*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年1月25~28日 マイアミ経由ガイアナ(国連加盟国144か国目) 

公開日: : 最終更新日:2023/11/16 シニアバックパッカーの旅

https://newspicks.com/trends/840/?block=trend&ref=index

最貧国の一つだった南米の小国ガイアナが、世界で最も急成長する経済国へと急速な発展を遂げています。同国の沖合で埋蔵する原油が見つかり、世界中から石油開発関連の投資マネーが流入。国民1人当たりのGDPは、今後3~4年でメキシコやブラジルと同様の水準に到達する見通しです。

 

ガイアナは15世紀前後にスペイン人が上陸し、16世紀後半にオランダ人が自国と同じような町を建設、18世紀後半にはヨーロッパ同士で領土争いの末イギリスが占領、1966年5月にイギリス連邦加盟国として独立、今に至る。ヨーロッパ占領時代にアフリカやインド、中国から労働者を導入していた為、人種は様々。主産業は農業やボーキサイトや金。特に砂糖の輸出が盛ん。木材資源も豊富。南米でありながら、国民はインド系が4割を占める。そして南米で唯一、英語が公用語。 首都ジョージタウンに治安の悪いエリア タイガーベイ  があると言われている

エセキボ川の地図

マイアミ空港ラウンジで過ごしたのは正解。四時にカウンターへ行く。電子搭乗券を見せると、またされた。確認している。ガイアナから先の航空券をみせろといわれる(この要求は後日アフリカ旅行をした時に嫌というほど経験することになるが)。席は最後部左窓側、写真のため。パナマシティーの左側にある橋をおもいだした。運河の入口で、船がまっている。街の高層ビル街は、前に来た時のガイドはバブルだと言っていた。パナマでは機内にそのままいると予想していたが、降機。ジョージタウン行きのゲートは102だが、到着ゲートは143。8:20なので、締め切り8:50までまだあるが、気がせく。途中でボードを確認すると、ゲートが137になっていた。既に搭乗開始していたが、優先レーンから入れたので待たずに搭乗。8:30やれやれだ。 満席。座席のわからない者が多く、アテンダントは大変だ。ろうあ者が搭乗していたが、アテンダントは手話ができるみたいで、たいしたものだ。どうも私以外の周囲の客は団体。最後部を占領しているのだが、私だけがネットでこの席をおさえていたみたいだ。
https://youtu.be/nG3V9SJwm2k 

 

 ガイアナに到着。慣れたもので帰りの航空券をスマホで見せる。税関審査もなし。タクシーがいない。マラウイの再現だ。ホテルに電話するも、出ない。三度目にようやく通じる。今向かっているという。それでもまた二十分たつがこない。メールにあるスケジュール時間とは航空機到着時間ではなく、私がホテルに到着すると記入した時間を意味していたようだが、それでも30分は遅れて来たので、クレームをつけると、警察の検問に手間ったと弁解。やれやれだ。 昨日は午後到着してホテルで一寝入りしたら日が落ちたので外出せずじまい。 今朝は朝食前に、デリラーラ橋まで散歩のつもりが、橋まで存外時間がかかったので、途中で引き返す。 下水が整備されていないのであろう。側溝がもう藻類で繁茂。おまけに生活廃棄物回収が完璧ではなく、歩道も整備されていないから、快適な散歩というわけにはいかなかい。1964東京オリンピック前の古川橋などはこのような状態だったのだろう。 朝のラッシュに遭遇。デリラーラ橋まで行きたかったが、気温も上がり、往復すると朝食に間に合わない恐れもあり、引き返す。デリラーラ川の河畔は工場が立地し、接近できないので、河畔から橋を眺めることができない。おまけに地図でも道路がなく、下手に迷いこむと犬に吠えられる恐れもあった。 橋の写真は帰りに写せるだろう。 ホテルに到着した時点で15000歩。たいしたことはないのだが、足が痛くなっていた。平底の靴に変えてきたので、足に豆ができたようだ。 朝食を済ませて、一寝入りしたら、午後の三時。メールがきていた。スリナム航空の時間変更。明日夜の出発が明後日の朝になる。まずパラマリボのホテルに連絡。キャンセルできないポリシーだが、ブッキングコムに返金依頼する。同時にホテルに電話。ホテルは一日延期を了解してくれた。順序が逆になってしまった。同時にタクシーの手配依頼。カードによる前払い。32ドル。 明日のカイユチュール滝のエクスカーションのための空港までの送迎の変更と一日延泊の依頼を、フロントでする。 雑事を終えジョージタウン中心部へ散策。慣れてきたので治安のことはあまり気にならなくなった。 ステイブロエック市場に行く。特徴的な屋根のある建物が目印で、すぐにわかった。バナナを買って食料にしようかと思ったが、結局カードの使えるスーパーで買い物。英国国教会は修理中。ヒンズー寺院は、グーグルマップが一筋間違って掲載していた。ガイドブックにでているタイガーベイ地区は今いるところからもう少し北の海側より。治安が悪いというより、貧しい地区なのだろう。ケープタウンにはスラム観光があるが、ここには観光客自体が少ないから、発想もできないだろう。片足の人が通りを歩いているのを二人も見かけた。驚いたことに一人は松葉杖もなく、片足で、けんけん飛びであるいていた。 朝の散歩の影響か、足が痛くて、休み休みしながらホテルに戻った。

 

https://photos.google.com/photo/AF1QipN6f78OY5L3XP097di5fGQtFKWM_rL_Wuj-CPZ9

https://photos.google.com/photo/AF1QipOHxv5ae7I19jVDobtWxr9up4V_bgVNSTKNDwDB

 

デメララ・ハーバーブリッジ

ジョージタウンのデメララ川にかかる橋。このブリッジは、一般的な吊橋と異なる浮橋で、しかも約350kmという長さ。片側1車線づつしかないため、ラッシュ時の渋滞はひどいですが、歩道もあり、歩いて渡ることもできる人気の観光スポット。橋の一部は、船が通るため開閉式となっていて、1日1回、橋が分断される様子を見られます。

ジョージタウンの灯台

「ジョージタウンの灯台」は、ジョージタウン旅行で訪れたい、ランドマーク的存在。灯台と言うと、白色のイメージが強いですが、さすが南米のガイアナ、赤と白の縦島模様で、存在感ばっちりです。灯台は現役、内部の小部屋では、北大西洋とデメララを往来する船を監視しています。ジョージタウンを一望できる、眺望の良い観光スポットでもあります。

https://photos.google.com/share/AF1QipO1mcpqFXt1SHAu4Rg0pgmADr04YTpd7rtNRKnbmQ-_sssinh5lSXrhOUwsCwD6Xg/photo/AF1QipNArfACQUoQ0SyGuh4rDCm7FD8IGEqCnJ7fzs3v?key=QVhQZE1ibkU1Qlg2X2lZUl96TmFDYVZJeV93MUtn

https://photos.google.com/share/AF1QipPVJWVLRZUBpYOxH96Z3H5rTfiUzFzen0DDYNy4XskJ9S4Dv7P8NnhUpVJCkybuxw/photo/AF1QipNWBtY3tETkfrJ4qU9FJe4R4VydS4YSeplwJoDe?key=ZkdPVzA5X0tWWXRxRUlnZjBhekVZQzQ3MmJlUnJ3

2020.01.28 朝11:15迎えのタクシー。支払いは現地通貨だと言われ、持ってないというと、帰ってからホテルが払うことにしてくれた。往復15米ドル。ターミナルに着くが、どうも遊覧飛行の窓口は違うみたいで、隣の建物。ソファで待つようにいわれる。私が申し込みの最後の13人目で、そのおかげで催行成立のはずだが、人が少ない。チェックイン場所はまた別であった。缶コーラは持ち込み可。 出発時間が過ぎてもいっこうに案内がない。待合室にはたくさんの客がいるので、大丈夫とは思うが不安である。1:20どうも天候が悪いと言っているみたい。飛べるようになったら連絡するといっているのだろうが、聞き取れない。

1:37ようやくテイク・オフ。 着陸前にカイエンチュール滝が見える。左右どちらからでも見えるように旋回。到着した飛行場は我々滝専用で、他のパーティはいない。ガイドが注意事項を説明して散策開始。比較的若い中国人女性4組、バーバリのリュクサックだから香港からかもしれない、黒人カップル4人組、祖父母、母、幼児の三人、白人男性年配者一人に私の13人。 流石に手すりのないところから滝を見るのは気がひるむ。しかし慣れると大胆になるようだ。ガイドが時々笛を鳴らして警告。ジャイアントタンクという植物に生息するゴールデンフロッグ。うまく撮影できた。アマツバメもとれた。クックオブザロックという珍重もガイドがみつけてくれた。

https://photos.google.com/photo/AF1QipN4wgijSgeFuKy-K5QFtJV4MLCi6W9kXuBOib1q

   

https://photos.google.com/photo/AF1QipM-MEYIxrqBloyEgjesR1qUtGDPmdDC9SSpJWYa

     

https://photos.google.com/photo/AF1QipMndm68_wGGbzU1XETEG9IYE3oCRwd9p0DA_bZt

https://photos.google.com/photo/AF1QipPAHL3mNlAoFrBH0-IIBtTO6kttIi944L9490VK

  

https://photos.google.com/photo/AF1QipPya4yhPTtcBF-tVqm1y7baDBP7gdoKYWk9e1SN

https://photos.google.com/photo/AF1QipPnnnw_I3k9dUPeofDSnkKuIonJnuhyfRhemOft

https://photos.google.com/photo/AF1QipPAHL3mNlAoFrBH0-IIBtTO6kttIi944L9490VK

https://photos.google.com/photo/AF1QipNCSa7a3acjVhB87CZe75npttx_R6t2c4G7SvSA

https://photos.google.com/photo/AF1QipOMLhHyr2PLLDwzDqQxZPso8jVY0JMcdXifcMZU

https://photos.google.com/photo/AF1QipMVkASvm8ZL6OtJntrr7RjW1rHIbY6g2TMiV83v

https://photos.google.com/photo/AF1QipP3XflN7nALao6TSxeHBFgv-jw1uU2FHLAgOrY0

 

 

 

関連記事

no image

🗾🎒シニアバックパッカーの旅 大相撲観戦 両国国技館

2017年5月24日、国技館の普通維持員を務めているO氏の配慮で、久しぶりに砂被りで相撲を見た。家内

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年1月30日~31日 サンパウロ

サンパウロ連続動画 https://photos.google.com/share/AF1

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(3)ツァータン居住地

2015年8月20日 朝日が山裾から昇る。10時ころであろう。標準時間は日本と同じになったようだ。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1985年 関釜フェリーで韓国(国連加盟国9か国目)釜山へ

神戸海運監理部時代、神戸港を起点とする超短期航路が数多く存在し、大鳴門橋架橋による航路調整の必要性か

記事を読む

no image

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 2024.2.8~3.8   旅行計画の作成

シニア―・バックパッカーの旅 (観光・人流学雑記) ◎「地球」一周旅行と「世界」一周旅行  ク

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 🏳‍🌈カナリア諸島自治州 テネリフェ(TFN)ララグーナ竜血樹  

https://photos.google.com/share/AF1QipN_HRAfIfc3

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記 1 2019年24日~10月16日  太平洋島嶼国等への旅の起点 豪州

2019.09.24 三週間の太平洋諸国巡りの旅。 訪問地数も152国・地域から166国・地域

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年2月6~7日 (マグアナ→マイアミ→)サンサルバドル

13:10 AA1479 14:51 MIA   SAL

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 コモロ連合 国連加盟国125か国目(146)2019年2月17日

 ビザは青葉台のセネガル大使館で取得。3千円。コモロ滞在時間が少ないので、ビザは事前に取得した。

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 キュラソー、アルバ 2018年2月15日~16日(予定、欠航で中止)

BBCで密輸の報道をしていた Venezuela Extends Blockade on Du

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑