*

アフリカ大陸南部旅行    ●ナイジェリア・ラゴス(139)2019年2月11日 

公開日: : 最終更新日:2019/02/09 海外旅行感想, 海外観光

ワンワールドのマイレージが10万マイルたまり、jalと提携しているエミレーツも使えるということで、東京・ドバイにラゴス、ヨハネスブルグを往復の拠点にして旅行計画を立てた。その結果、ラゴス、アクラ、ロメ、セイシェル、モーリシャス、レユニオン、マダカスカル、コモロ、ナムビア、スワジランド、モザンビーク、マラウィ、レソト、ザンビア、ヨハネスブルグと回ることにした。エミレーツ航空は初めてであり、その評判の高いビジネスクラスを経験することは楽しみである。ドバイ・ラゴス便はなかなか取れないということだが、ビジネスだったので簡単に予約できた。ラゴスから以遠のエアラインはもちろんエコノミーで購入したが、アフリカは、カリブ海や中央アジアに比べて航空運賃が高いというよりも、税金等が高く、50万円弱の半分が税金であった。宿泊費はグレードによるが、他の地域とほぼ同じと考えていいだろう。ただし、衛生面に心理的不安があるから、どうしても高めのところを選択してしまうので、やはり高くつくのである

2月10日JWLBBFNRTDXB
22:00EK3195:00EK783LOS
ドバイ見学 クリーク、シーク等
2月11日同じT310:0015:40T1

8日の夜、エミレーツからメールが来た。電子チェックインのお知らせである。早速チェックイン。手荷物のところで、スマホのバッテリーについて聞かれたのだか、YES,NOを逆に答えたのか、それではチェックインはできませんよと案内があり、逆に答えて完了。英語読解力不足を感じる。

10日の気温は、予報では低く、赤羽橋駅までの3分をどうするか・・・

ビジネスラウンジは・・・・

ドバイは過去に訪問したが、今回は早朝到着し、午後の便で出発だった。無料の到着ビザがもらえる。3時間程度時間があったので、シークと運河を回ってみた。

ドバイは、ビザ不要。そのまま入国。ドバイメトロでレギュラーのレッドカードを購入。シングル片道を買い、AL LAS に行く。ゴールドスークに博物館、クリークを見る。

クレジットカードの支払いの際は、円か現地通貨のどちらで支払うか聞かれる事が多いが、現地通貨のDhにしたほうがお得(円払いの場合、お店で両替手数料を上乗せした金額を請求されることが多いよう)

ナイジェリアは人口2億の巨大国家。治安、衛生面で地方はまだまだ個人旅行ができるところではない。ラゴスはCNNの宣伝でもよく出てきており、都会であるが、巨大都市で見て回るには時間が必要。クレイジーラゴスと言われている。今回は国の数を増やすことに力点があるので、垣間見る程度にして、次の機会にゆっくり回ることにした。

11月21日ナイジェリア大使館でビザ申請。観光ビザではなく通過ビザでいいとのこと。月曜にではなく水曜に取りに来てくれと言われた。4000円はアフリカのビザ要求国の中では安い。しかし、いろいろ書類を準備しなければならずめんどくさく、ビザは観光政策としては廃止した方がいい。


JWLBBF
NRTDXB
22:00EK3194:55EK783LOS
同じT310:3015:40T1
AW 223ACC20:4020:40LOS

16:00~18:40 約2時間半で市内見学

空港でタクシーと交渉($30~40でどうか)、ラゴス市内見学(「Balogun_Market」キリスト大聖堂等写真を見せる)

市内までだいたい定額料金となっており、値段交渉もあまり要らない。
市内までが4,000N(約2,200円)。一応IDがあるか確認しよう、偽装している可能性もあるけど。それか近くのナイジェリア人に頼むと安心かもしれない。
僕はホテルインフォメーションの人に質問したついでに、呼んでくれた。

ターミナルの外にはイエロータクシーが待機。乗車前に運賃を交渉。ラゴスまでの場合、NGN 5000(1500円程度) を目安。

https://travel-noted.jp/posts/7220

カメラ出してバシャバシャ写真撮るのは問題外。特に写真は控えるようにしてほしい。基本的に警察や軍などの施設や人は撮影禁止、町中の写真撮っても、その人らが入るだけでトラブルになる。また地元の人も写真を嫌がる人が多い。特に女性。

ナイジェリアの最大の市場である「Balogun_Market」は見所満載のショッピングスポットとして人気です。通りに沿って無数に店が並んでおり、何でも揃います。

キリスト大聖堂」は1869年に建設され長い歴史を持った建物として人気の観光スポット。現在の建築に建築は1946年に完成。ラゴスのシンボル的な建物、時計台としても機能

関連記事

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

マラウィ(150)2019年2月23日~24日 野鳥は楽しみ

アライバルVisaの取得が可能75ドル、日本では 100ドル、11600円。到着ビザにした。Boo

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

11月17日大連経由哈爾浜 馬迭爾賓館

FACEBOOKにアップしたGooglephotoで編集した動画 https://photos.g

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

Bookingcom経由でホテルに頼んだ車で空港からホテルへ 130ランド×8円運転手へ  ホテル

記事を読む

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

モンゴル紀行 ウランバートル

2015年8月29日 ブルーベリージャム作りを手伝いながら西田団長のマンションでのんびり骨休め。さ

記事を読む

⑥ 5月21日夜22日朝のヤンゴン市内観光

21日夜6時 ゴールデンロックからヤンゴンに戻る。途中でシェッタゴンバヤーが見れた。 ガイドさ

記事を読む

1⃣ 4 2018.8.5 Isle of Man(120カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipMJgy1f-zslrM

記事を読む

はやり言葉になるか『Maas』日経BP社を読んで

はやり言葉になるかどうかだが、UberやRide-Shareほどのイ

アフリカ大陸南部旅行    ●ナイジェリア・ラゴス(139)2019年2月11日 

ワンワールドのマイレージが10万マイルたまり、jalと提携しているエ

ガーナ・アクラ(140)2019年2月11日~12日  

Urbano Hotel P.O.BOX KD-152 Kanda 

トーゴ(141) 2019年2月12日~13日 

) 医療事情は概して良くはない。毎年のように首都ロメではコレラ

〇アジスアベバ・トランジット(141-2)

エチオピア航空のトランジットホテルエチオピアは海外パケホ980円が適

→もっと見る

PAGE TOP ↑