*

⑧ 23日、24日、25日 ラスベガス

公開日: : 最終更新日:2018/03/03 2018年アメリカ・カリブ旅行

ラスベガスの空港でも、バス、タクシーの表示に並んで、あるいはそれ以上に、ライドシェアの表示が明記されている。ラスベガスコンベンションセンターにはlyft専用の出入口まであった。私の宿泊したcircus circusのメイン玄関では、タクシー乗り場を尻目に、uber.lyftの表示がフロントガラスに小さく出ている車両が次から次へと入ってきた。動画に出ている車は全てライドシェア。ここまでとは流石におもわなかった。

https://photos.google.com/photo/AF1QipN0iyRCqrXA9C2vc4OTp9HMLOX0wLcZXiCQK2nE

ギャンブルに関してはラスベガスに一度来たいと思っていた。アメリカ人が全米で最も行きたいところはラスベガスだそうだ。西側のアトランティックシティーにはずいぶん昔に行ったことがある。来てみて感じたことは、空港の中からすでにスロットルマシンがおいてあり、現金引換え所があり、まさに典型的な観光地である。しかし、私が泊まったCIRCUSCIRCUSはいま日本で議論されているIRなのかと考えると全く違うという印象であった。むしろ、大江戸温泉的であり、家族連れで来るわけだから、出し物があり、遊園地があり、子供向けの射的場がある。チェックインも長蛇の列である。客層はヒスパニック、黒人が圧倒的に多く、ジェームズポンド張りの人間にはお目にかからなかった。そういうホテルもあるのかもしれない。館内館外にコンビニ、食堂があり、各々好きなものを買って部屋で食事をすることもできる。毎日ドアの下から、ピザの宅配のチラシが入っていた。
部屋は、メインの建物ではなく離れであった。各ホテルとも、離れの建物を持っているようで、商売が上手である。ギャンブルはパチンコを例にとれば、人生において必要なのであろう。孤独なのかわからないが、自分の経済力の範囲でパチンコを楽しむのは止めることはできない。ラスベガスでスロットルマシンやバカラの台で興じている人は、それが生きがいになっているから、それはそれでいいのだろう。
しかし、地域経済活性化のためのIRが必要かというと、ラスベガスから見る限り、日本では不要だと思う。パチンコがあり、大江戸温泉があるからだ。
https://photos.google.com/photo/AF1QipOuurHQRpq0oLFaD4obcJlkstigsVeZQ3iL6TQl

ラスベガスの各施設が、何故派手派手しいのか理解できた。皆が派手なので、ランドマークとしておとなしくては全く目立たないのである。全部が目立つようになり、結局、サーカスサーカスのように覚えてもらえる名前と施設にならないといけないのである。少しくらいけばくても誰もおかしく思わないから面白い。

関連記事

⑩ 2月25日~27日 サンディエゴ、ティアファナ そして帰国

2018年2月25日ラスベガスのホテルの駐車場で空港シャトルに声をかけ、乗車を伝える。割と簡単で現金

記事を読む

⑥の1 小アンティル諸島巡り 2月19日セントマーティン、ドミニカ経由グアダルーペ(PTP ポンタピートル)

2月19日 13:35サンファン発Corsair4251セントマーティン着14:35 http

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

⑤の2 18日、19日 プエルトリコのサンファン

〇 18日早朝サンファンに向かう。ジェットブルーからの連絡で早朝便に切り替えた。事前調査をしておけば

記事を読む

③ ニューオリンズ→ヒューストン空港→ダラス空港→ 2月14日、15日 ボゴタの観光 

〇 ヒューストン空港 ニューオリンズ空港から、ヒューストン空港経由ダラス行きの便に乗る。ヒュー

記事を読む

⑨ 24日 グランドキャニオン

https://photos.google.com/photo/AF1QipOHad1Zmluud-

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

⑥の2 20日、21日 PTPからFDFへ フライト変更の見落とし

〇2月20日 PTPの民宿、朝ご飯を7ドルで作ってもらい、ついでにグアダループ・ポンタピートル

記事を読む

no image

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

p.4 維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、こ

記事を読む

PAGE TOP ↑