*

モーリシャス(143) 2019年2月15日 

公開日: : 最終更新日:2019/03/01 海外旅行感想, 海外観光

セイシェルの宿にいたとき、エアオーストラルからメールが来た。オンラインチェックインの案内である。こちらの方は入力も円滑であった。ただよく読むと、プリントアウトしろとある。空港でスマホを見せればいいのだろうと勝手に解釈。それでもチェックインしているだけ安心である。席は窓際に変更した。レユニオンを空から見たかったからだ.後でわかったが、ビジネスからエコノミーに変更してしまったので失敗であった。

  空港で、タクシー運転手と交渉したが、なかなかまとまらなかった。最後に交渉した運転手は70ユーロを60にしてくれた。 道は整備されている。高速道路もあり、ポートルイスにはクルーズも寄港していた。人口が約130万人だから、セイシェルとは、一桁大きい島である。

 ネットの書き込みでは汚い街の印象が強かったが、そんなこともなかった。インド文化に対する認識の差ではないだろうか。 モーリシャスは1968年英国から独立、2013年一人当たりのGDPは9,165ドルで、世界平均のおよそ90%の水準である。

 アアブラバシガードは入場無料。これだけでも先進国の文化である。書き込みとは違い、説明はよくできているが、資料がすくないのだ。これから発掘されるだろう。奴隷制度はなくなったが、年季契約労働も、かなり奴隷に近い。しかし、故郷のインドの村にいても、生活はサトウキビ畑の労働者とあまりかわりはなかったのだろう。少しはマシになると思って契約したのだろう。日本の外国人労働者も、中間搾取が厳しく逃げ出す者がいることを思い出した。

  セブンカラードアースの入場料金は250ルピー、カードで支払うことができた。最初に二筋の滝。自由の女神と同じ高さがあることを説明ガキに書いてあったので、記憶に残る。七色とは虹。六色とする文化もあるが、七色と思えば七色だ。しかし、土の色だから、あまり鮮やかなものではない。ネーミングがよかったのだろう。外国人が多く集まっていた。もちろん中国人もだ。しかし私はもっとあざやかな鳥がいたので、そちらに気を取られてしまった。帰りの沿道では、ヒンドゥー寺院が目につく。モーリシャスは七割がインド人。でも夜はコーランのお祈りが聞こえた。インド人には、イスラム教徒も多くいるのだ。 タクシー60ユーロだったが5ユーロ余計に欲しいというのであげた。もともとチップを出そうと思っていたので、構わない。

 宿は看板がない。運転手に連れて行ってもらわないといけなかったと思う。地図ではわかりやすくなっているのだが。ケンタッキーフライドチキンみたいな店の二階であり、案内されないとわからないが、なかは書き込みにあったように、こぎれいで文句はない。店でチキンふた切れと水を買って、全部で1311ルピー、約四千円。空港まで2キロなのだが、グーグルはどういうわけか、徒歩で六時間タクシーで七分とでる。

(アアプラバシガード等の動画)

https://photos.google.com/share/AF1QipNk1NCHbyFlLZ5ZL_pcMMdFinvmgdOAFJn6FL8mqbAHHZUV0bL-c3IvfDTxmQohrw?key=QlFGSmJ2TlNmNWJLNHNXRUxHQzl4aEpGSVNVTk53

https://photos.google.com/album/AF1QipPU9AYMi9LAJRZ3Jf1j-rwChu-iI4fZLZHMgxeQ

(七色の大地の動)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxLzckBdZn7k2xV8kAOHacpHIYzUnlr1MR3RVrLGwF7rcHtGkC_xQ31PnGNeMdSQ?key=dENaREtkcFA4UWctZjhKT19DdUYySlpNNUtrREFn

島の南西部にある「七色の大地」。地面に虹を描いたような神秘的なグラデーションをみることが出来るのは、ココだけ!土地に含まれる火山の鉱物とシャマル特有の大気が触れることで起こる化学反応がおこす、自然のアートです★

「神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った」と『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られるマーク・ トゥエインに言わしめたモーリシャス。民族構成は多様だが、19世紀にサトウキビ農園の労働力として移入されたインド系住民が過半数を占める。イギリスの植民地時代は、モーリシャス島から北東へ約2000km先にあるチャゴス諸島と併せて統治されていたが、独立直前の1965年11月に分離され、チャゴス諸島の住人約1800人はモーリシャス島へ強制移住させられた。

アープラヴァシ・ガートは、ポートルイスにある移民受け入れに使われてきた建造物群の総称。2006年にモーリシャスで初となる世界遺産に登録された。アープラヴァシ・ガートは、1834年から1910年まで主にインドからわたってきた労働者の迎え入れに使われた場所で、現存する施設は1849年に作られたものである。現在のモーリシャスでは、このインド系労働者の末裔が全人口の68%を占めている。1849年に作られた建造物群のうち、現存するのは15%である。波止場、入り口の門などが、部分的に残っている。1835年2月1日に、モーリシャスでの奴隷制が廃止された結果、製糖業での人手不足が深刻なものとなった。イギリスたちは、労働力調達のための新たな仕組みを取り決めた。1834年からフランス系モーリシャス人やイギリス人の農園主たちは、インドからの労働力の調達と輸送を整備した。この仕組みは「クーリー貿易」と呼ばれ、やってきた労働者は「クーリー」と呼ばれた。この受け入れ施設から製糖所に送られたインド人、あるいは中継してレユニオン、豪州に送られたインド人などは、全部で40万人に上ったとされる。1970年代になると、「クーリー」には差別的な含意があるとして、「クーリー・ガート」は「アープラヴァシ・ガート」と改称された。これは、ヒンディ語で「移民発着所」などの意味である

関連記事

ナミブ砂漠ツアー (147) 2019年2月19日~21日

(動画 初日1、2) https://photos.google.com/album/AF1

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

トーゴ(141)はLomeの、ブードゥー教市場と都心風景 2019年2月12日~13日 

 昨日、ロメのホテルに入り、そのまま就寝した。日中リュックをしょって歩いたので、くたびれたのと、時

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

ザンビア・リビングストン(152)ジンバブエ        2019年2月25日、26日 

ヨハネでトランジット。こんどはBAのラウンジ、と思ったが、ラウンジは午後四時から。しかもフ

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

2-➀ 2018年9月13日 モスクワ→モルドバ共和国(130)、沿ドニエストル共和国(131)、ウクライナ(132)オデッサ、キエフ

12日のレセプションの後、GETTで配車予約をして仮眠をとった。ガイドさんの話ではGETTの

記事を読む

no image
太平洋戦争で日本が使用した総費用がQuoraにでていた

太平洋戦争で、日本が使った総費用はいくらでしょうか?Matsuoka

no image
You-Tube「Cruise to Japan in 1932」に流れる「シナの夜」

1932年は鉄道省に国際観光局が設置されて2年目、インバウンドが叫ば

no image
『物語 ナイジェリアの歴史』島田周平著 中公新書

アマゾン書評 歴史家トインビー曰く、アフリカはサハラ

no image
格差社会と階級社会 

 『日本の経済』伊藤修著 中公新書 と 『新日本の階級社会』橋本健二

no image
『中国はなぜ軍拡を続けるのか』阿南友亮著

第40回サントリー学芸賞(政治・経済部門)受賞!第30回アジア・太平

→もっと見る

PAGE TOP ↑