので寺は豊かだろう、キリスト文化の寵児になっている。フィクションとはいえ、映画ダビンチコードの効果は大きい。港図書館でもう一度借りてきた。帰国してからももう一度見るつもり。日本流にいえば、神仏混交であり、土着宗教にキリスト教がミックスしていったのであろう。お稲荷さんみたいなものである。教会での説明はまったくききとれなかったが、家内はわかったようである。地元の人は勿論笑ったりして聞いていたので、わかっていたはずである。チャペル内撮影禁止であったが、スマホを使用していたお姉さんがいたので、一枚だけ撮影。例の「緑の男」である。アップしてあるから見てほしい。

https://photos.google.com/share/AF1QipPFjliDJu7KlYbcHTXmeSYhDbuubya4VLZdxA3ZMotQ_aThdogVJeMQnWfVwA6-nQ?key=Mld5dndkZWhzSXVMV1BEdHBEN1R0dHIwbTZiaW1R
https://photos.google.com/album/AF1QipMD0d7U9m9FFrzHiK7Fv__cqoty6hzIcvQbRznk


ネット書き込みの紹介
20世紀末ごろまでは無料で拝観できたそうだ。それが、ダン・ブラウンのベストセラーが世に出てから、同値の人気も急上昇。現在は、大人単身では9ポンド。ぼったくりにもほどがある。しかも、内部は撮影禁止。地下は、映画と違っていた(映画はセットだったのか。。。。)以前、スレッジハンマー持参のクレイジーな観光客がいたそうで、現在これも持ち込み禁止。

この書き込みには入場料が高いをあるが、そうでもないだろう。英文ではこの入場料で事務所に登録すると一年間何回でも入れると記述してあった。それなら安いが、旅行者は何度も来ないであろう。ただし私の英語読解力が足りないかもしれず、黙っていた。

いよいよミリタリータトゥー

家内の希望である。
アンバーコースという食事つきのプラン。アンバーはウィスキー博物館にあるレストランの名前。琥珀という意味だから、ウィスキーのにおいを松でつけたのであろう。Jamaicaの琥珀博物館を思い出してしまった。

入場券の事前入手にトラブル。ネットで申込で簡単なのだが、入場券ははーどコピーを送付する手順。入城整理が人力だからだ。うっかり癖で住所を東麻布の1-27-3としてしまった。英語順なら3-27-1である。これでは郵便局も田舎と違いわからないだろう。イギリスに戻っていってしまったようだ。メールが来て分かった。エジンバラの駅そばのチケット売り場に行かなければならない。しかも当日しかダメという。仕方がなかったが予約自体は成立しておりお金も払っているので無事入手できた。

https://photos.google.com/share/AF1QipNHLjWxuEwiEj0RHUQKKOixVSfdTxMP1JF3GU4RCss2kcvm-9c49GcjQn1nqetpBA?key=RE1JNDEtSjZ4Qk9RNlBXZ2RmVHZYeDVtNWM3RjRB
https://photos.google.com/share/AF1QipPQnVj29Qc_w6AWXwUzeCxsOsnaNwczTPAGmvTBGV3DHrzHBDMeSq3dXP-s2gV0Bg?key=ckdMUnk4TWtkYkZyZUg4c3NhZXV2bER3Vkl6ZEdR
https://photos.google.com/photo/AF1QipPHi0gtj3W6Uqo0icZP1jxRiQM0NWQCfb3I8MKB

なお、ミリタリー・タトゥーとは、スコットランドのエジンバラ城のエスプラナード広場を、伝統衣装を着たスコットランド軍楽隊と兵士がパレードするイベント。 「タトゥー」とは「刺青(tattoo)」のことではなく、兵士達を夜兵舎に呼び出すときに鳴らした「太鼓やラッパ(tattoo)」のことを指している。

関連記事

2-⑧ 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(138)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

タシケントでは50年前に大地震があったそうだ。私は全く記憶がない。 地下鉄に乗ってみる。アルマトイに

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

保護中: 184ヴァーチャル旅行アフリカ篇① モーリタニア NKC ヌアクショット 到着ビザ可能

◎ 航空 アルジェとヌアクショット間にはアルジェリア航空の直行便が週3便月水土往復

記事を読む

1-5 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査4 Fusion Auto社 ワールドカップ対策

Fusion Auto社Fusion Auto社は6月14日~8月15日にロシアで開催されたワール

記事を読む

167 Belize ベリーズ

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリーズ金11:30 8:1511:14 

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

モンゴル紀行 ウランバートル

2015年8月29日 ブルーベリージャム作りを手伝いながら西田団長のマンションでのんびり骨休め。さ

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 2

20th August In about four hours, beyond the mou

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

no image
ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

全米25州の旅程である。交通が発達しており、バスや鉄道が必ずしも経済

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

→もっと見る

PAGE TOP ↑