*

11月2日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 2日目

公開日: : 最終更新日:2016/11/29 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」, 配車アプリ

11月2日

朝は、ニューヨークタイムズ社に行く。タクシーJapanの熊沢さんが立派な説明資料を用意してくれていた。しかし、ニューヨークタイムズ社の人たちは広告宣伝部の人の対応になっており、記者ではなかった。部屋にコーヒーやフルーツまで準備されていたので驚いた。先方には、2020年オリンピック開催の日本から何かビジネスチャンスを持ってきてくれるのではという期待感があふれていた。JTBの手配感覚が良かったのである。確かに記者の範疇にすると我々のアポは取れなかったかもしれない。通訳のマイケルスミスさんはお母さんが日本人。神戸で高校生活をしたバイリンガル。クリントンさんやトランプさんの通訳もしたことがある腕利きで、通訳を聞いていても、話者以上に内容を理解して説明される能力には驚いた。やはりJTBとの付き合いも長いのであろう。マイケルさんに人流の訳語としてHuman Logisticsの感想を聞いてみたところ、人身売買的な感じがするといっていた。Human traffickingの言葉があるからであろうか。Logistics for Humanのほうが良いという

ニューヨークタイムズはクウォリティーペーパーで、社会的影響力のある読者層が中心であることは公知の事実である。年間購読料が10万円(千ドル)だそうで、30万人の定期購読者がいる。300億円の販売収入であるが、広告収入も大きいのであろう。ネット時代なので、新しい広告収入を考えているとのこと。Googleと組んで記事と広告のコラバレーションを行っていると、説明を受けた。VRのアプリを出しているということで見せていただいた。残念ながら私のスマホはi-phoneなので使えなかった。東京オリンピックに向けて日本の観光をどう世界の富裕層に売り込むかというテーマで意見交換がなされることになった。予想外の展開である。一応Uberは反対ということで話は合わせてもらえたが、Airbnbは広告を取り込んでいるので、シェリングエコノミーに反対しているわけではなさそうである。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%ba

ニューヨークタイムズ自慢のAppの宣伝風景(動画)
%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%ba%e8%87%aa%e6%85%a2%e3%81%aeapp

ニューヨークタイムズの人気記事に TRAVEL 52 PLECES TO GO in 2016というのがある。中を見ると36Hoursというコラムがある。日本でいえば名所百選である。ちょうどキューバが出ていた。敏腕記者の手になるものであり、広告と記事のコラバができる見本として紹介された。神戸の森崎さんと京都の兼元さんが、興味をもって質問をしていた。地元を売り込みたいということなのであろう。神子田さんが広告料をといあわせたが、あとで相談に応じるということであった。それはそうだろう。

昼食の時間にタイムズスクエアーの近くにあるCUPSの店をのぞきに行った。月ぎめ定額飲み放題コーヒー店の一つである。一応システムはあるみたいだが、その時はみな個別に支払いをする人たちばかりであった。
img_6670

帰りにストリートパフォーマンスの準備をしている女性がいた。下着一枚になり、ボディペインティングをしていた。パンツ一枚の男性のいたが、とにかく目立つことが好きなようで、大いに宣伝してもらいたいのであろうから、協力することにした。
%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

この有名なタイムズ・スクウェアは、以前ニューヨーク市の最悪のブロックと呼ばれた時代があった。しかし、豪華なホテルやオフィスビルが突如として姿を現し、ポルノショップ等が姿を消した。都市開発公社の責任者のスターンの話(『人は原子、世界は物理法則で動く』マークブキャナンp.44)では行政は計画には関与せず、犯罪を取り締まっただけで大きく変化したとある。とかく財政援助を求めがちな新宿歌舞伎町等の参考になる話である。

午後はグレーライン社。昔グレーハンズという全米規模の路線バスがあったが、もとは一緒であったそうだ。今は、例のHOP ON&OFFやマンハッタン島を一周する観光船、空港リムジンなどをやっている。全米の空港における送迎も手掛けているとのこと。はとバスに似た会社である。VELTRAの名前も出てきた。日本人がニューヨークで行う観光を、VELTRAはネット販売しているが、ソースはグレーラインである。手数料は2割であるとのこと。Uberもそのくらいだから、国際相場なのかもしれない。アメリカから日本に旅行する者の日本での足の確保を一緒にできないかという話になった。同社のHOP ON&OFFのパンフレットには「HOP TO IT」というLyftの広告が出ていた。20ドルの無料券がもらえるようだ。

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%a4%be%e5%86%85%e9%a2%a8%e6%99%af

夜は、JTBでJERONタクシーを開発した野添さんご推奨のRIDEに乗った。スーパービュー踊り子号と同じく、進行方向の左側に向かってすべての席をセットして、沿道でのストリートパフォーマンスを楽しめるようにした観光バスである。集合場所は42Th。ミュージカルにフォーティセカンドという出し物があったが、演目名がつけられた雰囲気はわかった。ストリートパフォーマーがもう少し多くてもよかったが、十分楽しめた。ただ、料金は一万を超える。客はオーストラリア、イタリア、チリ、それに日本等と多国籍である。ちなみに、新宿のロボットレストランは8千円。コンビニで売っているような弁当で、パフォーマンスを見物するのだが、話題先行という意味では共通する。両者とも一度は行ってもいいが、何度も行くものではないであろう。
img_6723
車内風景のビデオ
%e8%bb%8a%e5%86%85%e9%a2%a8%e6%99%af
ストリートパフォーマンス
%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc-3

関連記事

no image

徴兵逃れ 『教科書には載っていない戦前の日本』p.238

合法的徴兵逃れは当初は金銭の支払いであったが、批判もあり廃止 養子縁組 あまりにも数が多くな

記事を読む

no image

賃金統計不正

これで、平成の経済を論じてきた経済学者もコケにされたということですが、大きなクレームが出ないのは、

記事を読む

no image

『日本経済の歴史』第2巻第1章労働と人口 移動の自由と技能の形成 を読んで メモ

面白いと思ったところを箇条書きする p.33 「幕府が鎖国政策によって欧米列強の干渉を回避した

記事を読む

no image

『山椒大夫』 説教節、小説、映画(未定稿)

1082年 平安末期の旅の画面が映画で出てくる。 説経節を語る者たちも、定住の地を持たぬ漂泊

記事を読む

no image

quora 中世、近世のヨーロッパで、10代の女性がどのような生活を送っていたのか教えてくれませんか?貴族階級/庶民とそれぞれ、何をしていたのでしょうか?

何で10代の女性限定なのかよくわかりませんが、知っている範囲で。 中世の庶民は、ほぼ

記事を読む

no image

2016年3月1日朝日新聞8面民泊関連記事でのコメント

 東京都大田区が、国の特区制度を活用して自宅の空き部屋などを旅行者に有料で貸し出す「民泊」を解禁

記事を読む

no image

googleタクシーの記事

日経新聞にGoogleの無料送迎タクシーの記事が出ていた。概念そのものはすでに周知のことで、私も講義

記事を読む

no image

food porn

フードポルノという言葉があることを知った。 http://www.bbc.com/news/av/

記事を読む

no image

ジャパンナウ2019年1月号原稿 ホーキング博士とローマ法王

人流・観光は意識に対する刺激により発生し、最も強いものが死に関するものであるから、戦跡や虐

記事を読む

no image

『素顔の孫文―国父になった大ぼら吹き』 横山宏章著 を読んで、歴史認識を観光資源する材料を考える

岩波書店にしては珍しいタイトル。著者は「後記」で、「正直な話、中国や日本で、革命の偉人として、孫

記事を読む

PAGE TOP ↑