*

⑨ 24日 グランドキャニオン

公開日: : 最終更新日:2018/03/03 2018年アメリカ・カリブ旅行

https://photos.google.com/photo/AF1QipOHad1Zmluud-O5xVG-dojxssz8igW848LGckNz

グランドキャニオンも一度は行きたいと思っていた。時間のないときには、遊覧飛行に限る。約3万円であるが、陸上移動で時間を使うことを思えば、宿泊費がかさむので、むしろ割安である。ラスベガスのCIRCUSCIRCUSホテルでの待ち合わせ場所にもう一つ自信がなく6時半すぎの早めに行って待っていた。車が来たのでやれやれである。

遊覧飛行会社のロビーには日本人の若者もいた。同じ飛行機ということではなさそうだ。機内のガイド音声は日本語チャンネルがあり、便利。流石に英語の勉強と思って英語チャンネルにする気にはならない。

フーバーダムはさすがに大きい。これによりカルフォルニアの灌漑用水が満たされているのだが、農業従事者が不足し、結局メキシコの労働者に頼らざるを得ない。その人流量が半端ではないのだ。グランドキャニオンと比較すると日本の自然風景は箱庭だなと思ってしまう。エコツーリズムや何やかやというレベルをグランドキャニオンは超えている。アマゾンもそうであろう。まさに環境問題なのであり、開発か環境かの対立軸なら理解できるが、中をとって考えるようなエコツーリズムは子供だましの印象になってしまう。

パイロットとのツーショットの写真を搭乗前に撮ってあったが、帰りに20ドルだといって販売していた。一人買っていたがあまり買わない。帰りよりも乗る前に買わせた方が買うかもしれない。終わってしまうと、よかったでおわる。ホテルまで別の車で送ってくれた。何やかやで午前中の時間がつぶれた。

関連記事

⑥の2 20日、21日 PTPからFDFへ フライト変更の見落とし

〇2月20日 PTPの民宿、朝ご飯を7ドルで作ってもらい、ついでにグアダループ・ポンタピートル

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

⑥の1 小アンティル諸島巡り 2月19日セントマーティン、ドミニカ経由グアダルーペ(PTP ポンタピートル)

2月19日 13:35サンファン発Corsair4251セントマーティン着14:35 http

記事を読む

⑤の2 18日、19日 プエルトリコのサンファン

〇 18日早朝サンファンに向かう。ジェットブルーからの連絡で早朝便に切り替えた。事前調査をしておけば

記事を読む

no image

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

p.4 維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、こ

記事を読む

➀ 2月11日 成田発 ダラス・フォートワースへ Googlemap利用の旅の始まり

今年は東京も寒いが、アメリカ大陸も寒波が襲来とニュースに出ているから、服装に悩む。アプリの気象情報で

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

⑩ 2月25日~27日 サンディエゴ、ティアファナ そして帰国

2018年2月25日ラスベガスのホテルの駐車場で空港シャトルに声をかけ、乗車を伝える。割と簡単で現金

記事を読む

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

PAGE TOP ↑