*

北中米旅行記⑦ グアテマラ、エルサルバドルとマヤ文明 11月11日~13日

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 海外旅行感想, 海外観光

◎ グアテマラ到着
 サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。麻薬検査犬が活躍しているのには驚いた。トランジットは再検査がなく楽だった。明日また陸上から再入国する。グァテマラ便は混雑していた。流動が多いが、陸上が整備されていないからだろう。
 11日夜のグアテマラシティに到着。Booking.Comにメールしていたのだが、うまく連絡がついているのかわからなかった。ゲートを出ると迎えがいたのでほっとする。道路混雑は想像以上である。
img_7642

 宿に到着。ホテルと分からないつくりだが、落ち着いた雰囲気。銃禁止とあるがそんなもんだろう。都心のど真ん中にあるはずだが、市内観光がなくなりメリットが半減した。二泊、朝食に往復足代込みで2万円弱は我々には安いが現地では高額のはずだ。英語はあまり通じない。しかし何とかなるものだ。
img_7650
img_7645img_7655
 
◎エルサルバドル出発
  朝の迎えが7時。朝食も7時だが少し早めに用意してくれた。ガイドは30歳代前半の若者。ホセと自己紹介。私はキューバでスシと呼ばれたので、スシだといった。寿司は国際語になっている。ホセとマリアは太郎と花子。でもホセ、マリアは現に使われているが、花子は聞いたことがない。太郎はうちのお婿さんの名前だから使われてはいる。結果的に参加者は私一人のようだ。26000円の価値はある。ホセのお母さんに「マヤ族」(正確にはこのような民族はいないのだが)の血が流れているといっていた。インテリで人類学を専攻したようだ。素人にもわかるようにマヤの説明をしてくれるので、予備知識がなくても理解できる。日本人の知り合いも数多くいるみたいで、何時か海外に出たいといっていた。名刺を渡し、HPを見てくれるように頼んだ。
 
  道路事情が悪く、物流のためトラックが道を痛めるのであろう。パナマからメキシコまでの道路をよくすれば、観光にも大いに寄与する。面倒な航空機による移動ではなく、車でツアーを組めると思う。パナマもコスタリカも、グウアテマラも観光資源は豊富だが、コンビネーションができていない。

  エルサドバドルはドルを通貨にしている。お札をすれないのはかえっていいのかもしれない。アメリカへの出稼ぎに三百万人が出かけるが、違法移民が多いという。ドルが通用するはずだ。ガイドの話では、中米の5か国はもともと連邦制のもとに一つの国であった。スペインから独立してもメキシコの支配になるだけという複雑なところで、それぞれ、国を管理する能力がが備わっていなかったとの説明であった。面白いもので、メキシコは散々アメリカにいじめられ、領土も取られたのだが、中米諸国には大国であり、それなりの強圧的に対応していたのだ。
 
 出入国管理には興味がある。ガイドブックにあるような入国税は取られなかった。ツアー代金に入っているのかもしれない。スタンプが押され、これで89か国目だ。エルサルバドル側で写真を撮っていると、消去するようにと係官が言ってきた。ガイドの説明では、係官によるとのこと。どこにでもあるはなし。現地の人は身分証明書で往来できる。中米五か国はそうなっているという。外国人旅行客という考え方も変わってくる。ガイドが身分証だけで出入国、ガイド免許はどうなるのか?車は?いろいろ疑問がわいてくるが、英語で話をしなければならないのでやめた。
img_7681
img_7683

◎ マヤ遺跡
 マヤの遺跡は、岩波新書の「マヤ文明」を読んでおいたので少しは頭に入っている。ブログでも簡単に紹介した。https://jinryu.jp/blog/?p=5355
 
 最初に訪問したタスマル遺跡は、アメリカ人のスタンレーが発掘した。紀元400年頃栄えた文明である。JICAも協力して保存に努めているが、スタンレーと異なり、コンクリート復元せず、もとのまま保存している。マヤは数字のゼロをインドより先に発見した高度な文明である。当時のマヤの人たちは360ccの脳の容量であり、生物学的には現代人とかわらないから、そもそも人類がなぜそこまで脳を進化させていたのかという疑問がわく。我々が蛇を恐れるのは密林生活の長かった先祖のDNAを受け継いでいるからで、高速走行の自動車の乗ることを恐れる本能はないから、文明が発達したといわれている。そういう意味では、現代の日本の豊かな暮らしは僥倖であり、西洋の人も、途上国の人も、マヤの子孫も生物学的には脳の機能は変わりはないはずである。白人支配(日本人の場合は擬似白人扱い)を根拠づける帝国主義は科学的には完全に間違いである。先進国の現代人は歴史の既得権の上に乗っかっているだけであり、幸運だと思って感謝しなければならない存在であろう。
img_7691
img_7704
img_7717
img_7713img_7715
img_7730
緑の植物は藍である。

 次に訪問したサンアンドレス遺跡は、当時中心的存在であったコパン王朝と深い関係があるそうだ。マヤは比較的小さな集落の集まりであり、交易が盛んであったということになる。サンアンドレスのシャーマンは長い間雨を降らせることができず、住民に追放されたとの説明は面白かった。神の声を聴けるシャーマンの存在を否定はしなかったが、雨を降らせるという実績が伴わない場合、住民には忍耐にも限界があったということである。古代中国でも、亀甲占いでおかしな兆候が出ると、占い師は自ら鋭利なものを用いて傷をつけ、占いの結果を変えたと聞いているから、サンアンドレスのシャーマンも早々と所替えすればよかったのであろう。
img_7740img_7741

カカオの木 カカオの実を発行させると覚醒作用のある飲み物ができるとのこと。儀式のときに用いたようだ。
img_7733

 ホヤデセレンは中米のポンペイと呼ばれる世界遺産である。土木作業中、1976年偶然発見されたそうだ。無視するような業者でなくてよかったと思う。シャーマンが女性だったので、ロマ・カルデラ火山が噴火したとき本能で退避したと説明があった。男性だと様子を見てからとかの判断をしたであろうから被害者が出たであろうという。納得のできる解説だ。テマスカルというサウナがあり、温度調節装置もついていた。網の目状の壁は、外からは内側が見えず、内側からは外が見えるようになっているとの説明。高度なものだ。
img_7764img_7767

img_7768
img_7734

img_7777img_7765

帰路に時間がかかった。クリスマスデコレーションの日といっていたが、大勢の人が繰り出していた。街は暗いが人がたくさんいるので、それなりに安心できるのであろう。しかし、ホテルに帰ったら、すぐに休んだ。

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記6 タンザニア・キリマンジェロ

2月13日~14日 タンザニア・キリマンジャロ 土曜日はキガリからの直行便がなく、ナイロビ経由

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記10 人流を考える

今回の旅行は、ワンワールドのマイレージを使用した10日間の自己手配旅行であった。この行程ではビジネス

記事を読む

1⃣ 7 2018.8.7 RITZ

7日の日 イングランド銀行で古い£紙幣を新札に交換してもらい、リッツに移動。レセプションは意外なほど

記事を読む

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

⑥ 5月21日夜22日朝のヤンゴン市内観光

21日夜6時 ゴールデンロックからヤンゴンに戻る。途中でシェッタゴンバヤーが見れた。 ガイドさ

記事を読む

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

179 ガンビアBLJ資料

目黒区青葉台 セネガル大使館   <必要書類>有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑