*

2019.10.11 ナンディ見学

公開日: : 海外観光

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61sr5zKnOFPuHDrzsKkwsg6xm8_dP

2019.10.10 ツバルをはなれ、スヴァ経由で四度目のナンディに戻る。機内で残りのマフィン一個を食べる。フィジー航空の機内食はビスケットだから。 最前列のビジネス席は教祖様御一行。太った者が多いので、一人で二席を占領していると思う。カーテンで見えなくしている。昼食をトレイに乗せて乗員が運んでいる。スープの匂いがいい匂いだ。 スヴァで、ネット環境に戻ると、早速パケ放題。情報が飛び込んでくる。書き溜めたメール2通に、ラインメールを送る。 ナンディでは、国内到着ロビーのレストランでカレーの食事。13米ドルで宿代を含め27に両替。犬さえいなければ宿は問題ないのだが、さすが今回は全く吠えなかった。 南インドからの先客がいて、初めて相部屋。 そこに新潟から若手教師の入職辞退の連絡。カリキュラムにはあまり影響はないものの、年齢構成に影響がでる。 宿には、インド系の大柄な女性と、南インドから来たという男性が宿泊。男性と相部屋。割と神経質で、蚊が来ると困るからと、ドアを閉めている。三泊したが問題はないて教えてあげた。暑がりでファンを強く回している。これには、夜中に寒くて止めたら、暑いというので、私はウィンドブレーカーを羽織ることにして、ファンの強さを最低レベルにすることで妥協した。この男性はイビキがすごかった。anozingという言葉を辞書でおぼえた。まあ、睡眠には支障なかったが。 ネット環境はパケ放題の時間内なので、宿のwifiの電波が弱くでも気にならなく、ツバルのgooleフォトのバックアップも完成していたので、フェスブックなどに投稿した。これから観光予定のナンディとトンガ、東チモールについて、調べた。

2019.10.11

朝の食事をとり、トンガに行くまでに時間があり過ぎる。宿も休憩するには、お粗末だから、街にでて時間つぶしをすることにした。バスでの移動なら、安くて退屈はしない。一時間くらい待つ覚悟があれば、全く問題はない。タクシーではわからないことがたくさん見えてくる。時間があるからできることだろう。GPSとグーグルマップがあれば、どこにいるかの情報は把握できる。これにuberなどが呼び出せれば、いざという時のためには安心できるのだが、フィジーにはない。 観光案内所で言われたように、空港でバスの切符をヴォーダフォンの店で求める。最初2ドルのプリペイドカードをくれたので、往復かと聞くと、片道だという。帰りも欲しいというと、あと2ドルだという。先日の案内所の話で片道1ドルのはず。よく聞くと、1.25なので、返ってきたらリファンドするという。 何があるといけないので10米ドルで、20に両替。 バス停で待っていると、バンが二台。これがバスかと、行き先をいうと、OK 1ドルという。プリペイドカードを見せると違うらしい。どうも乗合タクシーのようだ。後にバスが来た。間違いなく寺院に行く。 やはり路線バスには情緒がある。バスの経路は、グーグルマップの経路とは少し違うがほぼ同じ。終点は寺院ではなく、バスターミナル。近くに市場があり、のぞく。 ヒンドゥ寺院は、思ったほど大きくなく、観光客が来るようなものではなかった。帽子をとり、靴を脱いで入ったら、靴は持って入ってはいけないらしい。取られてもいけないので、リュックにしまう。本殿らしきところで、ガイドの僧侶が、ビジターは、受付してこいという。その受付がよくわからない。仕方がないので、周りを散策して入り口付近の建物に入るが、食堂だった。その食堂の入り口のカウンターに、お盆にヤシの実、バナナなどをのせたものがある。これがお供えで、これを買って入ってこいと言っていたのだ。パチンコの景品みたいである。また持って行くのもめんどうなので、そのままにしておいた。 寺院を後にし、ファーストフードの店で一休み。まだ時間はたっぷりあるので、十キロ程度だから歩いて空港にゆくことにした。バスの経路を歩るけば、途中から乗ることもできる。途中休みを二回とり、二時間かけて戻った。最後は道路を歩かず、いつもの線路敷を逆方向からショートカットして戻ってきた。今日は二万歩。 空港のヴォーダフォンの店に行く。カード二枚を渡すと、2ドル80セント戻ってきたので、バス料金は1ドル20セントということ。 ナンディのヒンドゥ寺院「スリ シヴァ スブラマニヤ スワミ寺院。 https://fijianwalker.com/nadi/#3 フィジーでの合計消費額は、航空運賃を別にすれば、宿に85プラス25×5の205、食事に80、交通費15 300×50円は15000円 4泊5日だから、ツバルと変わりはない。

関連記事

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

3-➀ 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1QipOlsi4m4MZPEs

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

中国とロシア  たった二週間のモンゴル旅行でも、ソ連と中国の影響をいたるところで感じた。大学時代第

記事を読む

[159]10月2日~3日VLI ヴァヌアツ ポートビラ 

https://photos.google.com/photo/AF1QipPC74tKpAlcm

記事を読む

no image

172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame https://youtu.be/

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

no image

168-2 São Paulo サンパウロ 

Cardim Plaza Hotel (カーディム プラザ ホテル) Rua Maestr

記事を読む

no image

11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日本ではされているが、東方見聞録

記事を読む

[160]2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

ガーナ(140)入国・アクラからロメへの陸路の道中 2019年2月11日~12日  

ラゴスからアクラに向かう。アフリカワールドエアラインは、列が少なく、チェックインも簡単だっ

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

アフリカ人以外の人々は皆、ネアンデルタール人の遺伝子を持っている。

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度

→もっと見る

PAGE TOP ↑