*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019年2月11日 ナイジェリア 国連加盟国119か国目 

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 シニアバックパッカーの旅

ラゴス空港の様子(動画)

https://photos.google.com/photo/AF1QipMDZM0k4hEoQHMVJBWEEiIglfV-rqKp90GfXkQh

https://photos.google.com/photo/AF1QipPfUhHzNL13UDyJHL4CDeEQvLDGIzirmgYJdZwB

https://photos.google.com/photo/AF1QipOTDQ69ZXF_4C-xIlIp5RcakMI7EQOdYJsFdvBB

https://photos.google.com/photo/AF1QipPeIDArq7YX5VKhc0hGqXX3lje299-bjf1OF6_J

https://photos.google.com/photo/AF1QipNUFC-b9BH8US0d1KQX7KviRupoOJd8m787W0ov

https://photos.google.com/photo/AF1QipMDZM0k4hEoQHMVJBWEEiIglfV-rqKp90GfXkQh

https://photos.google.com/photo/AF1QipN_tuax9Kispe7khnsHTR5RWRJpO9zMeJKQYINa

https://photos.google.com/photo/AF1QipMPfYpVEPZzsu9bnBv9N7EES7E-4bvGmky93Y6I

 

 流石にエミレーツのターミナルはおおきく、ラゴス行きはかなりはじにおかれていた。 そのラゴス便でも13か国語に対応できると言っていた。 機内映画にボヘミアンラプソディがあった。仲間がフレディに歌詞を覚えろといっていた。BBCは口パクでも構わないというシーンがあり、BBCはどう思うか聞いてみたいと思った。日本のテレビ局は聞かれなくても当たり前なのだろう。ノッチングヒルズもみた。懐かしい。 帰りのエミレーツの便では、グリーンブック、アリーに万引き家族とアカデミー作品をみた。 万引き家族は児童虐待があり、時代を先取りしている。キャスティングがよい。 樹木希林さんに柄本明さん、希林さんと柄本さんの奥さんは鬼籍に入られた。原作脚本は監督の是枝裕和、舞台が荒川区なのには、西川区長もどうおもわれるか。地方の首長だと大喜びするところだが。 グリーンブックとは黒人が泊まれる宿が出ているもののことを言うと知ったが、日本では旅館業者が違法民泊という言葉を作っている。グリーンは人の名前だそうだ。 アリーではレディガガがでていた。加賀市でややパロディ化させたレディーカガを思い出した。アメリカではクィーンもそうだが、地方巡業が重要なのかと思う。日本だとテレビ出演なのであろうが。言葉は意味があり、後天的なものであるが、音楽は人類共通の不変性がある。悲しい曲はだれでも悲しく聞こえ、楽しい曲は誰にでも楽しく聞こえる。勿論、音楽が聞こえるだけで頭が痛くなる人がいることも本で読んだが、一般的には共通性があるのであろう。だから、世界的大スターが誕生する。そのことを論理的に証明できれば、観光学の発展にもなるのだがといつも思う。 ラゴス空港の出口でタクシーブースのおばさんが声をかけてきた。空港と都心往復でタクシー30ドルという。事前情報と同じなので、まかせることにした。乗り場まで案内してくれた。ドライバーに話をしている。教会の写真をみせたが、道が大混雑で無理なようだ。向かってはみたが、引き返した方がいいとおもった。 スマホで、ドコモのパケットパックを初めて使用した。マップを見る。どの辺りか見てみると、まだ空港のちかく。とても無理だと思っていたら、ドライバーに連れていかれた教会は別のものだった。彼は私が教会に行きたいのだろうと、近くの大きな教会に案内してくれたのだ。教会の駐車場の係員か選挙のポスターをドライバーにわたしていた。時間がないのでしかたがない。ラゴスの世情がすこしみえたかとおもう。CNNでいつも見ている豪華なラゴスはお預けになってしまった。

 

なお、ナイジェリアは人口2億のアフリカ最大の巨大国家。治安、衛生面で地方はまだまだ個人旅行ができるところではない。ラゴスはCNNの宣伝でもよく出てきており、都会であるが、巨大都市で見て回るには時間が必要。クレイジーラゴスと言われている。今回は国の数を増やすことに力点があったので、垣間見る程度になってしまった

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

BBCも公平ではなく、決めつけて詰問している印象。むしろ中国大使の方が冷静に応対。私の乏しい経験でも

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 11月18日午後 ハルピンの安重根記念館 サンフランシスコのForgotten Camp

動画 https://www.facebook.com/shuichi.teramae/video

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年1月29日 パラマリボから日帰りで🏳‍🌈㉚仏領ギニアのサンローランデュマローニへ

https://photos.google.com/share/AF1QipMPnFlqRCs6

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ⑨ ジャパンナウ観光情報協会9月号原稿 ミャンマー散骨旅行記(2)

ヤンゴンはこれから高度経済成長期を迎える。1970年初めて渡った時の香港に感じが似ていた。宿泊したホ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2017年5月11日 コソボ五輪5(🏳‍🌈⓫国連未加盟)5時間の旅

マケドニアのホテルにメールをしたら、150ユーロで空港送迎+コソボ往復を引き受けてくれた。ドライバの

記事を読む

アイルランド

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2005年7月28日~8月9日 アイルランド(国連加盟国24か国目)

早苗とダブリンに行く。オスカーワイルド博物館、トリニティ教会、大学、ギネス博物館といったところ。当時

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2013年5月 バングラディッシュ(国連加盟国56か国目)

バングラディッシュでのガイドは、日本でも働いたことのあるという人物で、旅行会社の経営者でもあった。ダ

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 ジャパンナウ原稿2019年11月 太平洋島嶼国等の観光政策

 ラグビーのワールドカップ戦を偶然サモアでむかえた。現地は日本時間より五時間早く、開始時間は深夜。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーのへ道 1981年 米国⑵ニューヨーク、⑶ワシントン ⑷バージニア州ウィリアムスバーグ、⑸イリノイ州シカゴ、⑹ハワイ州ホノルル

1980年情報管理部内で、調査企画課から情報処理課に移動。日本電電公社からの出向者、松原(技術)、名

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 サモア(国連加盟国138か国目) 2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑