*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月19日~5月18日 独、仏、伊、土、チュニジア旅行 出発1日前(4月18日)

公開日: : 最終更新日:2023/06/12 シニアバックパッカーの旅

◎ JALのマイレージ期限切れを回避するため、昨年末に旅行計画。いくら何でもゴールデンウィーク前後は欧州はコロナ禍もおさまっているだろうと思っていたが、予想に反して日本の方が対応振りがおさまっておらず(菅前総理の強気の対応振りが国民の反感を買ったとされており、参議院選挙を前に現総理は制限解除に極めて慎重である)、おまけにウクライナ紛争で、シベリア上空を飛ぶ欧州線の利用が制約をうけていた。しかし、JAL特典航空券予約のおかげで、ウクライナ紛争による欠航便の使用予定マイルは、有効期限が3年間延長された。代わりに往路はタイ航空バンコク経由フランクフルト便で50000円、復路はエティハダ航空ジュネーブ発アブダビ経由便でこれも5万円。JAL便は、燃料サーチャージが往復で4万円別途必要であったから、むしろ安上がりであった。予約していて気が付いたことは、エティハダには学生用運賃があり4万円と格安であることである。

 

◎旅行先を何度も変更した。英国が到着後PCR検査が必要で、北アイルランドやウェールズを断念した。フランスも同様であり、到着後のPCR検査を求めないドイツ、イタリアを中心に、トルコを加えて計画作成をした。これで、成田や羽田で国際比較においてボッタクリと思われるPCR検査費用(2万円超)をかけなくて済むのだったが、あいかわらず、帰国時のPCR検査(こちらは国費)は4月19日時点では残っていた。そのため帰路を羽田にした。隔離がありハイヤー利用となると成田では負担が大きすぎるからだ。ワクチンパスポート保持者には、19日時点では隔離の問題は事実上解決したので、羽田にはこだわらなくてよくなっていた。しかし、旅行先での帰国時PCR検査は必要であり、72時間有効のものをということになると、事実上一日余計に取られる。検査が便利なパリの空港を選定し、チュニジアから午前中にパリに戻り、夜遅くパリからジュネーブに出発し、翌日昼の便に乗ることができる計画を作成できた。帰国時の件がなくなれば2日短縮できたはずである。

 

◎ドキュメントレス化  今回は紙を持たないこととした。これまでもスマホ、タブレット中心ではあったが、紙も最低限準備していた。帰国時にコロナ用のアプリを搭載しなくてはならなくなったが、今使っているアイフォンは古くてインストールができないものであった。なければ空港でレンタルしなければならないということであり、今売出しのアイフォン13を購入することも考えた。しかし、ビッグカメラで説明を受けてあまり必要がないこともわかり、幸い家内が以前に使っていたXPERIAが大丈夫だとわかり、これにインストールすることとした。同時にドコモショップでSIMカードの着脱の仕方も教わり、極めて簡単であることも分かった。都合三台持って行くこととなったので、Googleのクラウドにデータを保管しておけば、どれかが不具合でも何とかなると思い、紙は全廃した。問題はWifi環境にない場合の対応である。メールに添付してある資料は、Wifiが通じなくても開くことが可能であるので、乗車券等はすべてメール添付状態で保存したが、数が多すぎてすぐに出てこないと問題ということで、メールの表題を書き直して、再度送信するという工夫をおこなった。三台あるので、バッテリー充電もその分気を使わなくても何とかなるという安心がある。アイフォンのバッテリーが心配で、ネットで購入したがしばらくは今のままで大丈夫。

 

◎事前チェックイン タイ航空も24時間前からの事前チェックインが可能。私はいつもリュック一つで旅行するので機内持ち込み荷物のみだから、カウンターに立ち寄らなくてよい事前チェックインが便利。搭乗ゲートは11時20分から開くというので、セキュリティとCIQに1時間として、自宅を9時にでても、京成の快速電車で成田には10時半に到着する。とはいうものの、事故等何があるかわからないのでいつも早めに出てしまう。いつのころからか水が持ち込めなくなったが、からのボトルは大丈夫。途中でラウンジ等で補給すればよい。中国の空港は、その点どの空港でも、温水の補給機まで準備されている。カップ麺を食する人が多いからだと思う。

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018.8.8 ロンドンからボルドーへ

https://photos.google.com/share/AF1QipOZv6X0GNAdB5

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 動画で見る世界人流観光施策風土記 2007年2月19~24日 エクアドル(キト、ガラパゴス)(国連加盟国31か国目)

高崎経済大学教授時代、キトと世界遺産第一号のガラパゴスを旅行。ビジネスを利用し、顧問先のJTBの手配

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2014年8月9日~12日 北朝鮮(国連加盟国63か国目)平壌、開城、板門店(1)

◎はじめに 観光学を研究するものとして、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)にも一度行って

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2007年5月 スリランカ(国連加盟国34か国目)シギリアロック

googlephoムービー https://photos.google.com/photo/A

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月14日 キエフとチェルノブイリ概観

キエフの街 キエフで宿泊したホテルは朝食がない。キオスクが街角に多くあり、購入。驚いた

記事を読む

no image

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 ポルトオブスペイン POS 

https://photos.google.com/album/AF1QipPnLug2PyA67h

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1988年7月 自民党等トルコ(国連加盟国14か国目)訪問団参加 

全日空国際線進出前夜の時代。官房人事課の藤井氏と参加。二階俊博衆議院議員が事務局長となり、全日空機を

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 エストニア(国連加盟国65か国目)

日本のメディアはエストニアが大好きである。その昔はブータンであった。しかし鮮度が落ちてきたというより

記事を読む

no image

🗾🚖シニアバックパッカーの旅 2019年11月 チームネクスト 尾道、酔仙島

https://photos.google.com/photo/AF1QipMOV5_k7VKGyC

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑