*

コモロ連合(146)2019年2月17日

公開日: : 最終更新日:2019/03/05 海外旅行感想, 海外観光

 ビザは青葉台のセネガル大使館で取得。3千円。コモロ滞在時間が少ないので、ビザは事前に取得した。短すぎてビザは出せないとセネガル大使館では言われたが、事情を話して何とか出してもらった。内心は余計なお世話だと思ったが、まだまだ官が強い国なのであろう。ネットの書き込みではマダカスカル航空は、遅延が多いことで有名であった

 アンタナナリブから、docomoのパケ放題が繋がらない。コモロ入国時ビザ申請用紙くれたが、ビザは持っておりいらないので入管に直接ゆった。しかし、入管の女性がどれがビザかわからないらしく、私が開いてみせた。スタンプの数が多くわかりづらいのは確かだ。しかし次に、ビザを見て期限が過ぎているとわけのわからないことを言うので、期日の場所を示して、大丈夫だというと、渋々ハンコを押した。悪く考えるとアライバルビザで小遣い稼ぎを考えていたのかもしれない。

 税関では、例の軽くなったリュックを開けというので、好きにさせた。何もあるわけがないが、暇なのだろう。いよいよタクシー。英語ができずフランス語しかできないドライバーが制限区域の中まで入っていた。ただ彼しかいないみたいである。ポリスが英語ができ、通訳してくれた。30ユーロでモロニ往復、観光付きで、二時間ということだ。一時までには空港に戻るということでまとまる。国力に比べれば 多少高いが、ガイドブックの相場でもある。


 空港外で別の男がタクシーに乗り込んできた。途中で知らない人が乗り込んでくるのはバークーでもあったことだ。今度の場合は英語の通訳だというが、モロニまで戻るのに便乗してきたのだろう。まあウィンウィンだから構わない。モロニの街は観光地ではないから、率直に言って汚い。海岸に打ち上げられたゴミのやま。プラスチック公害。


 通訳の男が、どこかの大使館(聞き取れなかった)だとわざわざいうので、写真を撮ったら、ガードマンがとびだしてきた。写真を消せというので消したとみせたら、これまでのを全部消せと大声でいうので、当然拒絶した。もめていると、中から上役らしいのが出てきた。彼が写真を見て、後は無関係だとわかり、了解したのか、最初の男を諭していた。こちらにすれば当たり前だ。案内した通訳を務めていた男が消え入るような感じだったが、私としては、運転手に貸しを作ったようなもので、好都合でもあった。通訳が案の定、途中で下車していった。
  帰り際にスコールがきた。激しい雨であるがすぐに止んだ。そのあとの火山溶岩台地の景色は印象に残る。
 空港では、とにかく順番を守らないところだ。セキュリティで引っかかる。ズボンのチャックが反応。なんならズボンを脱ぐかと冗談を言っても英語が通じないところであった。まあ、暇だから、双方問題はないが。 マイヨッテがコモロ連合を離脱する理由もなんとなく理解できた。ただ、両者ともイスラムが98%と多いことは共通している。マダガスカル航空の案内はなし。列があり聞くとマダガスカル行きだというので並んだ。ダイヤより早発した。

https://photos.google.com/album/AF1QipOLn_12hmxaVXKm0ibHf0ZLpv_jD6-5EWKJzYXB

関連記事

no image

11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日本ではされているが、東方見聞録

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

1⃣ 6 2018.8.6 ② ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey)(122カ所目)

ガーンジ島GCI を12:40発 frybe6420便(予約番号AT4BK6) ジャージー島JER着

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ

記事を読む

5月16日 黄土高原を走る 敦煌~格爾木

5月16日朝バスにてホテルを出発。途中3千メートルの峠を越えるが、途中何もない。公衆トイレもあるが汚

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

no image

2019.10.15 シンガポール新嘉坡

DRWMI804SIN1:30SQ52044:45SINMI484MLE11:00SQ45212:

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑