*

満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

動画
https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8ZaZ_x3M485OdFHuVn5YL7Mw7ZOyK-tae70t7_XjyU9xhQQw2asLw5vNSgg?key=Yml2VGtNWDRfczhweTI4dXBaaGdNd0Z2RVdRT1ZB

https://photos.google.com/share/AF1QipMKITn5-RvD36rUUfkkqzNgMSMKZwkPpIY_biyuVCipZagps95J74xBa6WEJa32cg?key=cUpyOUVDSVAwRXZna29ad3IxcHFkSlUxdEpQcXRB

考えてみれば、中国で鉄道に乗るのは、北京の地下鉄を除けば初めてである。
切符は実名制で、外国人なのでパスポート番号も記載されている。中国人は公安が発行する身分証明証番号である。寝台車に乗ると、乗車券を車掌に渡し、引き換えカードを受けとる。降車時にまた引き換えるのである。ただし、あまりキチンと名前を見ていないようで、学生と座席を交換していてもわからなかった。西洋人だとそうはいかないかもしれない。買君は、日本人には身分証明書番号はないのかと聞かれたので、中国と同じようなものはないと答えておいた。多くは運転免許証がその代わりをするとも言っておいた。例のマイナンバーも、切符を買うときに必要にすればいいのであろうが、そんなことをしたら、内閣がつぶれるであろう。

途中駅でホームに降り立つという習慣がないようである。車掌からは出てはいけないように言われた(意味は分からないので、スリッパだからダメといわれたのかもしれないが、そんなこともないだろう)。従ってエキナカビジネスという発想はここにはない。販売はすべて社内であり、アイスクリームから弁当等を売り子が売りに来る。しかし、乗客も乗車全に買い物をしてくるようである。我々の一行もそうであった。

寝台は三段ベッドで、昼間の時間もベッド状態になっている。懐かしい三段ベッドであるが、カーテンもついていない。昔は安い最上段のベッドをよく使った。最上段の方が荷物置き場があり、慎重のある者にはかえってありがたかったのであるが、中国は荷物置き場がない。旅行作家の鈴木一吉氏の話では、欧州でも三段ベッドはあるようだが、コンパートメント方式なのでカーテンはいらないようだ。今回は中・上段に若い女性がいたが、慣れたもので、ズボンをはいてきており、はしごを器用にのぼっておられた。

これまで、大陸横断鉄道旅行もしてみたいと思っていたが、どうも豪華寝台列車でないとやはり無理かもしれないが、コストパフォーマンスが問題になる。車窓を楽しむという感じがあればいいが、シベリア鉄道は、今回の感じで大体わかったような気がした。豪州の一面砂漠というのも興味はあるが、少し感が直さないといけないかもしれない。

中国の鉄道はWIFIがセットされていたから、WECHATが使えて便利であった。逆に言えばWechatのIDで無料WIFIがセットできるのである。Wechatは日本で登録しているから、電話番号等の問題もないが、無料Wifiでは、よく、その国の住所等を登録させるものがあり、そんな場合は外国人には実質使えないことになる。だからfacebookのIDが便利に使われるのだと感心したりして時間が過ぎてゆく。

中国ではFACEBOOK、Google、Line等が使用できない。VPNを使えば利用できるとよく聞くが、VPNを使うにも有料だからばかばかしい。買君はVPNを使いっているようだが、倪君は使っていないようだった。今回は、前回の雲南省の経験から、百度地図をインストールしてきた。CTRIPも何度か利用したので、だんだん中国旅行も一人でできるようになってきた。

しかし、いつものことであるが、ドコモのデータ通信をオフにしていせいかわからないが、時折不具合が出る。icloudのメールは届くがドコモはダメだったりする。かと思えば、突然全部つながったりする。容量の問題かもしれない。スマホとタブレットを同日接続するとうまくいかないこともある。いろいろなことがあるが、そんなものだと思っていれば、慌てることもなくなった。それよりはバッテリーの方が絶えず問題になる。今回の列車には電源がなかった。バッテリーを二つ持ってきたので何とか間に合った。綏芬河についてまずすることは充電であった。

24時間何もすることがない。寝ているだけであるが、何とかなるものだ。小笠原への船旅も同じようなものであったが、小笠原の場合は個室だったので、少し違うかもしれない。おかしなもので、飛行機の方が短い時間であるが、周りを暗くされるせいか、鉄道ほどは気にならない。

関連記事

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー  マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haは

記事を読む

no image

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmek

記事を読む

1⃣ 6 2018.8.6 ② ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey)(122カ所目)

ガーンジ島GCI を12:40発 frybe6420便(予約番号AT4BK6) ジャージー島JER着

記事を読む

2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

アンドラ アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわか

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

久しぶりのアジスアベバはトランジット 

 エチオピア航空手配でトランジット用のホテルに宿泊。当初は空港での野宿のつもりであったから、幸運で

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

[160]2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

no image

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記3 ぺトラ遺跡

◎ 2月8日~10日 ヨルダン・アンマン・ぺトラ 車が7時に迎え。ペトラまで往復130ヨルダン

記事を読む

no image
『大韓民国の物語』李榮薫

韓国の歴史において民族という集団意識が生じるのは二十世紀に入った日

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

→もっと見る

PAGE TOP ↑