*

ヴァーチャル旅行  トルクメニスタン

公開日: : 海外観光

◎交通

トルコ航空で IST・ASB往復が33000円(片道20000円)と安い。陸路だと、イラン・マシュハドからASBへ入ることになる。従って、TYO・IST・トルコ国内(ワン・タブリーズ)(陸路)マシュハド・ASB(トルクメニスタン観光、地獄の門)ASB・IST・TYOのコースが考えられる

トルコ航空で、DXBとは6万5千円 イラン、トルコ旅行の機会が考えられる。https://japan.tmembassy.gov.tm/ja/consular-services/visa-application

観光ビザおよび乗継ビザの招待状を入手するには、以下の観光会社に問い合わ。

トルクメニスタンに入国の際、入国税が一人10ドル。トルクメニスタン側は緩衝地帯が数キロ続き、この区間を専用の乗り合いワゴン車で移動する事になる。これが一人15ドル。

http://www.owadan.net/jp/home個人手配

ウズベキスタン発着1泊2日、クフナ・ウルゲンチ&地獄の門
トルクメのビザ、専用車、ドライバー、英語ガイド付きでUS$940
ADVANTOUR社利用。
https://4travel.jp/travelogue/11557410

トルクメニスタンにいる日本語ガイドは2017年9月現在たった2人。

日本語フリーガイド ラフシャン・ラヒモフ

そのうちの一人ラフシャンさんはフリーガイド、様々な旅行会社とお付き合いした経験から、皆様からの旅の相談を元に最もお客様の旅行に会った旅行会社の手配をしてくれる。

全部英語でOKなら、トルクメニスタンの政府系旅行会社に頼もう

エコノミーに行きたいなら、現地旅行会社に申し込むのがエコノミーで安くなります。中間マージン無しなので経済的になるのは当たり前。さらに、トルクメニスタンには政府系旅行会社と民間旅行会社があるが、サービスの質も利益も両立しなくてはならない民営旅行会社に対して、政府系旅行会社なら利益を度外視してエコノミーな旅行手段を手配してくれる。もちろん政府系旅行会社なので信用と信頼は抜群!!ビザを得るのにハードルとなる招聘状の発行が、最もスムーズにできる。レバプサヤハット社はウズベキスタン・ブハラ州に接する町、トルクメナバードにあるレバプ州の州立旅行会社です。英語で親身に旅の相談に乗ってくれる。

レバプサヤハット社

入国・クフナウルゲンチ

 トルクメニスタンの隣国、在ウズベキスタンにあるトルクメニスタン大使館に出向き、第三国のビザ(僕の場合はイラン)のコピーを渡し、入国・出国の国境と滞在先のホテルを指定し、10日程度待った後にビザを受け取る。有効日数は希望した入国日から5日。日本の1.3倍の国土面積の土地を抜けるには少し短いように思えるが、東西でも南北でも移動をしていれば2~3日で抜けるのは妥当という論理だろう。
 僕の場合はウズベキスタン国境からトルクメニスタンのクフナウルゲンチという世界遺産の街へ入国し、「地獄の門」のあるダルヴァサの側道を通り、イラン国境にも接する首都アシガバードへ向かってそのままイランへ抜けるという、観光とも疑われかねないコースを指定した。ホテルはもちろん観光を疑われないためにも、見どころが何もないアシガバードに指定。
大使館職員も入国審査官も「観光?」「ダルヴァサ?」という質問を不意に仕掛けてきたが、それらの言葉を出した瞬間にビザ発給及び入国は拒否される。何それ美味しいのか?というくらい不思議な表情をしていたら、意外にも面倒なことは何一つなく入国ができた。しかしながら、自由な観光を認めない徹底したスタンスを見せる彼らに、僕も徹底して「通過」してやろうと決め込んだ印象深い出来事であった。
 入国して最初に訪れたのはクフナウルゲンチという世界遺産のある村。12世紀当時はアムダリア川の沿岸に位置する、かつてのホラズム・シャー朝の首都で、シルクロードではウズベキスタンのブハラに次ぐ人口を抱えた都市だった。しかし、チンギス・ハンの西征でホラズム・シャー朝が侵攻された際に激しい抵抗をしこの街は破壊されてしまった。当時破壊されたミナレットをはじめとする建造物群が世界遺産登録されている。なお、先述のブハラも時を同じくしたチンギス・ハンの西征で街を破壊された。
 乗り合いタクシー乗り場はなんと世界遺産の建造物群の真横ということで、通過目的の僕の目に入ってしまう。(言いがかりをつけられても言い訳ができる!)と思い、何枚か撮影。

◎クフナ・ウルゲンチ

旧ウルゲンチとも訳されるトルクメニスタン北東部の都市である。人口は約3万人であり、ウズベキスタンとの国境線に位置する。新ウルゲンチと呼ばれる現在のウルゲンチは、ウズベキスタンの都市となっている。12世紀には、ホラズム・シャー朝の首都として機能していた。2005年に、UNESCOの世界遺産に登録された。かつて、クフナ・ウルゲンチは、アムダリヤ川沿岸にあり、シルクロードにおける最大の都市であった。

クフナ・ウルゲンチは、チンギスによる虐殺の後に復興を見せることとなるが、1370年代には、アムダリヤ川の流れが北に変わったことにより、自然による都市の破壊が始まった。1370年代には、クフナ・ウルゲンチは放棄され、北には新ウルゲンチと呼ばれる都市が新たに建設されることとなった。時代は既にティムール朝の時代へと変わっていた。クフナ・ウルゲンチでの最初の考古学の調査が実施されたのは1929年のことであった。現在のクフナ・ウルゲンチの遺構は、多くが全壊あるいは半壊に近い状況である。

スルタン・テケシュ廟
画像1

11世紀に建てられた、高さ60mと中央アジアで一番高いミナレット

画像2

修復されたモスク

国境を超えたらクフナ・ウルゲンチまではタクシーになります。所要時間は約15分、料金は20マナトです。トルクメニスタンには闇レートがありまして1ドル=18マナトですから140円くらいですね。タクシーに乗る段階でマナトを持っていないとしたら、ドライバーに言って、どこかで両替させてもらうのがオススメです。

◎ダルヴァサ・地獄の門

 乗り合いタクシーがクフナウルゲンチから300kmほど南下しダルヴァサの村のチャイハナ(喫茶店)に立ち寄る。夜も遅いのでこの辺りで休むことにした。たまたま「地獄の門」に近い村だ。村の人は僕を見ては、幹線道路からオフロードに入り8kmほど進んだ「地獄の門」へのジープのチャーターを20~40ドルで提案をしてくる(選択肢がほぼチャーターしかないためとにかく高い!)が、観光ではないからと辞退。チャイハナで一休みした真夜中、満月の灯りだけが地上に存在する砂漠の中を一人で歩いてみる。月は他の星の主張をかき消し、はっきりとした月影を作るほど明るく、地面にはラクダや小動物のフンや足跡、棘のある植物、蛇や小動物が潜む穴、自分の影がはっきり見える。月の位置と北斗七星をコンパス代わりにして北へと進む。途中からぼんやりと赤い光が見えてきたので向かう。そうして1時間超の道なき道を歩き、たまたま地獄の門にたどり着いた。夜も遅いので地獄の門を眺めながら犬と一緒に夜を越した。

画像3

 朝になり地獄の門を去り、太陽の位置を頼りに砂漠をさまよいチャイハナに戻り、アシガバード行きの車に乗り込みダルヴァサを去った

画像4

アシガバード・出国

 砂漠の中の一本道をひたすら南下。ドライブ中に助手席でスマホを取り出すと、何度か運転手に制止された。明らかに対向車やスピードチェックの視線を気にしている(砂漠の中では問題なく写真を撮らせてもらった)。さらにガソリンスタンド(CNGが1L=7円で販売されているのだ。実際にペットボトルの水よりも安い!)を撮影する場合は駄目だと言われたため、僕も注意深くなっていた。

 200kmほどドライブを続けると、砂漠の中に突如現れたのがアシガバード。何千本という街灯が平坦でまっすぐな道に並び、街中の建造物はすべて緑と白で作られていた。空港の近くには整然と作られた、全部が同じ形をした一軒家。整然としすぎていて吐き気すら催した。街中も大統領のモニュメントがいたるところにあり、警察もいたるところに居た。独裁国家では何が起こるかわからない。政府系の建物は撮影禁止ということだがどれがどれだかわからないし、なんなら整然としすぎていた一般住宅をカメラに収めることも憚られるくらい異様な住宅の光景であった。そもそも「通過」目的で入国をしている僕には写真撮影自体が許されているかどうかわからない。
 かといって、事前にインターネットのドライブに画像を送ることもできない。この国はネットも検閲がかかり、FacebookもTwitterもInstagramも見られない。検閲がかかっている国(中国、イラン、ベトナムなど)においてはだいたいVPNを抜け道にネット接続をできるが、この国はVPN接続自体ができないようになっていう周到さである。
 トラブルを避けるためにも街中で写真は撮らず、タクシー移動の際にスッとスマホを出して撮影をし、出国時にも念には念を入れて写真は全消去(消去フォルダに移動)して徹底して準備をして出国手続きを迎えた
 しかしながら写真チェックどころか荷物チェックさえされずに出国をした。過去に中国の公安やギニアの腐敗警察に手厚い「歓迎」を受け、猜疑心が最高レベルに達していたのだが、拍子抜けするくらいにあっさりしていた。

画像5
画像6
画像7

削除済みフォルダにあった写真たち

 かなり注意深く行動していたが、無駄だったのだろうか。いや、念には念で行動をしていなかったら仮に見つかった時大変だったから間違っていなかっただろう。そしてnoteにまとめて公開することを考えたら、腹心はどうあれ最後まで通過目的で入ったことを主張しておこう。比喩としての地獄は見ることができ、直喩の地獄は回避できたし、仮に逆であれば相当に辛かったかっただろう。とにかくめでたい――。
 そんな事を回顧する頃には既にイランへの入国を済ませ、次なる目的地であるイスラム教はシーア派の一大聖地・マシュハドに向かっていた。イランでは助手席でスマホをいじっていても何も言われない。ネットもつながるし警察もいない。加えて観光目的で入国をしているから安心だ。取り急ぎトルクメニスタンの記憶をまとめ、安心し助手席でうとうとしていたら眠っていて、目覚めた頃には辺りは暗くなり、僕はマシュハドに到着していた。

 最後に、冒頭に述べた君主独裁国の答え合わせ。南米の北朝鮮はベネズエラ。ヨーロッパはベラルーシ。アフリカはエリトリア(東)と赤道ギニア(中央)。明日から使えるムダ知識が一つ増えたと思う。ではこれにて。

Image result for クフナウルゲンチ

関連記事

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

ヴァーチャル旅行 イラン編 番外 アルツァフ(ナゴルノ・カラバフ)共和

https://youtu.be/XRSNmNwDwx8 https://youtu.

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ風呂騒動と金丸ミッションを思い出させるトルコ編(承前)

トルコへは、現役時代の1986年頃、金丸ミッションに参加して以来訪問していない。全日空が悲願の国際

記事を読む

5月17日 青蔵鉄道乗車

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。 https://photos.go

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(2)

2015年8月17日、18日(ウランバートルからムルン経由ウランウールまで) 20158月1

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路も他も勝手にいじられない。ホテ

記事を読む

保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ編② ブルンジ(BJM) ビザA

◎ブルンジ空港経由の航空券の組合わせ 5月25日(火)FIH 13:25 ADD 19:55

記事を読む

 昆明、石林、九郷、麗江、束河、成都の旅 2017年 9月15日~18日

 雲南、四川の観光  中国は国内観光需要が旺盛で、有名観光地はどこも山手線並みの混雑で、身

記事を読む

保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ編➂リベリア ROB ビザ8000円

◎ビザ ビザは東京の大使館で取得しました。必要なものは、大使館のホームページに書いてある通り

記事を読む

no image

11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日本ではされているが、東方見聞録

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑