*

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1989年 インドネシア(国連加盟国11か国目 )ODAと人流

公開日: : 最終更新日:2023/07/21 シニアバックパッカーの旅

国際協力行政

 

JICAという存在は聞いていても、その役割はあまり認識していなかった。たまたま広尾の公務員宿舎に住んでいた時代、隣にJICAの研修所があったので、身近に感じてはいたが。霞が関の役所では、次第に経済協力案件が重要事項になり、予算も増加していた。関係四省庁として大蔵、外務、通産、経企庁が幅を利かせており、個別案件の運輸省等は発言力が小さいと認識されていた時代、国際運輸観光局でもこの状態を打開する必要があると考えられていた。外務省に出向しODAを経験された新井国際協力課長は、とりわけ熱心であった。テンミリオン計画を打ち出した時も、同時に途上国の観光プロジェクト推進のための法人設立を、西武の堤氏等の援助を得て進められていた。そのような中、インドネシアの鉄道研修施設援助というプロジェクトについて、調査団を派遣することとなった。

近年ではJICAも観光プロジェクトに積極的なっているようで、溝尾良隆立教大学名誉教授もJICAプロジェクトに関与されている。その縁で、パナマではJICAの派遣員と当地で食事をさせてもらったが、観光が世間の注目を浴びるようになったのは最近のことで、1980年代に新井課長(当時)が尽力して設立した法人は日本観光協会に吸収されてしまっている。早すぎたのかもしれない。

.

インドネシア

大阪陸運局時代に、インドネシアの単線区間での正面衝突が発生した時、国鉄から来ておられた北川さんが、信じられないという感想を述べておられ、私も同感であったが、のちに信楽高原鉄道が発生したから、インドネシアの事をとやかくは言えないであろう。この事故が原因かわからないが、近畿運輸局鉄道部長が自殺している。そのことも、インドネシア調査で一緒であった同僚の鉄道技官が漏らしたことで気になった。現地では住友商事の方のお世話になった。住商は鉄道が強いらしい。現地のインドネシア国鉄では、技術の伝承ができないという日本人の思いあがった誤解があった。いまの発展をかんがえれば、インドネシア新幹線が信じられないはず。出張者で食事に行ったとき、肉の焼き加減を聞かれ、それぞれ、レア、ウェルダン等と答えたのだが、出てきたものはみな同じであったことを覚えている。現地での観光は、ジョグジャカルタへ行き、ボロブドールを見学した。

 

 

ボロぶどーる ジョブジャカルタ

ボロブドゥール寺院遺跡群 - インドネシア 世界遺産の旅【HIS】

 

インドネシア大虐殺

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019年2月12日~13日 トーゴ(国連加盟国121か国目 ブードゥー教市場と都心風景  

 国境の風景 https://photos.google.com/photo/AF1QipNB

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2007年5月 スリランカ(国連加盟国34か国目)シギリアロック

googlephoムービー https://photos.google.com/photo/A

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月2日夕刻、3日夕刻~4日午前 プーリア州 バーリ

2022å¹´5月1日夕刻 2022å¹´5月2日~3日  

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 夫婦で旅行 2012年5月1~2日 スロベニア(国連加盟国52か国目)

議会の承認をとり、連休中の休暇として、スロベニア、クロアチアのツアーに家内とともに参加。スロベニア、

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2003年 中国⑹遼寧省 大連アカシア祭り ⑺山東省 曲阜 済南 青島 ⑻上海市 (未定稿)

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月4日午後 ベローナ

  2022年5月4日日中 ベローナ    ベローナ空港は予定通り。地方間路線にしては乗客が驚

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月26日 マシュハド 年間2千万人のムスリムが訪問

  FACEBOOK 投稿文 2023.8.26マシュハド マシュハド空港からメトロに

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 2016年11月13日

13日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュースがあ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1985年 関釜フェリーで韓国(国連加盟国9か国目)釜山へ

神戸海運監理部時代、神戸港を起点とする超短期航路が数多く存在し、大鳴門橋架橋による航路調整の必要性か

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑