*

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光





GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着

エアアスタナでアルマトイに向かう。カスピ海を横断し、砂漠地帯を延々と飛行するが、見ていて飽きない。カスピ海が国際法上の海だいうことも最近知った。領海、公海の取扱になるらしい。

https://photos.google.com/share/AF1QipOfWKGyAC6bZFQ7gTNWYpxdPbNAUzaFQ3H6UvJA8UWZaJB0Wps4HTkQaPMTK8Bh3w?key=MTkzWWhCY0o2VUVhbE13Ymd5TG9pcDFCYkRpbEJ3

アルマトイ空港で20ドル両替。バスタクシーに必要。7600カザフスタンルーブルになる。1ドル360円時代見たいである。アルマトイ空港ではまだ明るいので タクシーに乗らずバスにのる。運転手に鉄道駅までというと二番目のバスに乗れと指さす。運賃は100ルーブルは安い。共産圏の名残であろう。25円程度である。同じバスに イギリス人男性も乗ってくる。私より若いが年配者。奥さんは日本人だという。岐阜出身らしい。リュックを背負って宿はこれから探すのだという。駅まで一緒にゆくことにした。彼は日本はきれいだが、インドは汚いというので、それはイギリスの責任だろうというと、中東もミャンマーも皆そうだと答える。ミャンマーの話になり、親父の散骨の話をした。マンダレーはきれいなところだという。インテリで旅行好きなのだ 運転手に確認するも、まだだというのでしばらく乗っているが、おかしい。乗客にきくと通り過ぎたようだ。イヤホンしながら運転している運転手だから、信用ができない。慌てておりる。あわててドアを押しやりイギリス人も付いてくる。道で英語のたっしゃな人に聞くと、同じ方向だといい案内してくれた。案外近い。英国人が英語で話をするので安心。 わかれてから、駅に向かわず、ホテルを探す。ワイファイが使えず、モバイル通信をオンにして宿の場所をログにのこす。わかりやすいところだったので、スタバで缶コーヒーとサンドイッチに水をかう。スタバは街の中心部。若者が集まり踊ったりおしゃべりをしたり、原宿みたいなところ。治安もよさそうだ、私の顔を見て朝鮮かと聞かれる。これで二度目だ。中国人ならわかるが、ここは朝鮮系がおおいようだ、樺太に残された人が連れてこられたのかもしれない。食事は宿までにいくつかキオスがあとたのでそこで買えばよかった。 チェックインする。 バス停を聞くがよく知らないようだ。ホテルのシャトルがあるという。今日迎えを出したというので、バスに乗ったという。申し訳ないことをした。明日はシャトルにするというと3000だという、頼むことにした。朝食は八時からだという。空港までの時間を考え、急いでたべることにした。

関連記事

[157]201909.26~29日 ミクロネシア連邦 ポンペイ島パリキールPNI  

2019.09.26深夜ミクロネシア到着。 迎えがきていない。電話する。十分というが、20分経って

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

2⃣ 3 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア(124)、ZARGOZA パンプローナ泊

< strong>カタルーニャ バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE

記事を読む

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

2-② 2018年9月14日 キエフからチェルノブイリ日帰り 15日午前中にベラルーシ(133)ミンスクへ

キエフの街 キエフで宿泊したホテルは朝食がない。キオスクが街角に多くあり、底で購入、

記事を読む

1-6 2018年9月12日 チームネクストモスクワ調査5 モスクワ市交通局等

モスクワ市の国際局の取り計らいで交通局及び観光局を訪問し、意見交換した。観光局からは最近のモスクワ

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

1⃣ 7 2018.8.7 RITZ

7日の日 イングランド銀行で古い£紙幣を新札に交換してもらい、リッツに移動。レセプションは意外なほど

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑