*

草津温泉

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 展開されている人流・観光事業に関する感想等

2015年5月30日 知人の誘いで草津温泉日帰り旅行。使用していない民間保養所を購入するか否かの相談に乗るため、現場を見に行ったわけです。国鉄時代草津は鉄道敷設計画があり、国鉄バスが走っていましたから、今でもJRバスが走行しています。町営のバスターミナルが整備されています。アクセス道路も徐々に拡幅されてきたようです。メロディー道路が整備され、車をはしらせるとタイヤの摩擦で道路から「草津よいとこ、一度はおいで・・・」と聞こえてきます。

注(道路に小さな溝を連続的に作ることによって、その上を車で通ったときに、走行音が溝の中に反響して音が出ます。溝の間隔が狭いと高い音、間隔が広いと低い音が出ます。)

草津は海抜千メートルの高原地ですから別荘も多くあり、一般家庭ではエアコンはないようですが、旅館ではそうもいかないようです。冬は零下10を超えるようですから、温泉を活用した温水供給が行われいます。融雪も温泉活用ですが、環境保全も必要になります。

IMG_2808

草津温泉の観光施策に関しては、『観光政策論』第6章http://www.jinryu.jp/public/wp-content/uploads/2014/05/treatise003.pdf で記述してあり、人流・観光研究所HPにもアップしてありますから、ご一読ください。日本の温泉地でも草津町は入湯税収入が全国ベストテンにはいる優良地です。従って財政状態も良かったことから、町村合併にも参加せずに来ています。

現在でも270万人の入湯客があるという温泉地ですから、2百万弱の加賀三温泉が束になってもかなわない力があります。北陸新幹線開通で時間距離的には、車で都心から3時間半かかる草津と加賀温泉郷は変わらなくなりましたが、総合力ではまだまだ草津にはかなわないでしょう。草津温泉の客層は大きく変化したようです。バスでくる団体客が激減したかわりに、家族やカップル客が増加し、その結果入湯客の数は変化していないとのことです。観光客の多い時期は8月に次いで3月というのも若者、学生の卒業旅行の対象地になっているということのようです。個人客確保ができず入湯客が半減した加賀温泉郷との差が感じられます。今回の訪問でも、カップルが目につきました。

使用されていない民間保養所の管理は隣接する草津熱帯圏トロピカルワンダーランドが引き受けておられました。同園は草津温泉から長野方面に道路が開通して袋小路ではなくなったときに、地元住民の心配を解消するために誘致されて開園したとのこと、最盛期25万人の来園者があったとのこと、現在は8万人だそうです。ドクターフィシュ(右)に人気が集まりました。

IMG_2782IMG_2804

 

ユーチューブに動画もあります。

草津は9割が国有地ですから、温泉権の問題も政策論的には理想的で、草津町が管理しています。この点は加賀温泉郷は歴史がバラバラですから市民のものとはなっていません。従って休眠中の保養所を取得する場合には、草津町に温泉の利用について新たにお願いすることになるようです。国有地を利用したスキー場のふもとに林野庁共済組合の保養所があります。共済組合の保養所は民間売却が原則ですが、ここはまだ残っているようです。泉質主義の源泉かけ流しのお風呂があり、体験させてもらいました。温泉の質を言い出すと、加賀温泉郷は頑張らないと大変です。

IMG_2838

 

湯量豊富な草津温泉では、自然に湧出していた温泉がそのまま河川に流入し、死の川となっていたことから、国土交通省の施設において、使用された温泉はすべて中和して河川に放出することが行われています。『観光政策論』第6章でも紹介しています。その施設が偶然休眠中の民間施設のとなりにありました。いま、水質保全の観点から全国の温泉地では、使用した温泉をそのまま排出することが禁止されています。そのことに鈍感であった温泉旅館経営者は、法律が成立してしてから実行ができないと嘆いていています。当座法律の施行が政令で延長されていますが、法治国家において無期限に延長することはできないでしょう。しかし、草津では昔から水質汚濁が問題になり、河川行政において対応されていたようです。一つの解決方法として参考になるでしょう。

IMG_2825

 

帰りに、民主党政権時代話題になった「やんばダム」予定地付近を通過。横目で見ながら東京に向かいました。

人のうわさも75日。本当に実感します。

IMG_2845

 

 

http://www.asahi.com/and_M/gallery/20140710_train_yamba/01.html

 

関連記事

no image

英国のドライな対外投資姿勢 ~田中宇の国際ニュース解説より~

私の愛読しているメール配信記事に田中甲氏の田中宇の国際ニュース解説 無料版 2015年3月22日 h

記事を読む

弘前・青森旅行 チームネクスト13回研修会に参加して 2016年8月1日~3日

チームネクストの研修会が弘前で開催。この機会に現地の北星交通社長の下山さんのお世話で弘前のねぷたと青

記事を読む

no image

『プロヴァンスの村の終焉』上・下 ジャン=ピエール・ルゴフ著 伊藤直訳 を読む。2017年10月15日

市長時代にピーターメイルの「プロヴァンスの12か月」読み、観光地づくりの参考にしたいと孫を連れて南仏

記事を読む

no image

チームネクストin神戸 に参加 配車アプリと神戸観光

2015年7月10日 久しぶりの神戸でした。私の役割は、稲員会長と一緒に、ロンドン合宿の報告です。報

記事を読む

no image

安易なフードツーリズム、食育、和食神話への批判

公研2016年6月号に「食の安全とリスクを考える」畝山智香子(国立医療品食品研究所安全情報部第三室長

記事を読む

no image

肥後交通グループの第2回オフサイトミーティングに参加して

チームネクストの番外の研修として、熊本県人吉市に所在する中小企業大学校研修室を使用して開催された、肥

記事を読む

no image

一見さんお断りの超一流旅館のコンプライアンス

インバウンドブームがまだ本格的に始まる前、大連にある大学の観光学の教授から、中国の富裕層を数人日本

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

no image

パブリックコメント「道路運送法における登録又は許可を要しない運送の態様について」の一部改正に関する意見公募について

道路運送法の有償性に関する事務連絡の改正が検討されており、パブリックコメントが募集されたので、応募し

記事を読む

「セブンタクシーが山手線で中国語広告を出したワケ」

日経ビジネス2015年4月10日に、「セブン銀行が山手線で中国語広告を出したワケ ATMのガラパゴス

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑