*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月23~24日 塔の街 サンジミニャーノ

公開日: : 最終更新日:2023/06/12 シニアバックパッカーの旅, 海外観光

FACEB00K投稿文

 

GOOGLEPHOTO

https://photos.google.com/album/AF1QipOfwa1G75-k3wkTWXWEMOrPfXazIKOVSf4tT5no

   

 

 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOSdJW8sQSG1QdUvSf01E5Gji5ZRmw8KV4TKIDO

 

 

 

◎事前調査資料 サンジミニャーノは一周遅れのトップランナー

標高324mの丘の上にあり、中世には多くの塔が造られたことから「塔の街」と呼ばれた。サン・ジミニャーノは、フランチジェナ街道(ローマへの巡礼路)とピサ―フィレンツェ間を結ぶピサーナ街道が交差する交通の要衝。9~12世紀にかけては、当時、染め物の材料として重宝されたサフランの生産と交易で発展。町には塔が林立。現存するのは14本、13世紀には72本の塔。塔は貴族たちが派閥闘争から身を守るために建てた。塔の上に見張りを置き、敵が邸を襲ってくると、その頭上から石を落したり、熱湯をまいたりして追い払ったと言われている。塔は富と権力の象徴となり、貴族たちは次々に豪華な塔を築き、高さを競い合うようになった。その競争があまりにも激化したため、1311年、町の当局は町の中央にあるポポロ宮に高さ54mのグロッサの塔を建て、これより高い塔の建設を禁じた。それ以前に建てられていた塔も、54mを超えるものは低くしなければならなくなった。14世紀半ばのペストの流行で町は衰退、さらに教皇派と皇帝派の対立から内乱が勃発し、街は衰退しフィレンツェ共和国に組み込まれた。以後、他の街が塔などを解体し新しい街並みを整えたのに対し、サン・ジミニャーノはあまりに衰えたため再開発さえなされませんでした。が、このことで中世の街並みがそのまま保存されることとなり、現代に伝えられることとなった。この一周遅れのトップランナー現象は観光資源の世界ではたびたび発生することである。

Poggibonsi Fs

   

サン・ジミニャーノ】 シニア夫婦「イタリア・スイス」リピート旅行:5日目 - ブログ「安心院の里」

バス停から宿

宿から広場

 

 

関連記事

no image

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8~9月 中東アフリカ旅行全体

facebook投稿文   2023å¹´8月21日夜、成田をドーハ経由イラ

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ⑦ 2月23日~24日 ⒀ジョージア州 アトランタ

2018年2月23日トリニダートドバコ⇒マイアミ⇒アトランタ(米国13州目) トリニダートドバコを

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 中東・バルカン旅行を終えて(まとめ・未定稿)

〇一人当たりGDP とりあえず訪問国の、2016年IMFと2015年国連の一人当たりの名目GDPの比

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月14日 キエフとチェルノブイリ概観

キエフの街 キエフで宿泊したホテルは朝食がない。キオスクが街角に多くあり、購入。驚いた

記事を読む

no image

人流・観光学概論修正原稿資料

◎コロナ等危機管理関係 19世紀の貧困に直面した時、自由主義経済学者は「氷のように

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2014年1月 ウルグアイ(国連加盟国59か国目)

ブエノスアイレスから対岸のサクラメントまで船が出ており、ウルグアイまで日帰り往復ができた。これで国連

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2008年2月 ヴェネズエラ(国連加盟国38か国目)エンジェルフォール

「国の豊かさは指導者で決まる」世界1位の産油国『ベネズエラ』が経済破綻した理由 https://y

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2007年5月 スリランカ(国連加盟国34か国目)シギリアロック

googlephoムービー https://photos.google.com/photo/A

記事を読む

no image

🌍🎒モンゴル観光調査の準備~社会主義が生み出した民族の英雄~

8月17日から2週間、地球環境基金の仕事でモンゴルの観光、環境調査に参加する。予備知識を得るため参考

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月22日午後 チンクエッテラ・リオマジロ

Googlephoto https://photos.google.com/album/AF1Qi

記事を読む

PAGE TOP ↑