*

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光





GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着

エアアスタナでアルマトイに向かう。カスピ海を横断し、砂漠地帯を延々と飛行するが、見ていて飽きない。カスピ海が国際法上の海だいうことも最近知った。領海、公海の取扱になるらしい。

https://photos.google.com/share/AF1QipOfWKGyAC6bZFQ7gTNWYpxdPbNAUzaFQ3H6UvJA8UWZaJB0Wps4HTkQaPMTK8Bh3w?key=MTkzWWhCY0o2VUVhbE13Ymd5TG9pcDFCYkRpbEJ3

アルマトイ空港で20ドル両替。バスタクシーに必要。7600カザフスタンルーブルになる。1ドル360円時代見たいである。アルマトイ空港ではまだ明るいので タクシーに乗らずバスにのる。運転手に鉄道駅までというと二番目のバスに乗れと指さす。運賃は100ルーブルは安い。共産圏の名残であろう。25円程度である。同じバスに イギリス人男性も乗ってくる。私より若いが年配者。奥さんは日本人だという。岐阜出身らしい。リュックを背負って宿はこれから探すのだという。駅まで一緒にゆくことにした。彼は日本はきれいだが、インドは汚いというので、それはイギリスの責任だろうというと、中東もミャンマーも皆そうだと答える。ミャンマーの話になり、親父の散骨の話をした。マンダレーはきれいなところだという。インテリで旅行好きなのだ 運転手に確認するも、まだだというのでしばらく乗っているが、おかしい。乗客にきくと通り過ぎたようだ。イヤホンしながら運転している運転手だから、信用ができない。慌てておりる。あわててドアを押しやりイギリス人も付いてくる。道で英語のたっしゃな人に聞くと、同じ方向だといい案内してくれた。案外近い。英国人が英語で話をするので安心。 わかれてから、駅に向かわず、ホテルを探す。ワイファイが使えず、モバイル通信をオンにして宿の場所をログにのこす。わかりやすいところだったので、スタバで缶コーヒーとサンドイッチに水をかう。スタバは街の中心部。若者が集まり踊ったりおしゃべりをしたり、原宿みたいなところ。治安もよさそうだ、私の顔を見て朝鮮かと聞かれる。これで二度目だ。中国人ならわかるが、ここは朝鮮系がおおいようだ、樺太に残された人が連れてこられたのかもしれない。食事は宿までにいくつかキオスがあとたのでそこで買えばよかった。 チェックインする。 バス停を聞くがよく知らないようだ。ホテルのシャトルがあるという。今日迎えを出したというので、バスに乗ったという。申し訳ないことをした。明日はシャトルにするというと3000だという、頼むことにした。朝食は八時からだという。空港までの時間を考え、急いでたべることにした。

関連記事

2016年2月中東・東アフリカ旅行記1 出発前

2月8日から2月18日までヨルダン、南北キプロス、ルアンダ、タンザニア、ケニア、ウガンダ、エチオピア

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

2⃣ 3 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア(124)、ZARGOZA パンプローナ泊

< strong>カタルーニャ バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE

記事を読む

no image

モンゴル調査の写真

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

CUBA③ 10th NOV 2016  Havana Train Station  & Flight Cancellation

Morning walk. I went out to the train station and

記事を読む

5月19日 ヤムドク湖、チベット民家訪問

19日 https://photos.google.com/photo/AF1QipNpG1SIO

記事を読む

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

no image
世界一高い場所にかけられた橋

あまり世に知られていない世界一を教えていただけますか? 【世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑