*

観光研究会メンバーによる岳温泉訪問

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 展開されている人流・観光事業に関する感想等

11月8日、9日溝尾良隆帝京大学教授のもと、福島大学の方々と共同で岳温泉を訪問しました。

岳温泉は、福島市と郡山市の中間に位置し、東京からも2時間でアクセスできる地理的には恵まれた場所に所在します。

開湯1200年と歴史は古いのですが、湯日(元岳)温泉が土石流で全滅、次いで塩沢に移し復興した十文字岳温泉が戊辰戦火で焼失、さらに深堀温泉として再々興するも失火で全焼、そして現在地の岳温泉と場所を移転してきました。古くからある温泉には道後温泉の伊佐庭如矢、別府温泉の油屋熊八、加賀山代温泉の吉田豊彦等温泉実業家が存在しますが、岳温泉も御多分にもれず、今日の繁栄は木村泰治の熱意と不屈の精神があったからこそだと伝承されています。

http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/soshiki/54/376.html

岳温泉は、かつてはミニ独立国「ニコニコ共和国」としてマスコミをにぎわし話題を提供したところです。観光協会の建物(写真左)にその面影が残っています。地名もヒマラヤ通り(写真右)等ユニークなものがあります。

IMG_2122 IMG_2115

ヒマラヤ通りの最上部温泉神社のすぐ下に所在していた和風旅館(下左の写真)も震災にあい閉館していました。屋根が陥没しています。同様にヒマラヤ通りに面したいくつかの旅館が廃業していますし、空き地になっている所もあります。

IMG_2133 IMG_2112

 

入湯客はバブル崩壊後減少傾向を続けていましたが、福島第一原子力発電所の事故の岳温泉に与えた影響は大きく、更に入湯客が減少しています。東京のお客さんを浜通りとの周遊で集めていたようですが、浜通りとのタイアップができなくなりました。これからの周遊観光をどう考えてゆくのか課題ですが、福島県の行政区画のこだわっていては困難なような気がします。

IMG_2138 IMG_2140

 

現在、安達太良山の知名度のもとウォーキング観光に力を入れており、写真右は健康を強調したパンフレットです。「国民保養温泉地」というソーシャル・ツーリズム華やかりし頃の懐かしい言葉が見受けられます。ここにも木村泰治の遺産が見られます。

岳温泉では、観光カリスマを超える実績を持たれている鈴木安一岳温泉観光協会会長さんをはじめみなさんに御世話になりました。鈴木さんの東館の昔の写真(下左)を掲げておきます。

IMG_2136 IMG_2135

 

岳温泉は湯元は山の上にあり、そこから引き湯をしているのですが、古い時代の導管(写真上右)がありました。温泉にくわしくない人に対しては物語の材料にできる素材です。ヒマラヤ通りに続く坂道には桜並木の通りがみられ、共同浴場、足湯等の施設もありました。

IMG_2128

 

観光協会の若手メンバーで、これからの岳温泉を考える長期ビジョンを作成しており、意見交換会でも活発な姿勢が見られました。私は、二次交通の問題に触れ、二本松市が自家用運送事業の有償運送の許可制度の権限を国から委譲してもらい、積極的に有償運送を導入してはどうかと意見を申し上げておきました。課題は山積していますが注目してゆきたいと思っています。

(追記1)世代間ギャップには想像以上のものがあります。国鉄を知らない今の学生は、団塊の世代が使用した教科書と異なるものを使用しています。私が著書「東京オリンピックを迎える学生・社会人のための観光・人流概論」で歴史も伝統も後から造られると記述しましたように、「知恵子抄」についても、東京に空が戻ってきたせいかはわかりませんが、マスコミ登板回数が減少すれば認識度も低下します。前提となる情報が違ってきていることを前提に観光戦略を立てなければならないでしょう。帝京平成大学の学生に関しては安達太良山の知名度は低いと思われますし、世の中の平均的な若者も同様なのかもしれません。

(追記2)ミニ独立国ブーム  日本国内において地域振興や自然保護運動の手段として「建国」された架空の国家です。地方自治体や商工会・観光協会などが主体となって運営していることが多かったです。1977年に「独立宣言」をした新邪馬台国(大分県宇佐市)が第1号です。井上ひさしの「吉里吉里人」によって全国ミニ独立国ブームが発生し、最盛期には200カ国を数えました。1986年にはミニ独立国オリンピックが銀杏連邦(東京都八王子市)で開かれ、テレビのゴールデンタイムで放送されるなどの盛り上がりを見せましたが、乱立によりインパクトが無くなったこと、後発国の無計画性などで飽きられ、ブームは沈静化しました。B級グルメ、ゆるキャラも同じ運命をたどると思われます。

 

関連記事

タクシー運転手の労働条件 『タクシーほど気楽な商売はない』を読んで

  「タクシ運転手」という職業は一般によく知られていますし、テレビドラマ等でもよく登

記事を読む

no image

須田寛「国鉄改革を顧る」(くらしのリサーチセンター)メモと国の交通施策への感想

敬愛する須田寛氏の対談メモ。内容は既に知られていることではあるが、当事者が語ったものとしては数少ない

記事を読む

2018年1月22日23日 チームネクスト 沖縄タクシー・観光事情調査

午前中の大学の授業を終えて、羽田に直行。ぎりぎりのスケジュールでJALに搭乗。午後からは大雪の予報。

記事を読む

真鶴の観光政策を考える機会

昨日11月7日急に日ごろお世話になっている向島の尾端さんから電話があり、今日8日真鶴の魚座見学に行く

記事を読む

no image

脳波であらすじが変わる映画、英映画祭で公開へ

映画ではここまで来ているのに、観光研究者は失格である。 http://jbpress.isme

記事を読む

no image

『プロヴァンスの村の終焉』上・下 ジャン=ピエール・ルゴフ著 伊藤直訳 を読む。2017年10月15日

市長時代にピーターメイルの「プロヴァンスの12か月」読み、観光地づくりの参考にしたいと孫を連れて南仏

記事を読む

no image

安易なフードツーリズム、食育、和食神話への批判

公研2016年6月号に「食の安全とリスクを考える」畝山智香子(国立医療品食品研究所安全情報部第三室長

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

no image

1936年と2019年のホスピタリィティ比較

『ビルマ商人の日本訪問記』ウ・ラフ著土橋康子訳を読むと、 1936年当時の日本の百貨店のことを、店

記事を読む

no image

一見さんお断りの超一流旅館のコンプライアンス

インバウンドブームがまだ本格的に始まる前、大連にある大学の観光学の教授から、中国の富裕層を数人日本

記事を読む

no image
ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

全米25州の旅程である。交通が発達しており、バスや鉄道が必ずしも経済

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

→もっと見る

PAGE TOP ↑