*

168Republic of Guyana ガイアナ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

ガイアナは15世紀前後にスペイン人が上陸し、16世紀後半にオランダ人が自国と同じような町を建設、18世紀後半にはヨーロッパ同士で領土争いの末イギリスが占領、1966年5月にイギリス連邦加盟国として独立、今に至る。ヨーロッパ占領時代にアフリカやインド、中国から労働者を導入していた為、人種は様々。主産業は農業やボーキサイトや金。特に砂糖の輸出が盛ん。木材資源も豊富。南米でありながら、国民はインド系が4割を占める。そして南米で唯一、英語が公用語。 首都ジョージタウンに治安の悪いエリア タイガーベイ  があると言われている

エセキボ川の地図

マイアミ空港ラウンジで過ごしたのは正解。四時にカウンターへ行く。電子搭乗券を見せると、またされた。確認している。ガイアナから先の航空券をみせろといわれる。席は最後部左窓側、写真のため。パナマシティーの左側にある橋をおもいだした。運河の入口で、船がまっている。街の高層ビル街は、前に来た時のガイドはバブルだと言っていた。パナマでは機内にそのままいると予想していたが、降機。ジョージタウン行きのゲートは102だが、到着ゲートは143。8:20なので、締め切り8:50までまだあるが、気がせく。途中でボードを確認すると、ゲートが137になっていた。既に搭乗開始していたが、優先レーンから入れたので待たずに搭乗。8:30やれやれだ。 満席。座席のわからない者が多く、アテンダントは大変だ。ろうあ者が搭乗していたが、アテンダントは手話ができるみたいで、たいしたものだ。どうも私以外の周囲の客は団体。最後部を占領しているのだが、私だけがネットでこの席をおさえていたみたいだ。
 

 ガイアナに到着。慣れたもので帰りの航空券をスマホで見せる。税関審査もなし。タクシーがいない。マラウイの再現だ。ホテルに電話するも、出ない。三度目にようやく通じる。今向かっているという。それでもまた二十分たつがこない。メールにあるスケジュール時間とは航空機到着時間ではなく、私がホテルに到着すると記入した時間を意味していたようだが、それでも30分は遅れて来たので、クレームをつけると、警察の検問に手間ったと弁解。やれやれだ。 昨日は午後到着してホテルで一寝入りしたら日が落ちたので外出せずじまい。 今朝は朝食前に、デリラーラ橋まで散歩のつもりが、橋まで存外時間がかかったので、途中で引き返す。 下水が整備されていないのであろう。側溝がもう藻類で繁茂。おまけに生活廃棄物回収が完璧ではなく、歩道も整備されていないから、快適な散歩というわけにはいかなかい。前の東京オリンピック前の古川橋などはこのような状態だったのだろう。 朝のラッシュに遭遇。デリラーラ橋まで行きたかったが、気温も上がり、往復すると朝食に間に合わない恐れもあり、引き返す。デリラーラ川の河畔は工場が立地し、接近できないので、河畔から橋を眺めることができない。おまけに地図でも道路がなく、下手に迷いこむと犬に吠えられる恐れもあった。 橋の写真は帰りに写せるだろう。 ホテルに到着した時点で15000歩。たいしたことはないのだが、足が痛くなっていた。平底の靴に変えてきたので、足に豆ができたようだ。 朝食を済ませて、一寝入りしたら、午後の三時。メールがきていた。スリナム航空の時間変更。明日夜の出発が明後日の朝になる。まずパラマリボのホテルに連絡。キャンセルできないポリシーだが、ブッキングコムに返金依頼する。同時にホテルに電話。ホテルは一日延期を了解してくれた。順序が逆になってしまった。同時にタクシーの手配依頼。カードによる前払い。32ドル。 明日のカイユチュール滝のエクスカーションのための空港までの送迎の変更と一日延泊の依頼を、フロントでする。 雑事を終えジョージタウン中心部へ散策。慣れてきたので治安のことはあまり気にならなくなった。 ステイブロエック市場に行く。特徴的な屋根のある建物が目印で、すぐにわかった。バナナを買って食料にしようかと思ったが、結局カードの使えるスーパーで買い物。英国国教会は修理中。ヒンズー寺院は、グーグルマップが一筋間違って掲載していた。ガイドブックにでているタイガーベイ地区は今いるところからもう少し北の海側より。治安が悪いというより、貧しい地区なのだろう。ケープタウンにはスラム観光があるが、ここには観光客自体が少ないから、発想もできないだろう。片足の人が通りを歩いているのを二人も見かけた。驚いたことに一人は松葉杖もなく、片足で、けんけん飛びであるいていた。 朝の散歩の影響か、足が痛くて、休み休みさしながらホテルに戻った。

デメララ・ハーバーブリッジ

ジョージタウンのデメララ川にかかる橋。このブリッジは、一般的な吊橋と異なる浮橋で、しかも約350kmという長さ。片側1車線づつしかないため、ラッシュ時の渋滞はひどいですが、歩道もあり、歩いて渡ることもできる人気の観光スポット。橋の一部は、船が通るため開閉式となっていて、1日1回、橋が分断される様子を見られます。

ジョージタウンの灯台

「ジョージタウンの灯台」は、ジョージタウン旅行で訪れたい、ランドマーク的存在。灯台と言うと、白色のイメージが強いですが、さすが南米のガイアナ、赤と白の縦島模様で、存在感ばっちりです。灯台は現役、内部の小部屋では、北大西洋とデメララを往来する船を監視しています。ジョージタウンを一望できる、眺望の良い観光スポットでもあります。

https://photos.google.com/share/AF1QipO1mcpqFXt1SHAu4Rg0pgmADr04YTpd7rtNRKnbmQ-_sssinh5lSXrhOUwsCwD6Xg/photo/AF1QipNArfACQUoQ0SyGuh4rDCm7FD8IGEqCnJ7fzs3v?key=QVhQZE1ibkU1Qlg2X2lZUl96TmFDYVZJeV93MUtn

https://photos.google.com/share/AF1QipPVJWVLRZUBpYOxH96Z3H5rTfiUzFzen0DDYNy4XskJ9S4Dv7P8NnhUpVJCkybuxw/photo/AF1QipNWBtY3tETkfrJ4qU9FJe4R4VydS4YSeplwJoDe?key=ZkdPVzA5X0tWWXRxRUlnZjBhekVZQzQ3MmJlUnJ3

2020.01.28 朝11:15迎えのタクシー。支払いは現地通貨だと言われ、持ってないというと、帰ってからホテルが払うことにしてくれた。往復15米ドル。ターミナルに着くが、どうも遊覧飛行の窓口は違うみたいで、隣の建物。ソファで待つようにいわれる。私が申し込みの最後の13人目で、そのおかげで催行成立のはずだが、人が少ない。チェックイン場所はまた別であった。缶コーラは持ち込み可。 出発時間が過ぎてもいっこうに案内がない。待合室にはたくさんの客がいるので、大丈夫とは思うが不安である。1:20どうも天候が悪いと言っているみたい。飛べるようになったら連絡するといっているのだろうが、聞き取れない。

1:37ようやくテイク・オフ。 着陸前にカイエンチュール滝が見える。左右どちらからでも見えるように旋回。到着した飛行場は我々滝専用で、他のパーティはいない。ガイドが注意事項を説明して散策開始。比較的若い中国人女性4組、バーバリのリュクサックだから香港からかもしれない、黒人カップル4人組、祖父母、母、幼児の三人、白人男性年配者一人に私の13人。 流石に手すりのないところから滝を見るのは気がひるむ。しかし慣れると大胆になるようだ。ガイドが時々笛を鳴らして警告。ジャイアントタンクという植物に生息するゴールデンフロッグ。うまく撮影できた。アマツバメもとれた。クックオブザロックという珍重もガイドがみつけてくれた。

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラ

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

[159]10月2日~3日VLI ヴァヌアツ ポートビラ 

https://photos.google.com/photo/AF1QipPC74tKpAlcm

記事を読む

2-➀ 2018年9月13日 モスクワ→モルドバ共和国(130)、沿ドニエストル共和国(131)、ウクライナ(132)オデッサ、キエフ

12日のレセプションの後、GETTで配車予約をして仮眠をとった。ガイドさんの話ではGETTの

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

1-4 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査3 ヤンデックスのライドシェサービス

ヤンデックス社の予備情報(ネット情報) ヤンデックスは単なる配車アプリではない。近年はグーグ

記事を読む

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

1⃣ 5 2018.8.6 ➀  ガンジー島(121カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipM1XCFt9PA

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑