*

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月28~29日早朝 アシガバード見学、出国

公開日: : 最終更新日:2023/09/07 シニアバックパッカーの旅

Facebook投稿文

2023.8.28.
トルクメニスタン旅行最大の障害の原因がビザ取得。覚悟をきめて、2023年3月、ネットにでていたトルクメニスタン在住の旅行会社にメールを出したところ、招待状を手配するので、パスポートの写しと、写真を送るように言ってきた。すぐに準備して送信すると、六月末には政府公認の招待状を送るといってきた。二泊三日で570ドルは、日本のパックを利用して旅行するより、支出がすくなくてすむ。招待状が届き、渋谷の東町にある大使館でビザを出してもらった。
アシガバートのスポーツホテル、朝七時に朝食、宿泊客はトルクメニスタン人がほとんどだと思う。ホテルマンは無愛想。慣れてくれば普通。
九時に迎え、アハルテケ馬の農場に向かう。自家製のりんごジュースに乾燥アプリコットを食べた後、初めての乗馬、半ズボンは似合わず反省。アラブ種の原型で現存する最古の種馬。
モスクを見学して、その隣の昔の砦跡に建てられたロシア侵略記念館にゆく。女性も銃をとる絵画を見る限り、トルクメニスタン人はウクライナに同情するのであろう。といってレーニン像は破壊されず存置されていた。
前大統領が建設したモスクにゆく。一時にホテルに戻ると、flydubaiからSNSがきた。オンラインチェックインの催促メール。何故かホテルのwifiはブロックされてflydubaiのHPに繋がらない。ルームサービスにティーバックなどを持ってきてもらい一休。
三時にフダイクリが迎え。ショッピングセンター周りに出かける。写真を撮っていいかと尋ねると、みせのひとはあまり好まないとのこと。ハミウリの切り身をサービスされ、これがまた甘い。バナナ四本かう。28マナで2ドルをフダイクリに渡す。一本50セントだからそんなものか。
白づくめの建物にも飽きてきたので五時にホテルへ。秋に結婚するというフダイクリにわかれをつげた。
トルクメニスタンは、天然ガスなどに恵まれ、各種サービスが無償提供されている様子は、原発交付金に恵まれ、豪華な箱物に加えて住民サービスが充実している日本の地方の自治体を想起させる。
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
深夜

https://photos.google.com/album/AF1QipPaDnRCyGz2XQrMAR070SX6Puyyl30dqk8MUaDS

https://photos.google.com/photo/AF1QipN89–RtytQdrjNiP3Q6Aou48UsIduEPd3UqJbvhttps://photos.google.com/photo/AF1QipN_xqmD4nlIvMzIyzL9Fmo7VRf9u2vfbHFkO1py

https://photos.google.com/photo/AF1QipP-457xUwgY9Wk88vzroYbb5KMdNZATd6UWnp_i

 

事前資料

下記にVISA取得のためのLOI手続きを依頼

*"PEARL OF ASIA" TRAVEL COMPANY*
*Central Asian and Silk Road Tours *
Address: 1, Parahat 2/4 residental area, Ashgabat, Turkmenistan
PHONE:  +99312 22 44 64
FAX:        +99312 22 44 74
 www.stantrips.com
www.aziyamerjeni.com
<http://www.aziyatravel.com> <http://www.facebook.com/aziyatravel>
<http://www.instagram.com/aziyatravel>
<http://www.tripadvisor.com/Profile/aziyatravel>

VISA取得   27.08 Day 1: Howdan – Ashgabat Arrival in Turkmen – Iranian border “Bajigiran”. You will be met by our representatives and drive to Ashgabat. Drive to visit Nissa fortress -the Sanctuary of Parthian Kings. UNESCO declared fortress a World Heritage Site in 2007. Nissa described as one of the first capitals of the Parthians. It was founded by Arsaces I (reigned c. 250 BC – 211BC), and reputedly the royal necropolis of the Parthian Kings, although it has neither been established that the fortress at Nissa was a royal residence or a mausoleum. Afternoon you will have Ashgabat city tour. You will see Presidential Palace, Ruhyyet Palace, Wedding Palace, modern “Yildyz” Hotel, Ferries Wheel, Constitution Monument, Arch of Neutrality, Monument and park of Independence, Ertogrul Gazy Mosque, Ashgabat 2017 Sports and Housing              Dagat-Geli.jpg

アハルテケは、トルクメニスタン原産の馬の品種。スピードと長距離の持久力が高く、毛色から「黄金の馬」として知られている。アハルは地名、テケは、トルクメン人の部族の一つである「テケ」に由来する。 トルクメニスタンの国章にもあしらわれている。現存する最古の馬種のひとつと考えられている。 アハルテケ(Akhal-Teke、トルクメン語:Ahalteke、IPA:ahalˈtеkje、ロシア語:Ахалтеки́нец)は、トルクメニスタン原産の馬の品種。スピードと長距離の持久力が高く、毛色から「黄金の馬」として知られている[2]。アハルは地名、テケは、トルクメン人の部族の一つである「テケ(英語版)」に由来する。 トルクメニスタンの国章にもあしらわれている[3][4]。現存する最古の馬種のひとつと考えられている[2]。 現在ではトルクメニスタンの国際アハルテケ協会が保護に取り組んでおり、指導を受けたブリーダーがトルクメニスタンの他、ロシア、ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカ、日本、中国などで飼育している[5]。 この品種はロシアで人気となり、国立牧場で育成繁殖が確立した。多くのアハルテケが北コーカサス山脈のテルスク牧場で生産され、後にダゲスタン牧場にヘッドブリーダーのウラジミール・ペトロヴィチ・シャンボラント Vladimir Petrovich Chamborant (露:Владимир Петрович Шамборант)と移った 1881年、トルクメニスタンはロシア帝国の一部となった。部族はツァーと戦い、結局敗れた。ロシアの将軍クロパトキンは、部族民との戦いで見たこの馬へ愛着を抱き、アハル・オアシス近辺で暮らしていたトルクメンの部族の一つであるテケ(英語版)との戦争の後に育成牧場を設立し、この馬の名前を「アハルテケ」に変えた。1941年、ロシアで 287 の種牡馬と 468 の繁殖牝馬を収録した最初のスタッドブックが出版された。 地元のトルクメン人は食べることを拒否したが、ソビエト連邦は食肉用の虐殺を要求し、この品種は大きな打撃を受けた [13] 。僅か1,250頭の馬だけが残り、ソビエト連邦からの輸出は禁止された。トルクメニスタン政府は現在、馬の育成プログラムのために数頭を競売にかける他は、外交上の贈り物にこの馬を使っている。中央アジアでは牡馬の去勢は行われていない https://youtu.be/fNuUEHQgIcw    28.08 Day 2: Ashgabat BF at hotel. After drive to Gokdepe fortress that was attacked in December 1880 by Russian Empire Army. The siege of Gokdepe lasted 23 days, after which the city was taken by storm. Visit Geokdepe Mosque (Saparmyrat Hajy) that was built in 1995 to commemorate the defeat and is noted for its mint-turquoise blue colored roof and white marble structure. Then visit Gokdepe museum about the battle between Russians and local tribe “Akhalteke” in 1881. Later drive to visit Horse Farm to see a national proud of Turkmen people – Akhalteke horses, the nicest horses in the world. 5000 years ago, Turkmens begin breed Akhalteke horses. The World’s unique breed was never mixed with other breeds. Such illustrious Emperors like Alexander the Great, Darius I desired to own Ahalteke horses. There are over 35 beautiful horses in the farm. Per superstition, every sick person who touches an Ahalteke horse will get well soon. Drive to visit Turkmenbashy Ruhy Mosque in Kipchak (the largest mosque in Central Asia). Overnight at Hotel.   29.08 Day 3: Ashgabat BF at hotel. Transfer to Ashgabat International airport. TK323 on 3:30      

Service includes: Service does not include:
·        Letter of Invitation ·        Registration in Ashgabat city ·        Accommodation in DBL/Twin room : ·        Sport hotel 4* – 2 night ·        Escort English speaking guide service ·        Transportation throughout the tour ·        Entrance fee: Nisa Fortress ·        Meals: BF at hotels ·        1.5 L water per person per day ·        Travel tax: 2 usd per person per night   ·        International flights ·        Cost of Turkmen visa w/border fees ·        Payment for photo and video ·        Meals: L,D ·        Tips for guide and driver ·        Medical insurance ·        Services not shown in the program

    https://youtu.be/WdVEBO9V8bg https://youtu.be/OYKy7XS-npA https://youtu.be/ExlQEKqBjA0       https://youtu.be/llx8uswLjVo   https://youtu.be/q2tqaxScH8c

 

大使館HP ヴザ申請の流れ

https://japan.tmembassy.gov.tm/ja/consular-services/visa-application

◎現地旅行会社1 Central Asia TOURS

To get Turkmen visa you need to have a Letter of Invitation (LOI) first. LOI processing period is 15 days. To get LOI you need to send us the following: Color passport copy (page with photo only) Color photo (scanned in JPEG) Filled in Application form (click here to download) If the State Migration Service issues LOI we will send it to you by e-mail. Having the LOI with you, you can get Turkmen visa upon arrival to Turkmenistan: at Ashgabat International airport, land borders (Hojeyli, Dashoguz, Farap, Howdan, etc).Bajgiran border バジギラン国境 Only with the LOI you will be able to get a tourist visa.   https://youtu.be/9hHcoeaZ1yA

 

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 レソト(国連加盟国130か国目)・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

   ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えない

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月4日午後 ベローナ

  2022年5月4日日中 ベローナ    ベローナ空港は予定通り。地方間路線にしては乗客が驚

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月24日午前 ペルセポリス

facebook投稿文 2023.8.24 今回の旅のメインディッシュはペルセポリス シラー

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 マダカスカル(国連加盟国124か国目)・アンタナナリボ(145)2019年2月16日~18日  

 機内で入国カードをもらい記入していたのと、ビザをとっていたので、拍子抜けするくらい簡単に入国でき

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.10.15モルジブ(142か国目) マレ

https://photos.google.com/photo/AF1QipMwUso6mV_0

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2007年8月12日 ボツワナ 国連加盟国36か国目 チョベ国立公園

現地に行くまで、ボツワナ及びチョベ公園の認識はなかった。水浴びをしている大型の象が、我々の方をにらん

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年3月9日 春のアフリカ・中東の旅の終わり 

2023年3月9日 ドーハ 旅の終わり 3月9日夜、ドーハ到着の際

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2017年5月8日 アルバニア訪問(国連加盟国88か国目)  www.sondortravel.com

facebook投稿動画 https://www.facebook.com/shuichi.ter

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月13日午後 ウクライナ(国連加盟国112か国目)オデッサからキエフへ

沿ドニエストル共和国からオデッサへの道(動画) 気が付かなかったのかイミグレーションがなかった h

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年8月2~3日 Edinburgh スコットランド

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑