*

トーゴ(141)はLomeの、ブードゥー教市場と都心風景 2019年2月12日~13日 

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

 昨日、ロメのホテルに入り、そのまま就寝した。日中リュックをしょって歩いたので、くたびれたのと、時差があったから、いつものことながら早目に休み、夜中に起きることにしてるからである。

Résidence Hôtelière Océane  朝食、無料シャトル付き 9800円 42 rue de la gare lome togo (電話: +228 90 05 71 29) とあったが、無料シャトルはなかった。

 六時に夜が開けてきた。涼しい。もう人が動き出しているので安全だろう。でも玄関は鍵がかかっていた。 スマホ片手にGoooglemap頼りに独立広場に向かう。 珍しい高層建築物があった。写真を撮っているとカードマンらしき人物がこの辺りは撮影禁止地区だから、映像を消せという。カービン銃を持った女性兵士も一緒にいるので、物騒である。適当に消去したら、まあ、適当にオーケーがでた。そんなものだろう。 多分大統領府なのだろう。でも近くで畑仕事をしている者がいたので、もう一つよくわからなかった。野菜を作っていた。

ホテルに帰った頃の七時になるともう汗だく。朝食をとる。用心して、ジュースと切り身にしたフルーツはとらなかった。イギリスでは紅茶が普及し、砂糖消費が増加した。そのため。西インド諸島ではサトウキビのプランテーションが盛んになり、奴隷を必要とした。紅茶はお湯を沸かして飲むからコレラの予防になったという。そんなことを考えながら朝食をとった。

 最大の目的のブードゥ教の市場にはいってみたいので、空港の途中に寄ることにして、ホテルでタクシーをたのんだ。 Akodessewa Fetish Marketという。ネットの書き込みでは、入場5000セーファ、つまり10ユーロとあった。 市場には着いたが、運転手はよく知らないらしく、みちすがら、聞く。聞くとすぐに分かった。やはりブログであるように写真などで有料だという。相場も知っていたので、10ユーロ払った。他に客はいない。店の人がドライバにチップを握らせていた。道も知らなかったドライバーにしたら、大変な余禄である。

 さすがに、ここの土産を買う人はいないだろう。匂いもするが、多少匂いもしないと気分もでない。11月から12月にセレモニーがあるという。猿や馬、カバの頭蓋骨が置いてある。先進国の屠殺場よりは原始的というだけで、生きたニワトリを売っている市場は他国でいくらでもある。動物愛護からすると問題になる時代が来るかもしれないが、その頃は、トーゴーも経済成長して、完全なる観光化しているだろう。

 空港到着。運転手に十ユーロ紙幣を渡すとユーロ紙幣がわからないらしい。ホテルの従業員から現地通貨を持っていないのでユーロで支払うということが伝わらなかったらしい。私の英語が悪かったのかもしれない。空港係員がユーロ紙幣のことを説明してくれていた。相場の二倍払っていることがわかったらしい。市場でチップももらったのだから、彼には朝からいい日のはず。

  空港の建物の中に入るのに、ポーターが自分を雇った荷物を持った客を優先してセキュリティにいれている。なかなか建物に入れず、こちらはリュックしかなく早くから並んでいるので、早くしてくれというと、通してくれた。電子チェックインずみだが、スターアライアンスの番号を登録していたか確信がもてず、カウンターへ行く。カウンター係員が入力のやり方がわからないようで、何度も隣の人に聞いて入力し、三十分かかる。まあ、ラウンジカードがないとまた、セネガルでもめたようになるので、カードをだしてもらう。アジスアベバでは、結果的にはANAのゴールドでラウンジにはいれた。

https://photos.google.com/album/AF1QipO8fOVKpq_HAi1aHidHTojI4tTg62RFCQ6jmSxG/photo/AF1QipNaSs-EUfBfQv4cO6r2-9zBObyj7H7FxEf0zFih

トーゴーでの支出は、ホテル74€(カード払い)、タクシー10€、ブードゥーの入場料10€の祖移出であった。 ドバイではメトロ22✖️30円 ラゴス では水 200✖️0.3円、 タクシー33ドル、 アクラでは、 チップ2 $、部屋代    両替2$、 ロメ までのタクシー代150ドル

アクラもロメも、若い頃訪れたタイやインドネシアを思い出す。道路は未舗装で沿道に物売りが多い。順番に発展するだろうから、いずれ、西アフリカの人たちも海外旅行ができるようになるだろう。日本人がタイに赴任し、生野菜など食べて肝臓をやられた話は当時枚挙にいとまがないくらい聞かされたが、今そんな話は聞かないから、いずれ西アフリカ諸国もそうなるだろう。

 ネット情報では、トーゴーも医療事情は概して良くはない。毎年のように首都ロメではコレラが流行,熱帯熱マラリア。十分加熱したもの食べ,生野菜,カットフルーツ,水道水,氷等は避けるとネットには出ている。「 蚊に刺されないように長ズボン靴下長袖シャツを着用し,露出部分には蚊の忌避剤を使用。日本で購入可能な忌避剤は,成分DEETが12%未満で,効果は十分ではない」とも注意されていた。しかしそれほど過敏になることもない。

アフラオ国境 Aflao Border

トーゴ共和国の公用語はフランス語、通貨は西アフリカ・セーファーフラン。トーゴの首都 ロメ Lomé は国境に接しており中心部まで3km、徒歩なら30分。外務省情報では「トーゴでは手荷物を狙った犯罪が多く発生。ひったくりの被害に遭いかねません。」とある。

関連記事

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

北中米旅行記④ 11月8日 ケイマンからキューバ入国

◎ブルーマウンティン  キングストンからハバナ行のカリブ航空の航空運賃は183ドル。これに税金負荷

記事を読む

no image

3⃣ 2  2018.8.15 フェズ、カサブランカ泊

https://photos.google.com/share/AF1QipMWth67t8N3_w

記事を読む

no image

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmek

記事を読む

平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

11月18日 午前 ハルピン市内の歴史的建造物  松花江鉄橋 スターリン公園等

https://photos.google.com/share/AF1QipNh_0YzKi5sPt

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

no image
MaaSのおとし所

チームネクストの総会に参加していくつか私なりに進展があった。

no image
 ホテルと旅館『西洋靴事始め』稲川實 現代書館

観光学でホテルと旅館の違いを説明するときに、私は芦原義信氏が西洋建築

no image
ヒットラーとユダヤ人

彼は共通の敵を作ることで、国民の心を掌握しようとしました。その標的

no image
米軍現役兵士の数

およそ130万人 うち20万人弱が海外 日本4万、ドイツ3万5

no image
ソ連の北方四島占領作戦は、米国の援助のもとで実施されたという「発見」 『さらば!検索サイト』太田昌国著 現代書館 

また私の頭の中で「歴史は新しく作られる」という例が増加した。表記のp

→もっと見る

PAGE TOP ↑