*

コモロ連合(146)2019年2月17日

公開日: : 最終更新日:2019/03/05 海外旅行感想, 海外観光

 ビザは青葉台のセネガル大使館で取得。3千円。コモロ滞在時間が少ないので、ビザは事前に取得した。短すぎてビザは出せないとセネガル大使館では言われたが、事情を話して何とか出してもらった。内心は余計なお世話だと思ったが、まだまだ官が強い国なのであろう。ネットの書き込みではマダカスカル航空は、遅延が多いことで有名であった

 アンタナナリブから、docomoのパケ放題が繋がらない。コモロ入国時ビザ申請用紙くれたが、ビザは持っておりいらないので入管に直接ゆった。しかし、入管の女性がどれがビザかわからないらしく、私が開いてみせた。スタンプの数が多くわかりづらいのは確かだ。しかし次に、ビザを見て期限が過ぎているとわけのわからないことを言うので、期日の場所を示して、大丈夫だというと、渋々ハンコを押した。悪く考えるとアライバルビザで小遣い稼ぎを考えていたのかもしれない。

 税関では、例の軽くなったリュックを開けというので、好きにさせた。何もあるわけがないが、暇なのだろう。いよいよタクシー。英語ができずフランス語しかできないドライバーが制限区域の中まで入っていた。ただ彼しかいないみたいである。ポリスが英語ができ、通訳してくれた。30ユーロでモロニ往復、観光付きで、二時間ということだ。一時までには空港に戻るということでまとまる。国力に比べれば 多少高いが、ガイドブックの相場でもある。


 空港外で別の男がタクシーに乗り込んできた。途中で知らない人が乗り込んでくるのはバークーでもあったことだ。今度の場合は英語の通訳だというが、モロニまで戻るのに便乗してきたのだろう。まあウィンウィンだから構わない。モロニの街は観光地ではないから、率直に言って汚い。海岸に打ち上げられたゴミのやま。プラスチック公害。


 通訳の男が、どこかの大使館(聞き取れなかった)だとわざわざいうので、写真を撮ったら、ガードマンがとびだしてきた。写真を消せというので消したとみせたら、これまでのを全部消せと大声でいうので、当然拒絶した。もめていると、中から上役らしいのが出てきた。彼が写真を見て、後は無関係だとわかり、了解したのか、最初の男を諭していた。こちらにすれば当たり前だ。案内した通訳を務めていた男が消え入るような感じだったが、私としては、運転手に貸しを作ったようなもので、好都合でもあった。通訳が案の定、途中で下車していった。
  帰り際にスコールがきた。激しい雨であるがすぐに止んだ。そのあとの火山溶岩台地の景色は印象に残る。
 空港では、とにかく順番を守らないところだ。セキュリティで引っかかる。ズボンのチャックが反応。なんならズボンを脱ぐかと冗談を言っても英語が通じないところであった。まあ、暇だから、双方問題はないが。 マイヨッテがコモロ連合を離脱する理由もなんとなく理解できた。ただ、両者ともイスラムが98%と多いことは共通している。マダガスカル航空の案内はなし。列があり聞くとマダガスカル行きだというので並んだ。ダイヤより早発した。

https://photos.google.com/album/AF1QipOLn_12hmxaVXKm0ibHf0ZLpv_jD6-5EWKJzYXB

関連記事

ガーナ(140)入国・アクラからロメへの陸路の道中 2019年2月11日~12日  

ラゴスからアクラに向かう。アフリカワールドエアラインは、列が少なく、チェックインも簡単だっ

記事を読む

CUBA③ 10th NOV 2016  Havana Train Station  & Flight Cancellation

Morning walk. I went out to the train station and

記事を読む

Is it true only 10% of Americans have passports?

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-42586638

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

⑥ 5月21日夜22日朝のヤンゴン市内観光

21日夜6時 ゴールデンロックからヤンゴンに戻る。途中でシェッタゴンバヤーが見れた。 ガイドさ

記事を読む

北中米旅行記⑦ グアテマラ、エルサルバドルとマヤ文明 11月11日~13日

◎ グアテマラ到着  サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。麻薬検査犬が活躍し

記事を読む

平壌、開城、板門店(3)

◎金さんはアントニオ猪木さんの一団数十人が訪朝するので忙しいが、朝鮮国際旅行社の金哲日本部長から頼ま

記事を読む

北中米旅行記③ 11月7日 ジャマイカ・キングストン

◎11月7日午後 Kingston到着  カリブ海でジャマイカは大国のはずだが、治安が悪く、所

記事を読む

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは

記事を読む

ナミブ砂漠ツアー (147) 2019年2月19日~21日

(動画 初日1、2) https://photos.google.com/album/AF1

記事を読む

no image
human geography

TVドラマのエレメンタリーホームズandワトソンのなかで、ホームズが

no image
「温度生物学」富永真琴 学士会会報2019年Ⅱ pp52-62

(観光学研究に感性アナライザー等を用いたデータを蓄積した研究が必要と

no image
Nikita Stepanov からの質問

Nikita Stepanov (Saint-Petersburg

ヘルシンキのKutsuplus Maasより先にあったもの

㈱システムオリジンから出版した「観光・人流概論」169ページにヘルシ

no image
住と宿の相対化 インドから上陸「不動産業界のアマゾン」の正体の記事

東洋経済の記事 https://toyokeizai.net/

→もっと見る

PAGE TOP ↑