*

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光





GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着

エアアスタナでアルマトイに向かう。カスピ海を横断し、砂漠地帯を延々と飛行するが、見ていて飽きない。カスピ海が国際法上の海だいうことも最近知った。領海、公海の取扱になるらしい。

https://photos.google.com/share/AF1QipOfWKGyAC6bZFQ7gTNWYpxdPbNAUzaFQ3H6UvJA8UWZaJB0Wps4HTkQaPMTK8Bh3w?key=MTkzWWhCY0o2VUVhbE13Ymd5TG9pcDFCYkRpbEJ3

アルマトイ空港で20ドル両替。バスタクシーに必要。7600カザフスタンルーブルになる。1ドル360円時代見たいである。アルマトイ空港ではまだ明るいので タクシーに乗らずバスにのる。運転手に鉄道駅までというと二番目のバスに乗れと指さす。運賃は100ルーブルは安い。共産圏の名残であろう。25円程度である。同じバスに イギリス人男性も乗ってくる。私より若いが年配者。奥さんは日本人だという。岐阜出身らしい。リュックを背負って宿はこれから探すのだという。駅まで一緒にゆくことにした。彼は日本はきれいだが、インドは汚いというので、それはイギリスの責任だろうというと、中東もミャンマーも皆そうだと答える。ミャンマーの話になり、親父の散骨の話をした。マンダレーはきれいなところだという。インテリで旅行好きなのだ 運転手に確認するも、まだだというのでしばらく乗っているが、おかしい。乗客にきくと通り過ぎたようだ。イヤホンしながら運転している運転手だから、信用ができない。慌てておりる。あわててドアを押しやりイギリス人も付いてくる。道で英語のたっしゃな人に聞くと、同じ方向だといい案内してくれた。案外近い。英国人が英語で話をするので安心。 わかれてから、駅に向かわず、ホテルを探す。ワイファイが使えず、モバイル通信をオンにして宿の場所をログにのこす。わかりやすいところだったので、スタバで缶コーヒーとサンドイッチに水をかう。スタバは街の中心部。若者が集まり踊ったりおしゃべりをしたり、原宿みたいなところ。治安もよさそうだ、私の顔を見て朝鮮かと聞かれる。これで二度目だ。中国人ならわかるが、ここは朝鮮系がおおいようだ、樺太に残された人が連れてこられたのかもしれない。食事は宿までにいくつかキオスがあとたのでそこで買えばよかった。 チェックインする。 バス停を聞くがよく知らないようだ。ホテルのシャトルがあるという。今日迎えを出したというので、バスに乗ったという。申し訳ないことをした。明日はシャトルにするというと3000だという、頼むことにした。朝食は八時からだという。空港までの時間を考え、急いでたべることにした。

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラ

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

[161]2019.10.05米領サモア パゴパゴ 

米領サモアは、入国許可書取得が必要で、約2000円下記のネットで取得。  10月5日FGI

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

no image

よそ者としての「tourist」の語感

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44312894

記事を読む

no image

2⃣ 1 2018.8.9 ツールーズToulouse カルカソンヌCarcassonne

ツールーズを早朝出発しカルカソンヌにゆく。切符を買うに労力が使わないため、事前ネット購入。でも出発番

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

2-➀ 2018年9月13日 モスクワ→モルドバ共和国(130)、沿ドニエストル共和国(131)、ウクライナ(132)オデッサ、キエフ

12日のレセプションの後、GETTで配車予約をして仮眠をとった。ガイドさんの話ではGETTの

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑